映画の季節。


最初に見た映画は何かのアニメ映画だったと思う。
田舎だから車で30分とか行かないと映画館がそもそもなくて、
そこでやってない映画は「存在しない映画」だった。
ドラえもんの初期のやつを見たり、ガンダムを見た記憶がある。
あと、どうしようもないアイドル映画とかね。
洋画は敷居が高い感じがして、ぽつぽつだった。

東京で一番好きな映画館は恵比寿ガーデンシネマかな。
スペースそのものというよりは映画のチョイス。
映画館によって上映作品が違うわけだけど、
恵比寿ガーデンシネマは自分の好みとばっちり一致したし、
逆にここでやる映画ならハズレがないだろうという信頼感も持ってた。
「ロイヤルテネンバウムス」とか「グッバイレーニン」とかね。
総じて少しマイナーで下世話でなく、深みを感じさせるテーマの映画。
ハリウッドメジャーは観た後に残るものが何もない感じで、
もちろんエンターテイメントに徹したという意味では
これはこれで一つのスタイルなんだけど、
僕としては観た後に余韻の残る映画が好きってだけ。

恵比寿を除けば、映画は渋谷が多かったね。
やっぱりそれぞれの映画館に「色」がある。作品の傾向が違う。
スペイン坂を上がった所にあるシネマライズはサブカルチャー色が強い。
分かりやすい例で言えば「トレインスポッティング」をやったのがここだし、
「ベルベット・ゴールドマイン」なんかもそうだよね。
たまたま例がユアン・マクレガーの作品になっちゃったけどさ。
「ブエナ・ ビスタ・ソシアル・クラブ」もそうだ。
でもこれはシネマライズらしくない映画かな。
夏にビール飲みながら観たのは良い思い出。
ちょっとしたトリップ、白昼夢のような経験だったな。

渋谷文化村の中にある「ル・シネマ」も何度も行った。
これは実にアートシアターという感じの作品がとても多い。
いつもいつもそういう映画を観るようなタイプでもないが、
時々観たくなる作品があると行っていた。
ここの良さは完全に整理券制になっていて、立ち見ができないこと。
アート系の上映館らしく「良いコンディションで鑑賞」できるようになってる。
観るほうとしてはこちらのほうが安心だ。
整理券を先にもらって、時間ギリギリまでぶらぶらすることもできるからね。

そしてこれは作品にもよるけれど、
映画を観る時は腰を据えて、細部までしっかり拾うようにしていた。
映画ってのはだいたい仕掛けというか伏線がある。
ぼーっと観ているとそういった小さな「物語の装置」を見逃してしまい、
作り手の意図を受け取れないハメに陥ってしまう。
それはいかにももったいない。
映画はやっぱり何がしかのメッセージだからね。何かを伝えようとしてる。
だから一種の知恵比べのような感覚で観ている部分もある。
多くの映画は、物語の後半になって前半の小さなセリフや小物が活きる、
そういう風に作られている(邦画には少ないような気がするけれど)。
最近は邦画もすごく面白いものが多いと思うけど、
ハリウッドは別としてもヨーロッパの映画などとは、
作り方というかそもそもの「映画の文法」が違う気がするな。

前にも書いたが、映画は「都市生活者の小旅行」だと思う。
しかし子供も生まれ家庭へ割く時間が増えると映画にはなかなか行けない。
最後に行ったのはずいぶん前になってしまった。

家でDVDを時々観たいけれど、2時間という時間がなかなか取れない。
もう少し落ち着いたら映画を観る時間もできるかな。
数年後、娘がもっと大きくなる頃には。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/10040898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sasa at 2010-02-24 14:35 x
恵比寿ガーデンシネマでは『スモーク』を観ましたね。
まさに余韻感という意味ではピッタシでした。
Commented by shinobu_kaki at 2010-02-24 14:50
>sasa

スモークは名作ですね。
DVD借りてきて、何度か観ました。
(借りた当時はビデオだったかも)

ハーヴェイ・カイテルはもちろん、
オースターのポジションにあたる作家役のウイリアム・ハートが
非常に良い表情をしていて印象的だったなあ。
Commented by kuro at 2010-03-03 19:25 x
恵比寿ガーデンシネマでは『モーターサイクル・ダイアリーズ』と、
あと何観たっけかなー。
馬場に住んでた頃は、たまに早稲田松竹で、
びみょーな企画モノ2本立て、とかも観てました。

ちなみにわたくしの初映画は、『大巨獣ガッパ』でした。
でしたが、
開演して30分もしないうちに、怖かったのかなんだったのか理由は謎ですが、
わたくしが大泣きしてしまい、
主役のガッパが登場する前に映画館を出る羽目になったと。

一緒に行った兄貴にあとあとまで恨まれました。
Commented by shinobu_kaki at 2010-03-04 13:32
>kuroさん

『大巨獣ガッパ』、画像検索で調べてみたら…!
すごいじゃないですか!w

でもお兄さんの気持ちもわかるわあ。
ウルトラマンが出る前に観終わっちゃったら、
ちょっと暗めの戦隊ドラマですものねえ、ウルトラマンも。
by shinobu_kaki | 2010-02-24 11:20 | 人生は映画とともに | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30