草野マサムネ詩集「稲穂」

美しく実る稲穂に 愛を知る 夢も終わる頃
駆け出した 風に逆らい 夕焼けが僕らを染めていた

あり得ない明日に憧れ 何度でも無理にふくらまし
そんな日々を軽くなでられ なんでだろう 涙が止まらない
なんでだろう 君から逃げられない

誰にも会えない気がしてた くじ引きばかりの街にいて
もうウソはつけない 無性に何か飲みたい
初めて本気でかわいい蜂に刺された

泣き笑いドラマよ続け 夕焼けが僕らを染めていた
夕焼けが世界を染めていた

ケモノになれないケモノでも 優しくされたら燃え上がる
遠い国の景色 今 君に見せたい
最後の花火を二人で打ち上げようよ

泣き笑いドラマよ続け 夕焼けが僕らを染めていた
夕焼けが世界を染めていた



スピッツ「稲穂」(詞・曲 草野マサムネ)
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1025600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いづみ at 2004-09-14 14:01 x
オフ会以後、スピッツの曲ばかり聴いている私。
マサムネ氏の詞は、ちょっとかっこ悪くてイビツなとこが好き。

>誰にも会えない気がしてた くじ引きばかりの街にいて
>もうウソはつけない 無性に何か飲みたい
>初めて本気でかわいい蜂に刺された

ここが好き。私には書けない。
くじ引きばかりの街という言葉が出てこない。

詩人でも俳人でもないし、あまり興味もないけど
数年に一度、気まぐれで買った公募雑誌を見て詩や俳句コンクールに応募したこと過去3回。(詩や俳句、短歌なら5分でできるから)
優秀賞は獲れなかったけど、3回とも佳作にはひっかかりました!
これ、ちょっと自慢(笑)
もっと時間書けて練ったら、優秀賞狙えたかもと思う一方で
ひらめき勝負だったから、よかったのかな?とも。

最近は全然ですけどね(笑)


Commented by shinobu_kaki at 2004-09-14 14:28
>いづみちゃん

>ちょっとかっこ悪くてイビツなとこが好き。

ああ、そうそうイビツだよね。
大人しいんだけど軽く壊れた感じとか。
だからびっくりするよな歌詞を書く。

>ここが好き。私には書けない。

「私には書けない」という観点で見るあたり、
君はやはり作家体質だと思われ(笑
でも、僕も時々そういうとこあるけれども。

俳句なんかの短い定型ものって一番難しそうだ。
入選、さすがだね。特にアベレージの高さが。
友達に「俳句の会」に入ってる人がいるんだけど、
話を聞いていると面白そうで、興味津々だったりする。
Commented by いづみ at 2004-09-15 00:30 x
>大人しいんだけど軽く壊れた感じとか。

うんうん。ナイーブな感じ。
英語でごまかさずに、日本語で綴ってるのも効果的で◎。


>友達に「俳句の会」に入ってる人がいるんだけど、
話を聞いていると面白そうで、興味津々だったりする。

私、本格的に勉強してないから「俳句の会」なんかは無理(涙)
季寄は持ってますけどね、一応。
(ケチって、歳時記じゃないのを買ってしまい後悔してる)


Commented by kuro at 2004-09-15 11:28 x
詩(詞)の力って、ありますよね。

スピッツは、
以前YahooのHNでcrispyってつけてたこともあったり、
かなりなお気に入りのひとつ(な割りに最近歌ってないな)で。

初めはいつものようにメロディーの素晴しさから入ったけど、
あっという間に詞の力が強くなって、ぐいぐい引き込まれ。

いびつ感、軽く壊れた感、弾丸、桃缶、異議なしです>いづみさん、柿缶。


近所のレコファンで、
昔、メジャーデビュー前のインディーズ時代に作ったCDが、
6万いくらとかで売ってて。

3回くらい手に取ったけど、
さすがに財布には手が行かず。
by shinobu_kaki | 2004-09-14 01:23 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31