噛み合わない議論。


なんかこう、久しぶりにこういうのを見た気がしたのでメモ。

勝間 VS ひろゆき 討論会

噛み合ってないとはまさにこのこと。
久しぶりというのは、あまりこういう「明らかにいらついている状態」を、
リアルならまだしもメディアを通して見る事ってそんなにない気がしたので。

こちらがその後の勝間和代さんブログ。
2chはIPの開示に積極的であるというひろゆきさんの注目発言について
と、そのコメント欄。

こうして見ると、
「勝間は株を下げ、ひろゆきは株を上げた」
という意見が多いのだけど、僕がそれに対して思うのは、
「他人は感情的になった人に冷たいのな」という話であって、
この討論自体を勝ち負けで見る事はできなかったな。
しかし本当に議論になってないな、とは思ったけど。

討論は言わばボクシングであり、
つまり議論を交わす、パンチを出し合うという形のもとで進行される。
だから多少なりとも「前提」がないと話が進まない。
勝間氏はひろゆき氏の「原理原則」というガードにいちいちパンチを封じられ、
いつもはできているはずの自分のボクシングができない。
リング上であからさまにいらついた態度を出した勝間氏に
(毒づいて相手の顔につばを吐いたくらいの印象はある)、
「その態度はちょっと…」と、観客が白けたという構図なんじゃないだろうか。

だからコメント欄でいろいろ言われているのは「態度」についてだよね。
別に論じようとしている内容がどうこうじゃない。
というか話がそこまで達していない。

だけど、ひろゆき氏の態度に対する話がほとんどないのが不思議。
失礼なことこそ言ってはいないが、
あの態度は面前でやられたら普通はちょっと癪にさわると思うんだけど(笑)

匿名云々については、
僕は匿名かどうかで書ける事は変わってくると思うし、
匿名だからこそ書ける内容というのは確実にあると思う。
だから匿名の場と言うのはあっていいと思っている。
仮に遡れば個人は特定できると言っても、そこまでする人は少ないしね。
逆に言って、匿名のほうが「書きたい事を書けてしまう」という心理があるため、
場が荒れやすいというのもかなり当たり前の現象としてあると思う。

幸福度については一概に論じられない。
何度も書いている気がするが、幸福度というのは個人的なものだからで、
はっきり言って幸福度調査という名目のデータには何の意味も無い。
幸福に絶対値はないのである。
「水と安全があれば幸福」という話は極端に聞こえるが、
それを否定できるものでもない。一種の原理原則だからだ。
まあでも実際にそう言う人が、
その通りのシンプルな生活をしてるかどうかは別の話だけどね。


勝間氏ブログコメント欄にあったけど、
2008年にひろゆき氏の書いたこんなのもある。
無敵の人の増加。

ちなみに、こちらもどうぞ。
【ネットの匿名性】 勝間 vs ひろゆき、について思うこと。
ASSIOMA (大元 隆志)



【追記】
双方、ちょっと反省モードのエントリをアップしています。

勝間さん対談の睡眠不足の反省と、幸福論
(ひろゆき@オープンSNS)

てか、「口げんかっぽい粗野な対応」をしてる自覚はあったのねw

ひろゆきさんとの対談について、心から非礼をおわび申し上げます
勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!

こちらはあちこちで炎上していたこともあり、平謝りモード。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/10550773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Les Rendez-v.. at 2010-05-05 13:06
タイトル : 女性として、経営者として
最近 新聞も読まない。 テレビもみない私は 情報収集は Twitter から。 皆が気になるニュースは誰かしらが 呟いてくださる。 そのツイッターで話題になっている 勝間さんと ひろゆきさんの討論  ITの匿名、実名について まったくかみ合ってない どこまでいって... more
Tracked from 営業の良識を問う at 2012-12-02 11:44
タイトル : 「なぜ、どうして?」VS「そんなこと当たり前!!」  
謙虚に議論することの必要性    人は誰でも完全ではあり得ないという認識に立って謙虚に議論する必要があるのではないか…    なぜもっと謙虚になって議論ができないのか…     原発 ⇒ 疑わしきは再稼働せず (刑事事件 ⇒ 疑わしきは罰せず)       ( 作 成 中 )    かみ合わない相手と議論しない http://www.yamcha.jp/fnd/dsc/giron.html  「いやいやいや、だから違いますって……」  ⇒説明しても話が通じない 「い...... more
Commented by ayao ikai at 2010-05-05 11:52 x
kaki さんの ブログ いつも 興味深い。
Commented by d_yuuu at 2010-05-05 14:21
元々私は勝間氏には好感がないので、
(だって、公衆のマナーが守れないんだもの)
きちんと全部観ておりませんで、
対談はちら見ですが、私同じ女性でありながら、
相変わらず女性っぽいなーと、しみじみ感じた次第です。
受け止めて投げ返す、そんな風に話せたら、
もっと彼女の言いたい事も伝わっただろうに…。

でも、かっきのブログは意味が伝わってきて、
わかりやすい。勉強になります!



Commented by shinobu_kaki at 2010-05-05 17:06
>ayano

トラバありがとう。
そうそう、なんかね、両極端な2人だから、
まあこれをセッティングした人は予想通りと思ったんじゃないかなあ。
原理原則ってのは正しさで言えばその通りだけど、
言うように「中学生の正論」と変わらなかったりする。
僕はどちらの味方をするものではないけど、
勝間さんがいらつく気持ちも理解はできるかなあ。
Commented by shinobu_kaki at 2010-05-05 17:10
>豆さん

この対談の後、家に帰った勝間さんが、
鬼の形相でバッグをソファに投げつける様を想像してしまったw
「んも〜〜何なのあのガキ!」
とか言ってる気がする。勝手な妄想だけれど。

でも今回の映像の勝間さん見てて思ったけど、
弁が立って押しが強くて自分の土俵で話を進める傾向がある、
こういう人は出世するんだろうね。
Commented by まつ at 2010-05-05 22:58 x
ひろゆきは対談と聞いていたのに
討論する気の勝間さんにからまれて驚いたと思う
対談なんだから、テーマの前提を疑ってもいいと思うんだけどな。
ひろゆきの知的誠実さに比べ、勝間さんは不誠実で
底が浅いように思いました。
Commented by shinobu_kaki at 2010-05-06 00:17
>まつさん

勝間さんは「朝生」ぽかった印象も。
自分の感想はエントリに書いた通りですが、
何しろこんなに噛み合わないやりとりは久しぶりに見たですね。
Commented by みかち at 2010-05-06 23:39 x
久々コメントー。

どっちもどっちだよね。
勝間さんも感情的だったけれど、ひろゆき氏も、議論をしようと思う人の態度ではないと思う。
あれやられたら、普通にカチンとくるってw
私は、勝間さんのことは好きでも嫌いでもないけど、
今回はちょっぴり同情するかな。

ところで、リンクを貼ってくれた大元さんのブログが
とっても素敵でした。
今度自分のブログで、紹介させていただくかも。
Commented by shinobu_kaki at 2010-05-07 00:07
>みかち

おう久々ー。

そうなの、どっちもどっちだと思うのよ。
でもそういう、まっとうと思われる意見があまりにも少ない事が、
今回一番驚いたことなんだよな。

僕も今回、この件で初めて見たけれど、
大元さんのブログいいよね。
by shinobu_kaki | 2010-05-05 07:18 | エウレーカ! | Trackback(2) | Comments(8)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30