Pass the baton.


今までの人生で、謝りたい人はたくさんいるし、
きっと本当に会って謝らなければならない人もいるだろう。

もしかしたら、謝ってもらわなければならない人も、
決して少なくないかもしれないけどね。

しかし過ぎてしまったことは取り返しがつかない。
これは誰にも言えることだ。

時間というものはリニア(一直線)なのだし、
「もうひとつの選択肢」というのはありえないのだ。
そんなものはそもそも存在しない。

だから、自分にとって謝らなければならない人々についても、
勝手ながら、今の自分と、これからの自分にとっての、
言わば「糧」とさせていただくしかない。

「恩」というやつもそうだ。

主に師弟、そして親子の関係に見られることだが、
「恩」を「成長」で返すというのは非常に健全だと思う。
その人自身に同じ形で返してしまうと、そこで輪は閉じてしまう。
だからまた別の誰かに繋いでいく。渡していく。

そもそも自分に「それ」を渡してくれた人だって、
もともとは誰かから託されたはずなのだ。
それを自分に渡してくれたと考えるならば、
違う誰かに繋ぐというのが自然というものであろう。

つまり平たく言うと、
「先輩におごってもらったら先輩におごり返すのではなく、後輩におごるべし」
ということですね。


閉じっぱなしではいけないのだ。
惜しみなく与えよう。

もちろん財布や、気持ちの許す限りだけどね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/10817731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2010-06-16 10:50 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31