【MEMO】保険について。


以下、メモとして。
後田亨「生命保険の罠」より






Aさん(33歳、奥さんは専業、子供は4歳と2歳)

保険料は月々6872円
Aさんが入っている保険は2本

●「万が一に備える保険」
損保ジャパンひまわり生命の「収入保障保険」
60歳までに万が一のことがあった場合、
毎年180万円、つまり月額15万円が遺族へ支払われるプラン
保険料は60歳まで一定で月々4650円

● 「大病と入院に備える保険」
東京海上日動あんしん生命の「メディカルミニ」(医療保険)
がんの診断時と、急性心筋梗塞と脳卒中で
所定の状態になった場合に300万円が受け取れるプラン
また、入院の際には1日5000円が支払われる
保険料は10年で更新していくタイプで月々2222円

優先順位のつけ方
1_死亡、2_大病、3_入院と、
「(金額的に)貯金が間に合わない順に保険に入る」

終身保険は考えない。
60歳までは働いて収入があるはずだったのにそうじゃなくなった場合、
それだけをカバーしたい、だから60歳までの「定期」。
一生涯続く保障は求めない。
そして「定期保険」の場合、断然「収入保障保険」。
受け取れる保障金は下がっても、支払う保険金が他より安い。

保険料は、長方形の面積のように、
保険金の額であるところの「高さ」と、
その保険金が拘束されている期間、つまり「長さ」のかけ算で決まる。
したがって保険(保障)料を抑えたい場合には、保障が続く期間、
つまり「長さ」の設定が重要になってくる。
なぜなら、貯金ではカバーできない金額を保険に求める場合、
ある程度の「高さ」、つまり保険金の額はそれほど下げられないからである。

「現役で働く間だけ、保障が必要だ」という考え方。
いわゆる「掛け捨て」の保険で、老後の死亡保障はないし、
解約金も最終的にはゼロになる。
でも、解約金もしょせん自分がそれまでに払ったお金であり、
それがないのだから月々の保険金も安い。
欲しいのは働き盛りに何かあった時の保障で、
老後のことはまた別という考え方。

収入保障保険はコストパフォーマンスが高い。
特徴は、保障金の支払われ方。
Aさんの場合だと、保険が機能するのは33歳から60歳まで。
したがってAさんに万が一のことがあった場合、
60歳までの収入の代わりに、年間180万円の保障金が遺族に支払われる。
具体的には33時点でAさんが亡くなった場合の保障金総額は、
「180万円×60歳までの27年間」で4860万円
それが、50歳で亡くなったとすると
「180万円×60歳までの10年間」だから1800万円
確かに定期保険だと60歳で死亡でも加入時の4860万円が支払われるが、
Aさんの場合、
「自宅は持ち家だからローンは団信で完済されるし、
公的遺族年金(+遺族厚生年金)がもらえるから
ある程度の収入で暮らしていくことはできる」

特に損保ジャパンひまわり生命は、
「定期保険」の中でも保険料が安い「収入保障保険」について、
タバコを吸わない健康体の人の保険料を、
他社の同種類の商品より特に低く設定している。

「保険に期待するもの」をどう見極めるか。
Aさんの場合、老後の死亡保障や解約金など、
一般に「あればいい」「あるに越したことがない」と考えられることも、
迷わずにカットしている。もちろん「○○年ごとのお祝い金」といった
「おまけ」などには見向きもしない。
「実際は自分で払ったお金だから、お祝い金でも何でもない」。

医療保障「メディカルミニ」については、
入院1日あたりの保障金よりも、
大病にかかった場合に受け取れる一時金を優先して選んでいる。
ここでも「貯金が間に合わない順に保険に入る」という姿勢が一貫。
この保険では、がんと診断された時、急性心筋梗塞、脳卒中で、
所定の状態になった場合に300万円が支払われる。
Aさん曰く「300万円というのが気に入った。
通常の病気だったら、1日入院して1万円でも2万円でももらえたら充分。
でもその分保険料も高くなる。しかも1週間くらいの入院なら、
1日1万円コースでも7万円。2年間元気にしていたら元が取れない。
だったら一番お金がかかりそうながんになった時に、
入院日数に関係なく、どーんともらえるようなのじゃないと意味がない」
がんになった時の入院一時金300万円がメインなので、
入院保障金は1日5000円と低めに抑えている。

「お祝い金」などのおまけはつけない。
これはお客さんが高めに払い込んだ保険料から
バックするだけの仕組みで、
手元に置いておいたらいつでも自由にできたはずのお金である。
それが保険会社に拘束されて、
ほとんど増えずに数年後に「返ってくる」、それだけのこと。

後田亨「生命保険の罠」(講談社+α新書)より抜粋、加筆修正

トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/10858560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あろえ at 2010-06-23 14:06 x
とても参考になりました。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Commented by shinobu_kaki at 2010-06-23 15:15
>あろえさん

書籍の部分抜粋(&加筆)なので、
自分にとってもあくまで資料ということで。
保険って分かりづらいし難しいですよね。

またぜひいらしてください。
by shinobu_kaki | 2010-06-23 11:46 | エウレーカ! | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31