スポーツクラブ・メモリー。


暑いね。

なんだろうこの暑さ。
どちらかと言うと暑さには強いと自認していて、
例えばタイのバンコクであろうと住むことができる、などと
豪語していたワタクシであるが、
今年の暑さはなんだかやけにこたえる。

一歩外に出るとジリジリと日差しが照りつけ、
まるで何か熱い金属を身体に焼き付けられているような暑さである。
幸いにも外まわりの仕事ではないものの、
家に帰る頃にはすっかりへろへろになってしまう。
体力が落ちたのかなあ。年をとったか。

定期的に運動やってると違うのかもしれないね。
せめて散歩でもいいけれど。


そう言えばやみくもにジムに通って汗を流していた時期を思い出した。
当時の家から歩いて2分ほどの位置にスポーツプレックスがあり、
新橋の飲み屋で、日本酒を飲み過ぎた勢いにまかせて友人と入会したのだが、
その後は自分でも意外なほどジムワークにいそしむこととなった。
友人には感謝である。

まず運動着に着替えて、軽くストレッチをし、
最初にトレッドミルで走れるだけ走るというのがいつものメニューだった。
平均すると20〜30分だったと思う。
だいたいそれくらい走ると汗もだくだくと吹き出てきて、
体中にぽっかぽっかと熱を帯びているのがわかる。
何度か、60分間走をやってみたこともあるが、これはかなりくたびれる。
走っている時の大敵は体力よりも「飽きる」ということで、
あまり変化のない風景の中を何十分も走り続けることが、
これほど退屈なのだということを知ったのだった。
よく、頭の中で歌を歌いながら走っていた。

そして走った後はウエイトをする。
試す機械はだいたいいつも決まっていた。
ウエイトの時間は30分くらいだったか。
運動をするには筋肉がついていたほうが当然ラクなので、
ウエイトをやることで運動の効率性を上げることができる。
身体が軽くなるのである。
とはいえバーベル系にはあまり行かなかった。
実感したのは「筋肉は裏切らない」というやつで、
どんな人でもウエイトをやればやっただけ筋肉がつく。
言わば完璧にコントロールできるのである。
こういったことは実人生であまりない。
それが面白かった。マッチョになるほどやらなかったけれど。

で、最後に腹筋と背筋をする。
傾斜のついた台でやるのでそれなりにハードである。
だがこれも、慣れれば慣れるほどラクになる。
回数をこなすことが苦痛でなくなる。
腹筋は30回×3セット+10回で100回、
背筋はその半分というところか。

それらの運動がひととおり終わると、
階下のシャワー室にいって汗を落とす。
サウナやジャグジーもついていて快適だった。
ここまでのコースでざっと2時間ほど。
終わった後のビールをいつも楽しみにしながら汗をかいていた。

気が向くと、上記のメニューに加えてプールで泳いだりもした。
僕はもともと泳ぎが得意ではなかったので、
それほど長い距離を泳ぐこともなかったわけだけれど。

そんなこんなで当時の住まいのことを思い出す。
新築で入ったアパートも、僕が出る時点で築5年以上となっていた。
行っていたスポーツプレックス恵比寿は、
今はもうコナミスポーツ恵比寿になっているらしい。
すべてのことは変わりゆく。
まったく同じ形に戻ることは二度とない。
あのスポーツクラブで流した汗は、あの時だけのものだ。


今の街にもスポーツクラブはいくつかある。
入会する予定は今のところない。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/11020061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2010-07-23 08:48 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31