幸せな姿勢。


芸術家というのは気が向いたら書いて、気が向かなきゃ書かない。
そんなタイムレコーダーを押すような書き方ではろくなものはできない。
原稿なんて締め切りがきてから書くものだとか、しょっちゅう言われてました。
でも僕はそうは思わなかった。世界中のみんながなんと言おうと、
僕が感じていることのほうがきっと正しいと思っていた。
だからどう思われようと、自分のペースを一切崩さなかった。
早寝早起きして、毎日十キロ走って、一日十枚書き続けた。
ばかみたいに。結局それが正しかったんだと、
いまでもそう思いますよ、ほんとうに。
まわりの言うことなんて聞くもんじゃないです。


村上春樹(「考える人」2010年08月号より)
村上春樹ロングインタビュー(勇気と想像力、そして少々のお金)


村上春樹は成功者である。
同じような境遇と言える人は世の中に多くない。
だから彼の姿勢がケース・スタディーとして適用されるかどうかは、
たいていの人にとっては微妙かもしれない。

だが、共感する事は自由だ。そうでしょう?

「誰が何と言おうと、自分はこれでいいと思う」
そう思う事が(本当に時々だが)ある。
いや、頻度としては「あった」ぐらいが正しいかもしれない。
それほどに強い気持ちで世界と対峙できることなんて多いはずがない。
レア・ケースだ。
だが、確かに「あった」と言える。
これでいい。誰が何と言おうとかまわない。
そう思えるかどうか。

きっとこの話のポイントは、
「そこまで煎じ詰めて考えられたかどうか」ということじゃないかと思う。
例えば聞きかじった程度のあまりよく知らないことに、
人は、強い信念など持てはしないからだ。
「誰が何と言おうと」と言えるためには、自分なりの突き詰めた検証が必要であり、
もうこれ以上は考えられないと思えるほどに、
さまざまな角度からひとつのことを見据える経験が不可欠だからだ。
そうすれば、正誤性を抜きにした(というのも不思議な表現になるが)、
自分なりのひとつの真実が生まれるに違いない。
たとえその結論が最終的に間違ったものだったとしても。


事実はひとつだが、真実は人の数だけある。
その検証は誰にもできない。
そして「誰が何と言おうと」と思える姿勢というのは、
この上なく幸せな姿勢と言える。


きっと村上春樹は今のように売れてなくとも、
変わらず「村上春樹」だったんじゃないかと思わせる。

それは強さだ。
そういう気持ちを抱いて、生きて、死んでいきたい。
大げさでなくそう思う。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/11038859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2010-07-27 07:55 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31