電池が切れるまで。


昨日の夜、電池が切れた。

仕事を終えて地元に帰ってきたのが11時半過ぎ頃、
駅から家まで歩いて10分ほどの道なのだが、
途中でがっくりと自分の体力的な電池が切れるのを感じた。

頻繁ではないが、時々ある。

家まであと5分、という道筋が倍くらいかかってしまった。
いつも通り歩けないのだ。
まるで水を求める砂漠の遭難者のように、
足取り重く元気なく、命からがらな感じでようやく家まで辿り着いた。
着替えもやけに力がいるし、水分を摂りたくてしょうがない。
しかもなぜかカルピスウォーターが飲みたかったのでがぶがぶ飲んだ。

なぜこうなったか。
きっと、夏休みで「休み慣れ」してしまった身体に、
この一週間の業務が堪えたのではないかと考えられる。
要は、疲れたのだ。
疲れとは車輪のようなもので、
通常ペースで回している時はそれなりに回せるが、
一旦回転を止めてしまうと回すのに非常に労力を必要とするものだ。
きっとこれは、そんな始動時の「重い車輪」を回すのに疲れてしまった、
そんな状態なのではないか。

しかし確実に身体はくたびれていた。
その証拠に、今朝は目覚ましの時間に起きられなかった。
起きてもどこかぐったりしている。
身体の奥から表面までを覆うようなけだるさがあるのだ。

こういうのは仕方がない。
前述したように、車輪が回り始めればもう少し楽になる。
そう思うことにしているし、きっとそうなのだと思う。


さあ、もう金曜日。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/11190359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2010-08-27 08:56 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31