雨。

雨の日って眠いよね。
(はい、そこ、「いつもだRO!」とか突っ込まない!)

今日のは結構土砂降りです。
でも「土砂降り」って言っても土砂が降るわけじゃないよね。
なんで「土砂降り」?とか思ったら、

【どしゃ降り】
 空から大きなバケツをひっくり返したように
 激しく降る雨。「土砂降り」は借字。
 「どしゃ」は「どさくさ」の「どさ」と同原。(新明解国語辞典)

だそうです。へええ。


ついでに「雨」一覧。
こうなると僕は止まらない。誰か止めて。


【春雨】はるさめ
 静かに降る、春の雨。
 「月様、雨が」「春雨じゃ、濡れて帰ろうぞ」の春雨。
 ちなみにこの「月様」のモデルは幕末の土佐郷士、武市半平太(たしか)。
 または透き通った糸状の食品。緑豆のでんぷんから作る豆そうめん。
 麻婆春雨などにして食べると美味しい。

【五月雨】さみだれ
 「梅雨」の意の雅語的表現。陰暦の五月に降る雨のこと。
 「五月雨式のなんとか」は終わることの無いだらだらした様子。

【時雨】しぐれ
 秋の末から冬にかけて、降ったり止んだりする雨。
 細かく切ったショウガなどと一緒に煮たハマグリなどのつくだ煮。それは時雨煮。

【村雨】むらさめ
 「むら気のある雨」という意味。「なんか、ムラムラする雨」ではない。
 やはり降ったり止んだりの雨をいう。
 ゲームボーイアドバンスの「謎の村雨城」を買ったはいいが、
 序盤で止まったままだなあ、マズイなあ。

【驟雨】しゅうう
 吉行淳之介の小説にもありますね、驟雨。芥川賞受賞作。
 要するににわか雨。
 「これから会いに行く、その女のことを、彼は気に入っていた。
 気に入る——というのは、愛するとは別のことだ——
『驟雨』(吉行淳之介)」
 都合の良いお付き合いのメタファー。使いでのありそな言葉です。
 「彼女とは驟雨のようなものだったんだよ」なーんつったりしてね。

【白雨】しらあめ(←たぶん)
 夏の夕立。明るい空からふいに降る雨。やはりにわか雨の漢語的表現。
 一瞬の雨で風景が白く見えるのが由来。なんかキレイっぽいね。白雨。
 大豆の一種。それは白豆。

【喜雨】きう
 これは多分に意味的なとこ。嬉しい雨。雨が嬉しいとは?
 はい、それは干ばつの後の雨。雨ごいでもしたのでしょうか。
 雨ごいで思いだすのは山岸凉子の「日出処の天子」。
 なんか凄い超能力で雨を降らせていましたね、厩戸王子。
 そんなことしなくても(普通できませんから)、
 火を焚いて、灰を空に舞いあげると、雨の一因にはなるらしいが。
 理科の授業で習いました。
 

ちょっと目が醒めてきました。いいぞ。


小野小町の

「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」

という歌ですが、「よにふる」の「ふる」の部分、
「世を過ごす」という意味と「雨がふる」を掛けている、
さらに「ながめ」が「もの思いにふける」と「長雨(ながめ)」を掛けている、
そんなふうに言われてますね。
いわゆるダブルミーニング。テクニシャンです。
こざかしいです。小町。平安貴族ってやあね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1129156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2004-10-05 16:35 x
かきWO先生っ

ってことは、「どさくさ」は、

(空から大きなバケツをひっくり返したように)激しい、くさ

ってことなんでしょか?


くさ?

あと、個人的に、天ぷら、の 「ぷら」 も気になる。


つーか、
新明解って、たまに不明解ことあるよねぇ。
前、「五臓六腑」を引いたとき、
開口(?)一番に「五臓と六腑」って書いてあって、
倒れそうになった。 ま、ある種、超明解とも言えるが。
その後に、各々いろいろ説明があり、六腑のひとつに「三焦」ってのがあって、
「三焦は、何を指すか不明」ってことでお茶を濁され。

雨、いろいろありますよね。
言葉、自然というか文化というかが反映するですね。
以前、アラビア語には様々な「ラクダ」を表す名詞がたくさんある、
と聞いた覚えが(オス、メス、若い、年寄り、云々)。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 16:44
>くろさんstudent

気になりますねえ、「ぷら」。
って、これは違いますねぇ。
葡萄牙語でしたっけ。もとは。

「どさくさ」ネットで調べたら、

『「どさくさ」の「どさ」は、
混乱した状態も意味する擬態語「どさどさ」から、
「くさ」は「くしゃくしゃ」などの元となる
「くさくさ」からとするのが有力であろう。』

だそうです。有力であろう。
「どしゃくしゃ」ってことですね。
「なんか、しっちゃかめっちゃかでぐちゃぐちゃなさま」
とか、そんなんですね。

新明解、ウケ狙いかと思うこともありますねえ。

ラクダ?
Commented by taphy-m at 2004-10-05 17:03
( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェーなことがいっぱいですね。
この中でも私は春雨が好きですね。



泡盛の。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 17:11
> taphy-mさん

春雨は「飲んで」帰りたいですねえ。

そういや家の泡盛が切れそうなんだった。
コンビニで買った久米仙ですが(笑
ラムを酒屋で買ってくるのを忘れてるなあ。
週末はラムを買わなければ。

泡盛、最近はまっております。
マイブームです。

ちなみに「マイブーム」という言葉の生みの親は
みうらじゅんらしいです。

( ・∀・)つ〃∩ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
Commented by けろよん at 2004-10-05 17:19 x
へー。へー。へー。
勉強になります。
みうらじゅんはなんでも作るね。

うちは雨が降るとバイクが使えなくて、
陸の孤島状態になるので
困ります。
バスが一時間2本しか走ってないし。

Commented by sasa-b at 2004-10-05 17:44 x
kuro氏が書いてたラクダの例で言うと
我らが郷里は雪ですよね。

おおゆき
こなゆき
あまゆき
ぼたゆき
かたゆき
わたゆき
ねゆき
ふぎ
ゆきぼっこ
ゆきなげ
ゆきだま
ゆきあそび
ゆきよせ
ゆきみち
ゆきおろし
ゆきんこ
しんせつ
ざんせつ
Commented by あい at 2004-10-05 17:45 x
教育@今の会社に勤めている以上、必要な資格の参考書を買った、

です。講習をうければ、だいたい受かるらしいですけど。

雨かと思いきや、今日は晴れました。
しかしまた台風がきます。いやだーーーっ。

鹿児島は本当に「土砂降り」なんですよ。
降るものではなく、崩れ落ちてくるものですが。

今日は麻婆春雨にします。春雨が残ってたし。
献立のヒントありがと。
Commented by kuro at 2004-10-05 17:46 x
「…ええ、すいません、ちょっと今日は朝からバタバタしてまして、…」
ってぇのは、
「…ええ、すいません、ちょっと今日は朝からどさどさしてまして、…」
という方が、日本語の用法としては正しい、と。
で、
ぷら、は、ぽるとげーぜ、っすか。

んむー。


春雨。いいすねぇ>泡の方。

泡盛ではないのですが、
こないだ、みやこんじょ帰った時、昨今の焼酎ブームで、
地元での焼酎の値段が上がってしまったり、
原料の芋不足でもろもろ品薄で云々、
いろいろ影響が出てるらしいっす。

で、最近家で飲んでるのは、
おばちゃんの売り文句が「手作りなんで県外には出してないんですー」という、
『黒のいざない』。

名前でウケ狙い、とかではなく。
ちゃんと試飲して。
はい。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 17:59
>けろよんさん

うちの実家は完全に雪で埋まります、冬季。
バスの本数も同じくらいですよ。

まあダムの底に沈まないだけ助かってます。うち。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 18:13
>ササ氏

あらためてバリエーション豊富やねえ。
「雪文化」なんでしょうな。

ところで一人、
清朝皇帝、愛新覚羅家のあの人が混じってますYO!

Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 18:15
>教育あいさん

なるほど、資格ですか。
ぼくは資格ほとんど無いかもだ(戸田奈津子字幕調)。
免許もないし。
自分のプアーなスペックに時々寂しくなります。

今夜は麻婆春雨ですか。
いいですね。
僕は泡盛を飲んで帰りたくなりました。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 18:18
>いざないのくろさん

いや、狙いとみましたが。ガンとして。
どうでしょ。ガンと。

春雨、前にも書いた西麻布「A sign bar」の
マックスエクスペンシブ泡盛が「春雨」。
春雨の…何年だっけか。プライスレス。どんな味が。
Commented by sasssa at 2004-10-05 18:32 x
吹雪のこと ふぎ って言ってたんだbe!
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 18:37
>さささ

ジョーク!ここはジョークアベニューDEATH!

HAHAHAHA…(懐かしい)


んだっけが>ふぎ
うぢらのほうだば「ふンぶぎ」どがって
言ってらった気がするべお。

おぎぐぼの蕎麦っこ、んまがったナや。
あどでブログさアップすっけえ、
まだ行ぐべしゃ。


自分でもよく分からない(笑)要字幕だべ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 19:48
天ぷらの語源。
ネットで調べると。

『語源はポルトガル語の「tempero」
ポルトガルより渡来した。
小麦粉を水で溶いた衣を付けて油で揚げた物の総称。』

諸説あるようですが、
まあこんな感じが定説かと。



ところで「にっちもさっちも」の
「にっち」と「さっち」って何だ?(←止まらない)
Commented by kuro at 2004-10-05 21:02 x
昔、時計の中に住んでたヤツでわ>「にっち」と「さっち」。

ちがいますね。あれは 『チックとタック』。

で、正しくはこちらにあった>(inc. ぷら >既出回答と同一)。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~aiida/gimon5.html

確かに変換するです。
二進も三進も。


*やおら系で恐縮:マーティー・キーナートGMとキタか>楽天。
 んむ。 
 絶妙。 
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 21:11
ほんとだー。

天ぷらの語源もありますね。

絵本で、
「ユックリとジョジョニ」とか、
「でかっぽやせっぽ漂流記」とかあるくらいですから、
「ニッチモ&サッチモのWhat a wonderful world」
があってもイイ!


「楽天野球団」ってアナクロですな。
Commented by ユウイチロー at 2004-10-05 21:56 x
氷雨、小雨、霧雨もいい感じですね。
でも「さめ」の「さ」ってなんなんですかね。
いいにくいから変化していったのかな。
なんかそういうのあったよね。なんだっけ?
「ひあめ」より「ひさめ」のほうが確かに言いやすいなー。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 22:24
>なんかそういうのあったよね。なんだっけ?

なんだっけ…調べてみたけどわかりませんでしたね。
上の「はるさめ」「むらさめ」とかもそうですしね。

雨かんむりの漢字もいろいろです。

雹、霞、霧、霈、霍、霤、霽、靂、霑…(文字パレット起動)


読めないし。インベーダーみたいです。
Commented by BONSASA at 2004-10-05 23:27 x
元ネタわからんが……釣られてみるも一興。

しかし
飽きた弁ってテキストに起こすと
おばぁさんがさべってるようにしか読めないのは何故だろうか?
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-05 23:35
>梵ささ

元ネタはペリーの声まねネタ。
「開国して下さいヨ〜〜」ってやつ。
いっときよく出回ってた。

>飽きた弁ってテキストに起こすと
>おばぁさんがさべってる

だって、こんなしゃべり方、
ネイティブの俺らでもしないものね(笑

ちょっと演出過剰。
Commented by kuro at 2004-10-05 23:38 x
粘って調べてみました>さめざめ問題。

大阪外大関連のなんかのサイトで、「日本語学概論 ブレイクタイム」
とかなんとかで、きわめてあっさりですが以下の如く(以下抜粋引用)。
***
音と意味との関係〔素材としての文字、用法としての文字〕
(2)「雨」
(ウ)春雨 「ハルサメ」と発音する。「ハルアメ」となるところであるが、「…ルア…」の部分で母音が連続することを嫌って[s]の音を入れたのである。
(エ)五月雨 全体で「サミダレ」と発音し、「雨」の字がどの音と対応するというのではない。このような表記と読みの関係を「熟字訓」と言う。例を挙げると、「明日(あす)」「小豆(あずき)」「田舎(いなか)」「昨日(きのう)」「今日(きょう)」「時雨(しぐれ)」「山車(だし)」「一日(ついたち)」など。
**
ということで、ユウイチローさま、ご名答です。
母音連続で言いにくいので、S挿入。 解決方法は違うけど、「言いにくいから」ってとこはリエゾンとちょと似てる。
(リエゾン的だと、ひあめ(氷雨)、は? ひゃーめ? こあめ(小雨)、は、きゃーめ?
 んー。 風情、まるでなし。 江戸っぽさは感じなくもないが)
Commented by ユウイチロー at 2004-10-06 00:03 x
おお!調べてたんですか!すごいです。
「言いにくいから」っていうのは結構他にもありますよね。
「舌鼓」→「したづつみ」とか濁音が先にくるやつ。
あっ、また疑問を投げかけてしまった。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-06 00:09
ふふふ、ユウイチローさん、
ここはそういうブログです(ていうかkuroさんの功績)。

母音が続くと言いづらいのはそうですね。
「舌鼓」は、両方読みがあるですよね。どっちも正解。
でも、どうしても調べてしまうのかっ…ううっ…

それで言ったら、僕の永年の疑問。
「新」は読みが「あらた」なのに、
形容詞になるとなぜ「あたら」しい?
(ねえ、ササボン?)
Commented by ササボン at 2004-10-06 00:50 x
ええ、ええ。
もとは「あらたしい」とも読んだみたいですね。

かつて言語学板にスレ立てたっけ(笑)
Commented by ttktt at 2004-10-06 01:06 x
話のノリと違うかもしれないんですが、
雨にまつわる言葉って、なんか色っぽくないですか?
なんとなくドキドキするのは私だけでしょうか・・・
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-06 01:11
いや、エロティックだと思いますよ。
上の「驟雨」に限らず。
なんでしょうね。しっとりする感じですかね。

「雨」にまつわる言葉だけで口説けたりしませんかね。
耳もとでぼそっと、
「月時雨」とか囁いたりしてね。
Commented by kuro at 2004-10-06 01:25 x
耳元で。 雨語で。 口説く。

素敵です。

「・・・集中豪雨。」


ひっぱたかれそうである。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-06 01:47
耳もとでぼそっと…
言うにはちょっとですね(笑

でも「水系」の言葉はシックかも。
耳もとで、


「…うぉ〜た〜」



by ヘレン・ケラー。
Commented by 豆次郎 at 2004-10-06 01:53 x
kuroさん、若旦那、、、ワラタよ!(^o^)

さて、労働。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-06 01:55
がむばれ!>まめを
Commented by kuro at 2004-10-06 18:43 x
積年の謎を、いま。 総合すると、こゆことのようです>かきをっち。
*古語の形容詞には「あらたし」と「あたらし」の両方がある。
【あらたし(新し)】  新しい。古いものから新しい状態へ改まるさま。
【あたらし(惜し)】  あまり素晴らしいので、その価値に相応しい扱いをしないでおくのは勿体ない、残念だ。
**以下、森鴎外『かなづかい意見(明治四十一年六月)』より、超抜粋。
「もちろんはじめ誤りから生じましても、時代をへてふるびがついて自然にあたらしい国語のようになったというばあいには、むろんそれを取るべきであります。それは国語の歴史にも先例がある。
たとえば「あらたし」という語がある。これが「あたらし」となる。こういうのはこれは口語の変遷にもとづいてあたらしい語を認めたのであります」云々。
ということで、時期としては平安時代頃(一説では江戸時代?)に、「あらたしい」を、「あたらしい」と、
・・ちょうど、『ひらやま』と10回言わせて、「世界一高い山は?」「ひ、まらやっ」「エベレストね」という、
とにかく、いいまつがえてしまった、誤用から始まった、と。 その名残、ということのようです。
Commented by kuro at 2004-10-06 18:52 x
ちなみにですが、
これ書いてて、はたと思い出したのですが、

ええと地域的に、鹿児島のあいさんも同じくかもしれません

うちの実家(みやこんじょ)あたりでは、
もったいない、のことを 「あたらしい」(勢いがつくと「あったらしい」)、
と言うです。

たとえば、
まだ一口しか食べてないソフトクリームのクリーム部分が落としちゃった、そんな時に、

「あーっ… まこち、あったらしかぁ~」

とかいいながら嘆くのです。


あれ、古語だったのか…。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-06 18:53
すGEEEEE!

くろさぬ、神。
要約すると、

「言いにくいから、いいじゃん」

ってことですね。
Commented by kuro at 2004-10-06 19:04 x
です。
間違っても、言いにくいから変えちゃっても、
もうみんな使っちゃってるから、いいぢゃん、と。

現代でいえば、
形容詞の 「すごい」 が副詞になってしまった、とかもそうなんだろね。


あと、「うまい」 が 「まいうー」 とか (違います)。
Commented by あい at 2004-10-06 19:44 x
>くろさん

鹿児島では勢いづかなくても「あったらしかぁ~」です。
語源は一緒ですが、「あたらしい」の方は使わないですね。

“みやこんじょ”はもとは薩摩なので、
違うけど似ているものもあると思います。

まこち=ほんのこて(ほんのこっ)=本当に。

鹿児島は語尾が“っ”が多いですね。

>耳元で。 雨語で。 口説く。
雨語って妄想をふくらましたら、けっこうえっちぃ
…気がする。

【余談】
「氷雨」は小3の時、夏祭りで歌いました。
本当は某アイドルの歌を歌うはずだったのに、音源が
演歌のテープしかない、とのことでその場で「氷雨」に変更。

飲ませて~下さい~もう少し~♪
今夜は帰らない、帰りたくない~♪

一時期TVであった、「ちびっこ歌まね」に出てくる
ませた子供のようですね。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-06 21:34
>藍さん黒さん

色シリーズで。

「もったいない」のことを
「あったらしかぁ〜」っていうの?(笑

じゃあ「新しいなあ」のことは
なんというのでしょう。


【余談】
僕が町内ちびっこのど自慢で歌ったのは、
「帰ってこいよ」。どんなチョイスだ>ちびっこオレ
ちなみにブービー賞でした。
でも、賞品が時計(豪華!)で、嬉しかったのを憶えています。

そんな僕が、今では紅白歌手に。<なっとらんなっとらん
Commented by あい at 2004-10-06 21:52 x
鹿児島の場合、
あたらしいは「あたらし」
もったいないは「あったらし」

“っ”で違いがあるみたいです。

ただし、年配の人達の会話の言葉で、
私達の年代はもう使わないかも。
ただ、このままここに居れば、
年配になった時に使う可能性はある。

「帰ってこいよ」ボーイソプラノバージョンですかっ!
高いとこ、出そうだな~。
私、近所の文房具屋の商品券とスイカでしたよ。

もう「雨」から思いっきり脱線してるし。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-06 22:17
>あいはん

>あたらしいは「あたらし」
>もったいないは「あったらし」

>“っ”で違いがあるみたいです。

チョー微妙です!
微妙すぎます!

そう、声高かったしねえ。
ボーイソプラノだったかもしれません。
今でも声は少し高め。

「雨」はどうでもよくなってきました(笑
Commented by kuro at 2004-10-07 10:49 x
そうですね。
そうかも知れませぬ>あったらし>みやこんじょも>あいさん。
「っ」は多いですね。(鹿児島でも、「ちんがらっ」 って言います?)

こうなったら「新」問題で、もひとつ。 トドメ的に。

自衛隊の基地があるところでもあるのですが、
宮崎に「新田原」なる地名があり。
問題は、その読み方なんですが、
「しんたはら」でも「にいたはら」でも「あらたはら」とかでもなく、

  「にゅーたばる」

なんですね。 にゅー。



察するに、「にぃー」 がなまって 「にゅー」 になったのかとも思うのですが、

つーか、英語ぢゃんっ


しかし、
あいさん(小3)もかっきー(ちびっこソプラノ)も、
スバラシイ選曲ですな。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-07 12:44
>くろさにゅー

「新」で「NEW!」って凄いです。
英語じゃんっ。普通に。

あとさ、
こないだ行った味の素スタジアム、
最寄り駅が「飛田給」。

「とびたきゅう」って読めなくて、最初。
いや、素直な読み方なのだけれども。
「フライ打球」とか読ませるわけじゃないしさ。
でも、
なんか不思議な名前じゃありません?とびたきゅー。
Commented by kuro at 2004-10-08 15:59 x
【ウルトラ余談】
いや、
ぼくにとってのこの「氷雨」&「かえって濃いよ

す、すごい歌だ

「帰ってこいよ」的な歌ってば、何だろう?
最初に人前で歌ったのって?
と、なんとなく気になっていて、あれこれ記憶をたぐっていたのですが。

どうやら、
中学の時に、クラスのなんかの出し物の時の歌について、
何の曲がが良いか、の候補曲の提案で、
クラスのみんなの前で親友のシンゴ君と2人で歌ったアレが最初、
との衝撃の結論に。

ええ。
そうなんです。
曲が。



あ、あずさ2号……(かなり恥ずかしい)。



いったい、おれって…(頭抱え)
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-08 16:07
>【ウルトラ余談】

「むしろ、濃いです」て意味ね>かえって濃いよ

ていうか「あずさ」、
くろさぬのココロの歌だったんですか!(どっかんどっかん笑)
シンゴくんから彦マロンに相方が変わっただけだという。

道理で凄まじく堂に入ってると思いました。


記憶をたぐって、
予想外に凄いのがでてきた瞬間のくろさんを想像してワロタ

Commented by あい at 2004-10-08 18:43 x
コメントNo.44 ←すごい数ですね。

>kuroさん。
かごっまでも、「ちんがらっ」 って言いますよ
よく、男性が使ってます。
うちの父は「ちん、ぐわらっ」って感じで言ってます。

読んでいて思いました。
シノブさんの仲間は愉快な人が多いですね。
混ざりたいです。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-08 19:13
>あいさん

>混ざりたいです。

いえ、もう混ざってます(笑
もっともっと混ざってください。



そしてこれでNo.45。
by shinobu_kaki | 2004-10-05 14:57 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(45)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31