シンクロニシティとしてのもらいあくび。


もらいあくびはなぜ起こるのだろう?
という話があった。

あくびそのものに誘発性があるからだ、
という意見もあったようだがいまひとつ根拠に乏しい。

そもそもあくびとは脳に酸素を送り込むためのもので、
菌を殺すために発熱することだとか、
不要物を外に出そうとして咳やくしゃみをするというものにも似た、
一種の身体的な自動防衛機能であるらしい。

そこを起点にすれば、
同時多発的にあくびをする人が現れるということは、
「その場があくびを必要とする程度の酸素の薄さだった」
とシンプルに考えることもできる。

偶発的に見えるもの、
例えば「シンクロニシティ」というのもおそらくそうなのであろう。

結局のところ、人間はそれほど大差のないものだ。
同一の状況であれば、ある程度似通った反応をしたり、
同じような言葉を発するというのはそれほど不自然なことじゃない。
そんな局地的なケースにとどまらず、場所を違えて考えてみたとしても、
同じ時代を生きている人間にとって、
結果的に同じような言葉を生み、同じような行動をしていたとしても、
それは「あり得る奇跡」として認識されるべきであろう。

そう、もらいあくびの不思議な連鎖のごとくに。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/11860723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2011-01-24 16:33 x
ども。今年も何卒。って。

もらいあくび、ぼくも時々不思議に思うです。

でもって、
不思議に思う度に思い出されるのが、
谷川氏の『朝のリレー』。
同じように、
あくびもリレーされて地球を一周しているんではなかろーか、
と思ったりとか。


朝のカレーはなんだっけ。
イチローですか。マー君ですか。
関係ないですね。
Commented by shinobu_kaki at 2011-01-27 13:10
>くろさん

ども、遅くなりましてすみません。
どうか何卒よろしくです。

地球一蹴 いや地球一周だと時差があるので、
あくびも次々とドミノのように。

想像しちゃいました。
by shinobu_kaki | 2011-01-07 06:48 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31