「らくだの涙」レビュー

母親にとって初めての出産は、難産だった。
産みの苦しみは何日間にもおよび、周りはどうにかできないものかと手を尽くした。
数日目にようやく、無事、元気な子供を産むことができた。
しかし問題があった。
愛おしいはずのわが子を、母親は見ようともしないのだ。
ノイローゼかもしれなかった。
出産のショックがあまりにつらすぎたのかもしれない。
周りの人間が産まれたばかりの子供を近づけても、どうしても逃げてしまう。

しかし、授乳はしなければならない。

とりあえず、周りの人間が疑似的にお乳を飲ませるしかない。
それで一応の栄養は与えられる。
しかし、このままでいいはずがない。
子供が母親の愛情を受けずに育っていいはずがないのだ。
周囲がさまざまな努力を試みても、一向に母親は回復しない。
子供を愛そうとする様子はどうしても見られない。

距離の縮まらない、らくだの親子。

母親の「出産ノイローゼ」を解消するため、ある伝説の療法が採用された。
そして、その方法はとても意外なものだった。


音楽。




以前から、なぜか良作の確信があって観に行きたかった映画。
モンゴル南部、ゴビ砂漠にラクダや羊とともに住まう遊牧民達。
砂漠に沈む巨大な夕日、吹き飛ばされそうな砂嵐、
ラクダの出産、幕舎(ゲル)での遊牧民達の生活など、
なかなか目にする機会のないものがスクリーンに展開され、
セリフと音楽のほとんどない映画ながら退屈さを感じさせません。
名門ミュンヘン映像大学に通う学生2人が、
共同の卒業制作として作ったドキュメンタリー。
それにしても、モンゴルの人はみんなあんなに声がいいのか?(笑)
映画終了後、それほど入っていたわけでもない映画館のあちこちから、
たくさんのすすり泣く声が聞こえてきました。良作。

a0022014_1318404.jpg


「らくだの涙」(2003年/ドイツ)
 原題:The Story of the Weeping Camel
 監督:ビャンバスレン・ダバー、ルイジ・ファロルニ
    インゲン・テメー(親らくだ)
    ボトック(子らくだ)
    オーガンバータル・イフバヤル
    オドゲレル・アユーシ
 マイアミ国際映画祭優秀ドキュメンタリー賞
 サンフランシスコ国際映画祭国際批評家賞
 ブエノスアイレス国際映画祭観客賞
 配給:クロックワークス
 字幕監修:旭鷲山昇
 らくだの涙・公式HP


 
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1190566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from るるる的雑記帳 at 2004-11-30 19:32
タイトル : 「らくだの涙」
「らくだの涙」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 期待していた通り、ユッタリとした時間が流れる作品でした。 馬頭琴という楽器の音色で傷ついた母ラクダの心を癒すというのが主たるストーリーなのですが、そこまでいく過程の中... more
Tracked from るるる的雑記帳 at 2004-11-30 19:32
タイトル : 「らくだの涙」
「らくだの涙」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 期待していた通り、ユッタリとした時間が流れる作品でした。 馬頭琴という楽器の音色で傷ついた母ラクダの心を癒すというのが主たるストーリーなのですが、そこまでいく過程の中... more
Tracked from ハードでルーズな生活 at 2004-12-27 09:45
タイトル : らくだの涙
『らくだの涙』は、ミュンヘン映像大学に通う学生ビャンバスレン・ダバー(1971年、モンゴルのウランバートル生まれ)とルイジ・ファロルニ(1971年、イタリアのフィレンツェ生まれ)の卒業制作の作品。ファルロニ監督によれば、ドキュメンタリーの範疇内で、劇映画の要素と... more
Tracked from Pocket Warmer at 2005-01-28 02:15
タイトル : 映画:らくだの涙
邦題:らくだの涙 原題:The Story of the Weeping Cam... more
Tracked from befounddead at 2005-05-27 22:29
タイトル : らくだの涙
THE STORY OF THE WEEPING CAMEL (2003年ドイツ) 2005/4/20@早稲田松竹 モンゴルドキュメンタリィ。 初産で難産、でようやく産まれた子供は白いらくだ。 母らくだは子らくだを愛せない。育児拒否ですね。 ドキュメンタリーなんだから当たり前なんだけど、 出産シーンとか生々しすぎてびびりました。 難産なのでなかなか出てこないんですが、 産まれかけの子らくだの足をからだからびよんと突き出した状態で 歩き回る母らくだの映像とか、なか...... more
Tracked from 生きてるだけで儲けもの☆ at 2005-11-29 12:30
タイトル : らくだの涙
らくだと共に暮らすモンゴルの遊牧民一家に密着したドキュメンタリー。モンゴル南部に暮らす4世代の遊牧民一家。ある日、若い母らくだが白い子らくだを産み落とす。ところが、難産のショックからか、母らくだは子らくだへの授乳を拒否してしまう。Amazon.co.j...... more
Commented by kuro at 2004-10-18 12:25 x
らくだ。
ああいう顔してて、意外と気性が荒い、とかいう話を聞いたような。
本作、「モーターサイクル~」同様、予告編で観て面白そう、
と思っていたです。
どこでやってんだっけ?

しかし、
字幕監修、むべなるかな的人ですなー。
Commented by いづみ at 2004-10-18 12:43 x
kuroさま
昨日、友達が「モーターサイクル~」観に行き、絶賛していました。
冬はペルー旅行に行くと行っていました(笑)
恵比寿で上演されてるけど、ちょっとまだ混んでるみたいですよ。

らくだ。
チュニジアで乗りました。乗り心地悪いんだよね(涙)
でもって、チュニジアで一等賞の白ラクダと記念撮影してきました。
ちょうどジャン・ポール・ベルモンドが映画の撮影してて
それにチャンピオンらくだを使って言ってたなあ。


Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 12:58
>くろさんの涙

「パンダは意外と目つきが悪い」みたいな話ですね(ちょっと違う)。
そう、モーターサイコーはエビガ、
らくだちゃんは渋谷のル・シネマでやってるです。
こっちは全然混んでないです。

予告編で観た「シルビア」(グウィネス・パルトロウ主演)、
「春夏秋冬そして春」(http://www.kimki-duk.jp/spring/mainframe.html)
の2本に魅かれました。
ル・シネマはアート系が得意ですね。

タイトル画面の下のはじ、「字幕 戸田奈津子」とかでるとこに、
なんか見つけた相撲取りの名前。
正直、くぎ付けでした。「おお」とか思って。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 13:01
>いづみちゃんの涙

らくだ経験者ハケーン(笑
乗り心地悪いんだぁ。
こぶに挟まれて一見リクライニング風、とか思うけどね。
ベドウィンは偉いねえ。
あと「チャンピオンらくだ」って可愛い…。

くろさんといづみちゃん、
実はチュニジアつながりとみた。
Commented by kuro at 2004-10-18 13:51 x
ええと、
ぼくもラクダ、乗りました>いずみさん。
でも場所は、宮崎のフェニックス動物園(エライ違うし)。
しかもすげー幼少の頃。

ラクダ、乗り心地悪いのは、側対歩のせいと思われ。
あの、あれです。
緊張している甲子園球児が入場行進の時に、
右手と右足同時に出しちゃう、あれ>側対歩。
ラクダ以外だと、キリンとか、象もそうですね。

チュニジアは、
パレルモまで行ったんだけど、海、渡れず。
なので行ったことないのよ>かきWOくん。
(チュニスまでの船が週1しかなくってねぇ。って、なぜ最初に調べない。わたし)



結論としては、
ラクダよりもモーターサイクルのほうが乗り心地は良い、
と (違います)。

あ、あと、先日ようやくコメントの削除方法を学びまちた…(素人なもので)。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 14:52
>つにじあくろさん

ああ、行ってなかったんでしたっけ。
パレルモってシチリアだっけ?
それだけでも羨まし。
まあ、カルタゴ、じゃなくてチュニスは次の機会に、と。

らくだのアレ、側対歩っていうですか。
(なんて読むんだろ?)
ところで実際に側対歩で入ってきた球児っているんかな?(笑


>チュニスまでの船が週1しかなくってねぇ。
>って、なぜ最初に調べない。わたし。

奈良の法隆寺の夢殿の秘仏「救世観音菩薩」の
「年2回のみ公開」をろくに調べずに行って見れなかった僕と似てますね。
しかももっとずっとスケールでかいです(笑

コメ削、×を、ええ、ぽちっと。
一瞬ですね。
今まではわりと勝手に整理させて頂いてました。
Commented by いづみ at 2004-10-18 15:16 x
パレルモはシチリア。ゴットファーザーです。
私はシチリアすっ飛ばして、マルタ共和国に行ってしまいましたが(笑)

サハラ砂漠まではチュニスからバス8時間。
行く価値はあります。
チュニジアから帰国直後、
「新婚旅行はチュニジアへ」
と皆に触れ回ったくらいサハラ砂漠はロマンティック。

kuroさんも、シノブさんもちゃんと調べなきゃダメですよ!(笑)
私、超いい加減な典型的B型ですが
旅行に関してはかなり入念な下調べをしていきます。
エライぞ、私!
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 15:47
>チュニスのいづみちゃん

そうですね、下調べ大事やねえ。
ねえ、くろさん?

…くろさん?あれ?どこへ?

くろさーん!



そっか、ゴッドがパレルモ。
やっぱ映画観ないとね(笑
Commented by kuro at 2004-10-18 16:06 x
はい。 打合せより今戻り。

ええと、
さらに超いい加減なB型です。わたくしも。
昔、秘書をやってたとは思えないいい加減さです。

行きと最初のホテル2泊と帰りの飛行機だけ押さえて2週間の旅で、
イタリア&チュニジアのハズが。
飛行機は味がない、ということで(ちょとコワい、ともいう)、
ナポリとかソレントとかからも、船でのチュニジア行きを探ってたのですが、
まぁ、目と鼻の先のパレルモまで行けばなんとかなるでしょ、
という、
至極楽天的なライブドア感覚で行ってはみたものの。

パレルモは着いた日がマフィアのおっちゃん(何家かは不明)の裁判の日で、
市内、静まり返っておりました。


そくたいほ、です>側対歩>まんまですな。
え、見たことない?>県立 側対歩高校(春2回・夏初)。

いや、まじめに昔たまにいたです>そくたいほ球児。
Commented by Jan at 2004-10-18 16:18 x
嫁さんの歌声に感動ですね。

子供がテレビに持つ憧れを微笑ましく表現した
サブストーリーも良かった(^^)
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 16:28
>楽天くろさん>秘書つながり>いや僕じゃなく

即逮捕球児はたくさんいたと思いますが、
実際にいたですか側対歩球児。

見たかったっ

地中海近辺は行っとかないと死ねないな。
ナポリを見てシネと。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 16:32
>旅といえばJan氏

観てたのね、ウィーピンらくだ。
あの歌声、よかったよね。
アフリカのサバンナに住む人たちはドーシテモ視力が良いように、
遊牧民はいやでも遠くまで通る声をしているのかと思いました。
個人差は当然あるでしょうけど。
(ばっちゃんは歌うの恥ずかしがっていたしね)。

>子供がテレビに持つ憧れを微笑ましく表現した
>サブストーリーも良かった(^^)

ゲルにアンテナというアンバランスもほほ笑ましかったなあ。
やっぱり憧れなんでしょうね、文明の利器。
Commented by kuro at 2004-10-18 16:35 x
個人的には、
ナポリからちょい行ったアマルフィ、ポジターノ辺りがさらに良いです。
はい。

死ぬまでにもう一度。
Commented by いづみ at 2004-10-18 16:58 x
kuroさん
シチリアへは何月に行かれました?
夏でも週1しか船出てないのかな?

>>楽天くろさん>秘書つながり>いや僕じゃなく

B型つながりが抜けてます。
かなり重要。
私もチュニジアは航空券だけ手配して行きました。

イタリアはヴェネチア行きたいなあ。
後でのお楽しみにとイタリア旅行は、まだしてない。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 17:03
>ナポリマルフィジターノくろさん

良いんだぁ。
行ってないおいてけぼり組は指をくわえるばかりです。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-18 17:06
>いづみちゃん>側対歩つながり>いや(略

意外に船的交通網は発達してないのね、あっこらへん。
ヴェネチア、僕も行ってみたいね。
水に沈んでしまう前に。(…いつだっけ?)
Commented by kuro at 2004-10-18 17:13 x
ええと、9月ですた>シチリア。
がしかし、
遡ることぴったし10年も前なので、
果たして現在どうなっているかは、やや謎です…>すいません>いずBさま。

ちなみに、
シチリア、鉄道で行ったのですが、
鉄道好きのわたくしとしては、最高のクライマックスでした
>「列車に乗ったまま船に乗って」シチリアへ渡るの図。
Commented by kinkin at 2004-10-18 22:03 x
らくだの涙、気になってたんですよ!
スウィングガールズも友達の間で評判が良くて、
どれ見に行こうか迷ってます。
モーターサイクルダイヤリーズは決定ですがね。
かなり秀作の予感がするので。
Commented by のこのこ at 2004-10-18 22:09 x
おお!ラクダ話ですか!!!
ラクダといえばのこのこです。(笑)

ですが、kuroさんのアマルフィという言葉に釘付け!
行ったことがある人が少ないから「おぉぉ~~~ココにすばらしい人がいるっ!!!」と思いました。

イタリアのアマルフィはイイ!!!! 最高です。
新婚旅行などに持って来いですわ。
イタリアはなんといっても南ですわね。

すんません。ラクダね。

ラクダ、乗り心地悪いか? 悪くないよ~! で、ラクダ、かわいいってば。まつげバサバサで目がうるうるしてて。
旅の乗り物と言ったらラクダです。 私はよくラクダに乗って数時間、サハラ一泊とかやるの大好きです。ウソみたいに星がきれいですよ~。
ちなみにフタコブラクダは鞍がなくてもそのまま乗れます。おためしあれ。

その映画、気になってたんですが、東京に行かんと見られないんだよね。
Commented by kuro at 2004-10-18 23:53 x
ええと、すばらしい人です(…)。
のこのこさん、
HP拝見しました(時間の都合上、詳細は未見ですが)。
濃いエリアにたくさん行かれてますねぇ。すごい。
後ほど、詳細読ませていただきます。


銀座の意外なエアポケット的エリアでしたね。
なかなか良い、使い勝手のありそな店で、
また近いうち行ってしまいそだ。
中座、失礼>しのぶくん。
次回はまた、月曜の「歌」か。

か?
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-19 01:40
>kinkinさん

「スウィングガールズ」も必見と思ってます。
今回は、時間がちょうどよいこともあり、「らくだ」へ。
なんかこういう前評判的予感ってはずれない気がする。
「モットサイコーダイアリーズ」も、
絶対に良いという確信があります。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-19 01:44
>のこのこさん

ていうか、のこのこさんはコメントをくれるだろうと(笑
らくだネタだしね。

アマルフィ、そんなにいいですか。
新婚旅行のお薦めが固まってますな(笑

フタコブラクダ、「お試しあれ」って、
なかなかそういう機会もないですが…(笑
なんか最近、自分のなかで中東がとても近くに。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-19 01:46
>すばらしくろさん

ええと、さっき帰ってきまして。
どうもでした。楽しかったです。
合コンについて語ったりね。

まあ、またぜひ。
今度はきっと歌付きでしょうな。
by shinobu_kaki | 2004-10-18 10:50 | 人生は映画とともに | Trackback(6) | Comments(23)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30