アスパラガス。


よりにもよって、我々はアスパラガス畑のまん中で道に迷ってしまった。
昼過ぎには次の町に到着する予定で朝早く歩きはじめたのだが、
気がついた時我々は広大なアスパラガス畑のまん中にいて、
太陽は既に西に傾きかけていた。吹く風にはっきりとした冷気がまじり、
あたりにはあの不吉なアスパラガスの匂いが充満しはじめていた。
 僕はリュックサックからコンパスと地図を出して現在の位置をわりだそうと試みたが、
結局何がどうなったのかさっぱりわからなかった。
こんなところにアスパラガス畑があるなんて、どこにも書いてないのだ。
「とにかくどちらに町があるか探すことにしよう。正しい方向さえわかれば、
なんとか無理してでも畑をつっきることはできるからね」と僕は言った。
 いちばん身の軽い弟が高くそびえ立つアスパラガスの巨木にするするとのぼり、
猿のように片手で幹にしがみついたまま、ぐるりとあたりを見まわした。
「わからない。何も見えないよ。灯なんてひとつも見えないよ」
と弟は首を振りながら言った。
「どうするの、お兄さん?」と妹が今にも泣きだしそうな声できいた。
「大丈夫、心配しなくていい」と僕は妹の肩を叩きながら言った。
「君たちはたきぎをいっぱいあつめるんだ。一晩火がたけるくらいにね。
僕はそのあいだまわりに溝を掘る」
 弟と妹は言われたとおり、体の麻痺を防ぐためにタオルで鼻と口をおさえながら、
一所懸命アスパラガスの枯枝をあつめた。
そして僕は1メートルほどの深さの溝をシャベルで掘った。
水のない深さ1メートルの溝なんて気やすめみたいなものだが、
それでも何もないよりはましだ。少なくとも怯えた弟と妹を安心させる役には立つ。
 満月がくっきりと空に浮かび、その光はアスパラガスが根元から吹きだす
白濁した息を青く染めた。逃げ遅れた数羽の小鳥が地表に落ちて、
苦しそうにその翼をばたつかせていた。もうすぐ---月が真上にうつる頃には---
彼らはアスパラガスの触手にからめとられてしまうことだろう。
よりにもよって、今日は満月なのだ。
「体をもっと低くして、頭をガスの下にもぐりこませるんだ。
絶対に眠るんじゃないぞ。眠ると触手がのびてくる」と僕は言った。
長い夜が始まろうとしていた。




「アスパラガス」村上春樹(「夢で会いましょう」収録)
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1205490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2004-10-21 12:58 x
北海道旅行してるときに、
あのぽわぽわぼうぼうして並んで生えてる植物は一体?
と思ったら、育ちきったアスパラガス。
フラワーアレンジメントとかにも使われると聞いたような。

好きです。アスパラ。
白いのも緑のも。


ギンビスのも。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-21 13:10
手塚治虫の「火の鳥」の何篇だったかな、
辺境の星で人間が植物になってしまう話があって。

このアスパラガスの話を読んで、
ビジュアル的にはその辺を思いだしました。

肉食で偏食がちだった僕ですが、
ここ数年はつけあわせのクレソンとかアスパラとかひじきとか、
むしろ嬉々として食べております。

良い傾向です。
Commented by いづみ at 2004-10-22 02:13 x
夜更かし中です。
アスパラガス、実家の母親が借りた畑で作っています。
「買ったのは固いけど、うちで採りたてのなら柔らかいのよ」
と言っています(笑)

緑も白も好きだけど、どちらかというと緑のが好き。

お客様に出す料理にはよく使うなあ。
見栄えがいい気がする。

Commented by shinobu_kaki at 2004-10-22 10:37
夜更かしというか、思った以上に長引きました(笑

仕事、ほんの中抜けのつもりだったけれど、
あんのじょう…。

すばらしくワインの美味しい、
良い店だったのでついつい。

からりと晴れたね。
週末までこの勢いでGO!>天気
Commented by G嬢 at 2004-10-22 17:17 x
かっき~の「中抜け」ほどアヤシイものはない。ばく。
っていうか、自転車乗って中抜け度UPしようとしても結局放置して帰るぐらいだもんねぇ~。笑。

さて、ワインバ~、いつ誰と行くかな~。
あ、くろさんと一緒に行こ~かな♪♪
くろさん、どうです?笑。
Commented by kuro at 2004-10-22 19:03 x
どうです?って、あーた 笑返)>G嬢。

確かに、実際「中ヌケ」だったことって、
一度しか見たことないしなぁ。

つーか、おなか空いてきた。
って、まだ19:00ですが。

今週3回目になっちゃうけど、今日も行こうかなぁ…(ひとりごと)。
Commented by 豆次郎 at 2004-10-22 19:11 x
今週3回目とは、もしやあの歌舞伎町を左にみて、
謎の居酒屋さんを通り越して、
ちょっと奥まったあの辺の、あの美味しい店ですか?

ふふふ、はまりましたな。
私も行きたいなぁ。。。でもなぁ。。。(;_;)
もちょっと近ければ中抜けとか出来るんだけどなぁ。
、、、って、無理か、若旦那と一緒ですわ。

“ついつい、、、”(^o^;)
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-22 19:51
>G嬢

うん、やっぱ無理でした(笑

それにしてもあのあと、
結構な時間まで飲んでたかも…だって、盛り上がってさあ。

素敵な店でしたね。
「気に入ったでしょ?」と君に連発する
僕自身がとても気に入ったりして。

閉店後「壌」で立ち飲み屋アフター。
目撃者証言によると「立ったまま寝ていた」ということで
自分自身にむしろアッパレを。
もしくはスタンディングオベーションを。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-22 19:53
>くろさん

声の大きなひとりごとが聞こえる…。

行っちゃうの?3回目行っちゃうの?(笑
ヒジョーに気に入ったとみたっ

ていうか今週ってば、
平日に新規お宝的良店発掘が2軒、
もんのすごく充実した平日の夜。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-22 19:55
>豆抜けさん

無理!ハッキリ言って無理よ>中抜け

ちなみに今朝ワタクシ、
日赤通りから広尾ガーデンヒルズを通り、
徒歩で西アラブ(←懐かしいね)交差点の自転車を
拾って会社に行きましたとさ。

あと豆さん、
歌舞伎町→歌舞伎座ね。

新宿に行くのかと。
Commented by kuro at 2004-10-22 20:08 x
>歌舞伎町→歌舞伎座ね。

これ、地でやってしまい>師匠の酒 参照。

つーことで、
今日は終電で帰ろう。
断じて。

っていうか、地元にも寄りたいし…。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-22 20:23
>素でくろさん

見ました。
かなーり克明に想像できて可笑しかった(笑

もう歌舞伎町かな?

いや。
Commented by d_yuuu at 2004-10-23 00:37
うわっ!!!
すっごい恥ずかしいです!慌てて書き込みすぎ(^^;)
で、ひろい過ぎっ!>突っ込みkuroさん&若旦さん。

で、kuroさん、歌舞伎町かなぁ?
へへっ。

はぁ、早く仕事終わらせなくちゃ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-23 01:19
>拾われ豆さん

せっせと拾ってみました(笑

で、
そんな豆さんも今頃は歌舞伎…いやダーツバー??
Commented by d_yuuu at 2004-10-23 01:25
残念ながら会社です。。。はい。

時間が深くなるとダーツバーと騒ぎ出すのは
おっちゃん(もと貴公子)だけです。
しかも私はそこには行った事がないという事実。
だって、“投げる”と騒ぐおっちゃん、
行っても投げないらしいですよ!
いかがなものでしょう、それって。

だから“もと貴公子”になっちゃったんだよなぁ。
今じゃ貴公子は若旦那の、、、、

痛っ!!!
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-23 02:15
>痛豆さん

あらら…そうでしたか。
僕もダーツは趣味ではないです。
いや、正確にはまだその楽しみを覚えていないというか。
だったら歌に…(ひとりごと)

「投げぬなら行くな、行ったら投げろ」
ってな感じでしょうか。どんな教訓だ(笑

泡盛が切れました。
by shinobu_kaki | 2004-10-21 10:33 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(16)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31