桜井和寿詩集「Drawing」

絵に描いたとしても 
時と共に何かが色褪せてしまうでしょう
永遠はいつでも 形のない儚い影
君と共に 僕の元に
そしていつも 僕のノートに


「Drawing」Mr.Children(「It's Wonderful World収録」)
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1213851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いづみ at 2004-10-23 08:46 x
未来の妄想はするけど、基本的に刹那主義なので
「永遠」というのは、何に関しても思わないかもしれない。

例えば、結婚式の「誓いの言葉」とかも、永遠ではなく
その瞬間、「永遠を誓えるほどの気持ち」を宣言しているだけ。
でも、それでいいと思うし。

「Drawing」は苦手。
「Writing」は好きだけど。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-23 08:52
「先の事は誰にもわからない」というのが本当だと思うので、
スライスされた瞬間の積み重ねが「結果的に」永遠になるんであって、
事前に永遠を語るのは眉唾だと思いますね。形のない儚い影。

それでいいんじゃない。

「Drawing」も「Writing」も好きだなあ。
どっちも本職ではないが(笑)
Commented by kuro at 2004-10-23 11:50 x
大好きな曲でありながら、
カラオケでは歌わない曲(歌えない、か?)。

そうですね。
永遠と「思える」「思ってると言って良い」かどうか、
ということなんだと思うです。
もちろん、未来のことは who knows だし。
大事なのはその時の「姿勢」、ですね。
背筋がぴーんと の姿勢ではなく (それも大事だが)。

Drawing、好きだけど最近描いてないなー。
昔は旅行の時にスケッチブック持ってあるってたが。
すっかりカメラになってしまい。

つーか、
最後、「僕のノートに」なのかっ
初めて知った。 ここも「元に」なのかと。
(かっきーの、シカオちゃん『青空』の「ぼくちゃん」空耳には負けるが。)
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-23 12:46
>空耳くろさん

「僕のノートに」は僕も歌詞カード見て、初めて知った(笑
「元に」だと思うよねえ。

琴線に触れる歌詞ってことなんですかねえ、
シカオちゃんの「黄金〜」のサビで毎回ぐっとくるように、
この「僕の元に」のあたりでぐっとくるです。
なんでだろ。


青空耳ねえ。

♪世界中の
♪涙なんか

♪僕ちゃん


…ありえねー。(原文「僕じゃ」)
前後の流れからしてもありえねー。
しかも中途半端なズレのため「空耳アワー」にも投稿できず。

ありえないったらありえない。
Commented by cisco. at 2004-10-24 15:34
永遠なんかがあったら人は時間を大切にしなくなるように気がします。
少なくともワタクシはね。甘えてしまうので。
Commented by shinobu_kaki at 2004-10-25 07:35
>cisco.ちん

終わりがないのって逆に怖い気もしますね。
by shinobu_kaki | 2004-10-23 02:42 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(6)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31