らしくない名文。


まとめサイトで、
【文章力】お前らが衝撃を受けた名文・美文というエントリがあったんだけど、
ピックアップされてる量はほんのわずかながら、なかなか良かった。
僕の好きな中島敦もあったしね。

で、こちらに紹介するのは意外な人の意外な名文。
意外というのは、内容と書いている人が似つかわしくないというか、
誠に勝手ながら「らしくない」と思ってしまうのだ。

まず、文章を読んでみて欲しい。


もう一度人生をやり直せるなら…
今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。
絶対にこんなに完璧な人間ではなく、
もっと、もっと、愚かな人間になろう。
この世には、実際、
それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、
お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。
もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。
もう一度最初から人生をやり直せるなら、
春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。
もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、
もっとたくさんの夕日を見て、
もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。
もう一度人生をやり直せるなら…

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、
構えたり、落ち込んだり…
もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。



これ、誰の文章だと思いますか?
答えはあっさり書いちゃうけど、 P.F.ドラッカーなのである。

ドラッカーというと印象としてはもっと明晰な、
非常にクールな人物像を僕なんか思い浮かべてしまうんだけど、
この文章はとても前向きな若さと、
そして自省にあふれてイキイキとしている。
一言で言うと、人間くさい。

でも本当に良いこと言ってると思う。
やっぱり時間だけが完全に不可逆なもので、
それゆえに貴重だということだろう。

宗教観云々は抜きにしても、人生に二度はないのだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/12708879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matsuyoo at 2011-06-14 17:09 x
ドラッカーさんをさらに好きになりました。
Commented by shinobu_kaki at 2011-06-14 17:39
>matsuyooさん

文章だけ読むと、まさかドラッカーという感じでした。
エントリにも書いているけど、
非常に良い意味で人間くさくて若さがある。
やっぱり「時間」が本質だと思うので、
ドラッカーの書いていることには非常に同意するんですね。
by shinobu_kaki | 2011-05-31 14:36 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31