あのー、ご趣味は?

趣味はナニ?
とか聞かれても、正直よくわかんない。

最近はそんな聞き方する人も少ないんだろうと思う。
「趣味はなんですか?」
なんて、まるでステレオタイプなお見合いの文句みたいだ。

いわゆる「趣味」の欄に書き込まれそうなコンテンツとして多いのは、
「読書」「音楽鑑賞」「映画観賞」
このあたりが王道だったよね(今はどうなのか…)。

確かに僕も週に数冊のペースで本を読むし、
雑誌も見るし、漫画も楽しむ。
でも、そんなのみんなやってることだし、
ことさらに「趣味」なんて言っていいのかわからない。

音楽。
テレビを見ない人はいても、
音楽を聴かない人はいないんじゃないだろうか。
それくらい音楽は人の生活の一部として存在してるよね。

夜、家でネットする時も、音楽かけて酒飲みながらだと、
なんかやたらリラックスできて楽しいものね。

細かい話はほとんど憶えていないけど、
誰かの有名な曲がヒットしたのは(もしくはクラシックの名盤?)、
人間の心臓の鼓動と同じリズムのビートだからだ、
みたいな話もあった。

人間は、言ってみれば「筒状の脈打つ水袋」みたいなもんだから、
リズムというのは実はとても大切だと思う。
さらにほぼ水分だから、満月の磁力によって体調が変わる、
というのも納得できる話だよね。

話題が逸れたので戻そう。

映画は、上の3つの中でもちょっと違う。
もちろん僕の中ではだけど。

映画は「都市生活者の精神旅行」みたいな意味がある。
映画に限らす、ほとんどのエンターテイメントというのは、
「自意識から自由になることができる」を存在理由にしていると思う。
なーんて書くと偉そうだけど、ようするに、
「日頃のヤなこととかを忘れて、夢中になれる」
ってことね。

映画を観ることは、
他人の人生を少しの間だけ生きられることだといえる。
もちろん完全にシンクロするわけじゃなく、
主人公の気持ちを、その状況を、風景を、ヨロコビや哀しみを、
「はざま」でかいま見る、その状態が快感なんだと思う。

あと、どんな映画でも描かれているものは基本的にはひとつだ。
それは、主人公の心象風景。
派手なアクションでも、壮大なスペースオペラでも、
非道なピカレスク・ロマンでも、
観客が感情移入できるのは描かれているのが心象風景だからだ。
それが骨子だと思う。
精緻なCGも、美しいランドスケープも、そんなものはすべて、
海老フライのコロモのようなものだろう(という例えはいかがなものか…)。

だから映画は趣味というより「滋養」に近い。
旅のそれに近いんだよね。
もちろんリアルとバーチャルの違いはあるけれども。

「非日常」という「あっち側」に行って、
気持ちをフレッシュにして帰ってくる。
泣いたりできるほど感情移入できれば、なおのこと良い。
「あっち側」に行くことで、「こっち側」である日常のあれこれが見えてくる。
つまり、相対化できる。
そのおかげで日常をなんとかスポイルされずに漕いでいける。
だから映画は自分にとってすごく重要。
もちろん小説にもそういう効果があるけれども。

だいたい「趣味」の定義ってナニヨ?
と思って辞書で調べると、
「利益などを考えずに、好きでしている物事」という
「まあ、そりゃそうだけどさあ」な答えが書いてあった。

損得抜きで、好きでやってること?
ありすぎて限定できない!(笑)

今はこのブログ書きが趣味と言えば趣味だ。
ただ、ひとつの記事に関してそんなに時間はかけないので、
(というか、忙しいとかけられる時間があまりない)、
仕事のあいまに思いついたらちゃちゃっとアップしてみてる。
たいして練ってもいない。練るほどの内容でもないしね。
一回見直すくらいでえいやっとアップ。すぐだ。
むしろ、人のブログを見てまわる時間のほうが長いかも。
そしてそれはすごく楽しい。

でも、「インターネット」を含めたこれらを
いわゆる「趣味」と定義づけしづらいのは、
読書も音楽も映画も、すべてブログにフィードバックされてるからだ。
読書などの「趣味」が料理だとすれば、
このブログは皿のようなものだといえる。
好みや体験、気になったことなどのあれやこれやの、
自分という全体を総括している。

ブログは、自分自身に近いのかもしれない。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1285167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いづみ at 2004-11-08 14:44 x
や~っと、コメントしやすいネタがUPされた!
政治・スポーツネタは苦手です。。。。。

>「趣味」の定義ってナニヨ?
>「利益などを考えずに、好きでしている物事」

だったら、私の趣味は「恋」です。
「趣味は?」って聞かれても、特にないから困る。
「世界旅行」と答えたいけど、年数回しかいかないものを趣味とは言えないし。
昔、私のブログに
「趣味を聞かれて、読書と映画鑑賞」
しか言えないのはつまらない男だと書いたけど(笑)
私自身も、そういう意味ではつまらない女(いつも偉そうなこと言っててすみません)。

ブログは今、一番情熱を込めすぎて趣味の域を超えました(笑)

Commented by shinobu_kaki at 2004-11-08 15:29
旅行って「仕事の合間の余暇」というよりも、
旅自体がメインの人生という人も多い(笑)から、
趣味とは言いづらいよね。

読書と映画、たしかに一般的だけど、
いろんな本を読んで、いい映画たくさん観て、
という人ならきっとつまらなくないと思います。
同じ趣味でも、内容によるさね。
Commented by kuro at 2004-11-08 16:30 x
>ブログは、自分自身に近いのかもしれない。

そうなんだよね。
ぼくは未だ(というか、この先も多分、ってどうだか分かんないけど)、
blogやってないわけだけど、いろんな人んとこ見ると、もうなんだか、
普段の付き合いだけでも本来なかなか見えないような、
その人のある(深い)一面(brogによってはかなり全面)が、
まったく面識のない他人にしてかなり伝わってきてしまうんだよね。

かっきーとか、もう何度となく飲んだり歌ったり(眠ったり)飲んだり歌ったりしてるので、
人と成りがリアルとブログとで質的にきちんとシンクロするので、
なんてーか、気兼ねなくというか自信を持って突っ込めるというか(なぞだー)、なんだけど、
ブログが「自分自身に近い」分、面識のない人の所に書くのって、
個人的には結構考えてしまう。正直。

双方の持っている相互の個人情報量・質の圧倒的格差、というか。
かといって、丁寧な自己紹介なんてコメントで書けないし。

その辺りが、掲示板とかとは凄く違いを感じるんだよねぇ…。

あんまし深く考えずに書けばいいのかもだけど。

って最近はもう解禁して書いちゃってますが。
Commented by shinobu_kaki at 2004-11-08 17:38
そうですね、情報量においてフェアじゃないというか。
ブログなりHPでの文字だけでの付きあい、といった場合、
親密になるのはかなりの時間を要すると思います。
「向こう側に人間がいる」と分かってはいても、
直接に会うんでなければ、ガラス一枚隔てられてるのと同じ。

人のトコロにコメントするときに、
僕はブログを持ってるから、名前から飛べるようにアドレスを貼ればいい。
でも、くろさんのようにブログを立ち上げていなければ、
ちょっとしたビジター状態で、
「あやしいものではございませんよ」という証明が難しい(笑)


>普段の付き合いだけでも本来なかなか見えないような、

そうですね。
面と向かってはちょっと言えないようなことも、
ひとりごちるやうに書いてしまえるのでござゐます。

しかし、ブログに限らず、ホント個人発信の時代。
フリーペーパーが増えたのもその一環だと思われ。
まさにネット的世界。
大事なものは個人のフットワークとクリエイティビティ、ですな。
Commented by ユウイチロー at 2004-11-08 21:52 x
都市生活者にとっての精神旅行。
地方生活者にとっては都会に触れる扉でしょうか>映画鑑賞

ちなみに僕は地方都市生活者(笑)
Commented by shinobu_kaki at 2004-11-08 23:21
>ユウイチローさん

映画って「街」の娯楽、だったなあ小さい頃。
僕は実家が「田園」だったので、
映画館に映画を観に行くってのはかなりスペシャルな娯楽でした(笑)

いまでこそ、住んでる場所は都心と言えるが、
基本的に生粋のいなかもんだしね。ワタクシ。
by shinobu_kaki | 2004-11-08 14:19 | ライフ イズ | Trackback | Comments(6)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30