ここんとこ買った本たち。

ここ3〜4日のあいだに買った、本やら雑誌やら。
やはり人生に本は必要なのだ。



「20人のデザインノート」(誠文堂新光社)

特集:20人のアートディレクター。
かなり仕事の様子が細かくフューチャーされてあって面白いが、
特集されるようなADっていつも一緒である。
すなわち佐藤可士和、大貫卓也、タナカノリユキ、
藤本やすし、野田凪、佐野研二郎…。
でも「デザインの現場」とかの本に比べても、密度が濃い感じ。
好きな人や同業者は買って損はないと思う。
大貫卓也の「愛知万博のシンボルマーク」のアイデアスケッチ、
数が多くてクラクラしちゃうぜ。
思えば大貫デザイン、今の会社入る前に面接受ける話があったんだよなあ。
先に今のとこの採用が決まったので受けなかったんだけど。



「ほぼ日刊イトイ新聞の本」糸井重里(講談社文庫)

ご存知「ほぼ日」ができるまで、の苦労やら工夫やら試行錯誤やらを、
詳細かつ軽快に描いた一冊。
「インターネット」というメディアにおける、
世の中へのコミットメントの可能性とか、
ちょっとした組織論みたいな部分もかいま見えて、とても面白い。
ただいま1日100万アクセス超、らしいです。すごいネー。



「広告批評 11月号」(マドラ出版)

特集は「世界のコマーシャル2004」。
年に一度のCD-ROM付き海外CF特集。
カンヌグランプリのってやっぱなんつーか面白い。スケール大きいし。
たしかに海外のCFってクオリティ高いし、
一種それだけで映像作品として完成されてるのだけど、
NIKEなど一部のブランドを除いて、
クライアントは満足してるのかしらん、とか思ったり。
クリエイターの私物っぽくなってない?
まあそういう部分(場所)は必要なのかもだけどさ。



「コミュニケーション力」齋藤孝(岩波新書)

「コミュニケーションとは情報の伝達だけではない、
意味と感情の「キャッチボール」でもある。つまり、相互的なもの」
という概念的な話から、
「家族」「フィジカル」「相づち」「自我」「セックス」などのキーワードを経て、
「コミュニケーションの基本かつ奥義は『沿いつつずらす』ことにある」と。
昨日、書店のレジ横にあったんで衝動買い。
なんで、まだたいして読んでません。これからこれから。
でも、かなり面白そう。



「地球のはぐれ方」村上春樹ほか(文藝春秋)

昨日の夕方、遅めのランチをとっていたら友人のササからメールが。
「ところで『地球のはぐれ方』はもう買いましたか」
すぐさま、ぺけにょーんと返信。「なにそれ?」
そしてその直後に書店にて購入。
ムラカミ隊長はじめとする「東京するめクラブ」が、
名古屋、熱海、ハワイ、江ノ島、サハリン、清里を「探検」。
いい具合に力の抜けた、お楽しみ旅行記。
というわけで、これもまだ序盤しか読んでいないが、
ボリュームもあり、ゆるりと楽しんで読めそうである。



「Number 615号」(文藝春秋)

サッカー日本代表インタビュー特集。
表紙は最近ノっていると見られる鈴木隆行。
中村俊輔「感覚が支配する世界」
宮本恒靖「アジアの甘さが見えた時」
鈴木隆行「ここ一番の男」
福西崇史「『最強説』を巡る冒険」
三浦淳宏「朝の来ない夜はない」
大久保嘉人「ストライカーやんちゃ問答」
大黒将志「点取屋・フィジカル問答」
などのインタビューほか、
「バンビーノの呪い」を解いたレッドソックスの記事など。
相変わらず写真キレイやね。
あと、福西のインタビューが面白かった。
同業であるサッカー選手達の間で、
「福西最強説」が囁かれているという。
ジュビロのコーチだった菅野氏曰く、
「彼を中心にチームを作りたいと思ったことがある。
ブラジル代表でジュビロにも在籍したドゥンガを超える力がある」
とかなんとかかんとか。
ジーコの「4人」に割って入れるか。
ただ、欲がなさそうなのが心配。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1298819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 太陽がいっぱい at 2004-11-12 09:01
タイトル : 秋田豊(名古屋グランパスエイト)の言葉
運は常に上を目指して努力している人間にしか巡ってこないもの一流のスポーツ選手の言葉って、どうしてこんなにダイレクトに響くのだろう。 ... more
Tracked from あまえんぼう将軍いわく at 2004-11-12 11:22
タイトル : 応援します!愛知万博!!
愛知万博 今年の日本シリーズ中日-西武の始球式に登場したキッコロ&モリゾー。 キッコロ&モリゾーは2005年愛知万博 愛 地球博のマスコットキャラクター。 キッコロ&モリゾーの休日 キッコロ&モリゾーは あにきゃらせんげんでも 応援しているキャラクターでもある。 まもなく開幕!と盛り上がるはずの愛知万博。 しかし、現在、パビリオンのアテンダントが足りないようだ。 これはアテンダント急募の告知文である。 -------------------- 来年の3月から9月まで開かれる愛知万博の 「...... more
Commented by kuro at 2004-11-11 18:25 x
>「コミュニケーションの基本かつ奥義は『沿いつつずらす』ことにある」と。

まさしく。
これを追い求めつつ、
日々コメント書いてます。

奥義だったんすか。

そーですか。


しかし、
今日はNGな日だった…(全然沿ってないけど)。
Commented by 0022 at 2004-11-11 18:49 x
ためになります。
Commented by チェス at 2004-11-11 19:18 x
shinoBOOKSのラインナップ、イイですねー。
参考にさせていただきます。
そう言えば僕はアフターダーク以来
本も雑誌も買ってなかったのでした。。。
ああ、活字が恋しい。
Commented by shinobu_kaki at 2004-11-11 19:24
ふう、ひと休み。
PDFファイルって出来るの遅いんだよね。

>奥義くろさん

こないだ東銀座でちょいと話したことにも通ずるような。


Commented by shinobu_kaki at 2004-11-11 19:26
>OO22さま

ようこそ、お初です。
上記ラインナップ、個人的に滋養強壮ありです。いいです。

そちらのページにも、のちほどお邪魔します。
まだ、トップくらいしか見れていませんが。

Commented by shinobu_kaki at 2004-11-11 19:28
>チェス氏

どもども、ごぶさたです。
相変わらず(いっそう?)忙しいようで。
自転車通勤、その後どうでしょう。

活字がないと死んでしまいますよ。
活字を摂りましょう。
Commented by いづみ at 2004-11-11 22:05 x
きなこもちチロル、売り切れでした!
もしや、これから大流行する??

Number、電車内の広告見たけど……
どうして私が好きな選手が特集されないのか不思議で仕方ない。
ず~っと代表入りしてるのに!

>「地球のはぐれ方」村上春樹ほか

これ、面白そう。
旅行本は大好き(そんな買ってないけど)。
Commented by shinobu_kaki at 2004-11-11 22:54
>いづみちゃん

地球のはぐれ方。
面白そうだったけど、旅の範囲がなんというかぬるく、
いわばドメスティック。
そのぬるさゆるさがいいんでしょうけどね。
ていうか初っぱな「名古屋」ってね…。


>どうして私が好きな選手が特集されないのか不思議で仕方ない。

それはひょっとして華が …痛っ!!


Commented by あい at 2004-11-12 08:22 x
「名古屋」は地球ではぐれているんですか?
まあ、おもしろい文化の宝庫ではあるけども。

年1で逆帰省していたのに、今年は行かなかったな~。>元名古屋嬢。

Commented by あちゃ at 2004-11-12 09:10 x
コメント有難うございます。

あの言葉、秋田選手だから、響く言葉であり、また鈴木選手を評価するのに最も適してる言葉だと僕は思いました。

イチローとか松井秀喜、サッカーで言えば、中田英寿や中村俊輔、小野伸二が発言したとしても(しないだろうけど)、秋田選手ほどは心に響かないと思うから。

秋田や鈴木は、もちろん才能もあっただろうけど、それ以上に周りがみて、努力をしてきたと思える選手だから。

Number大好きです。
Commented by shinobu_kaki at 2004-11-12 11:26
>あいさん

まず、名古屋のとこだけ読みました。
「アメリカでいうとロサンゼルス型」なんだそうです。
東京と違い、道や街などすべてが広く、拡散傾向。
車がないと移動が困難。
「持ち家率」が高く、東京よりは物価も低いため住みやすいが、
お金を使おうと思えるコンテンツに乏しい、
とかなんとか。

おもしろ文化って事で言うと、
「食」が凄い、と。
東京の蕎麦屋ではざるとかもりとか、
あっさりした一品ものが一番出るものなのに、
名古屋は、
「味噌煮込み親子えび天うどん」だとか。

面白し。
Commented by shinobu_kaki at 2004-11-12 11:30
>あちゃくん

秋田って、鹿島の弱かった時代からいて、
ジーコが育てて急成長をしたアントラーズとともに、
自身、日本代表まで登り詰めたという意味では、
日本サッカーこの10年の象徴みたいな選手だよね。
カズとか中山とはまた違った意味で。

あと、インタビューを読んで、
思った以上の鈴木の天然さにちょっと笑ったんだけど(笑)
あんなに欲がないくせに、
代表のフォワード張ってんのは凄い。
by shinobu_kaki | 2004-11-11 14:11 | shinoBOOKS | Trackback(2) | Comments(12)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31