読書について。

自分は「積ん読」というものがあまりできない。

つまり読みたい本はその時すぐに読んでしまわないと、
最終的には手を出すことなく通り過ぎてしまう。
だから、本屋で買ったり図書館で借りたりする時は、
「今これが読みたい」と思ったものしか基本的には手に取らない。

でもたまには、そんな自分の性向を無視してしまうこともあって、
「あまり興味はないんだけどこれ読んでおくといいかもしれないな」
みたいな中途半端な気持ちで本を借りてくるとだめである。
まず十中八九、最後まで読まずに終わってしまう。
やはり自分の感覚に正直になるということは大事なのだ。
僕の場合がとりわけそうなのかもしれないけど。

というわけで僕の家にある本棚の本は、
基本的にはすべて既読である。
こういう人は多いのだろうか?よくわからない。

世の中を見渡すと、ものすごい量の本を読んでいる人がたくさんいて、
(映画もそうですけど)そんな人の前では、
「本?けっこう読みますよ」なんて軽々しく言えない空気がある。
しかも読書家と言われる人は、量だけでなく、
非常に多岐にわたる分野の本をカバーしていておそれいる。
そうした「読書民族」と比べてしまうと、
僕はそんなにたくさん本をきていないのだなあと思ってしまう。

でもまあ、他人と比較してどうこうするものもないので、
あくまで個人的な楽しみとして、日々読書して行こうと思っています。


ちなみにここ数年に読んだ本はこちらに記録してます。
このブログカテゴリと同じタイトル「shinobooks」。

ブクログ(僕の本棚)
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/13119040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ceeno37(motokicks) at 2011-07-22 07:42 x
最後のshinobooksに笑ってしまいました。

私は読書家ではなく、どちらかと言えば、本の佇まいが好きな人間でして、

自分で撮った写真をカラーコピーして本を作ってるのですが、
そのブランド名を同じshinobooksにしているので、ふふふ、とほくそ笑んでしまいました。

しかし、いろいろ読まれてるじゃないですか~(´▽`)
Commented by shinobu_kaki at 2011-07-22 08:31
>ceeno37(motokicks)

奇遇ですね!>ブランド名

本をオブジェとしてみるというのはわかります。
テキストの集積というだけでは少々足りないものがありますよね。

写真、一種の自主制作ですね。いいですね。
Commented at 2011-07-22 11:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by shinobu_kaki | 2011-07-22 07:11 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(3)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30