ザ・ロードムービー。「モーターサイクルダイアリーズ」

医学生エルネストは23歳。
友人のアルベルトは29歳。
ブエノスアイレスの青年2人は中古のバイクに2人乗り、
南米をめぐる旅に出る。

貧乏旅行は道中多難。
カーブに転び、雪道に凍え、テントは風に飛ばされ、
見知らぬ家の扉を叩き、宿と飯とを惨めにタカる。

それでも2人はへこたれず、
雪のアンデスを越え、チリの夜に踊り、
酔っ払いに追われ、病に苦しみ、あるいは病人に薬を与え、
海岸線をひた走り、途中唯一のバイクをロストし、
ペルーの山道からインカ帝国の首都クスコ、
そして神秘の空中都市マチュピチュを訪ね、
船に乗り、イカダを漕ぎ、砂漠を横切り、ヒッチハイクを繰り返す。
あらゆる人と出逢い、あらゆる人と語らい、
特に若き青年エルネストの、
人生観が変わってゆく様子が瑞々しく描かれる。

エルネストとはエルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。
後にキューバ革命において世界の英雄となる、
あの“ゲバラ”その人だった---。

a0022014_12301632.jpg


これぞロードムービー。
南米に行ってみたい、また興味のある人は必見。
実際にアンデスを、マチュピチュを、アタカマ砂漠を
旅したような気にさせてくれます。
荒涼とした南米の自然の厳しい美しさに圧倒されることでしょう。
そして旅においての、人との激しく刹那なつながりがいかに大事で素晴らしいか。
お調子者のアルベルトと、一本気で嘘のつけないエルネストの対比が面白く、
後の世に革命家として名をなすエルネストですが、
そういったカリスマの本性というのは極めて真面目で純粋である、
といったことが謳われていると思いました。

個人的にはペルーに昔から興味があるんですが、
インカというのは非常に高度な文明を持ちながら、
ピサロ率いるたった200人のスペイン人たちにあっさり滅ぼされた国ですよね。
その理由はいまもって謎が多いともされていますが、
一説にはインカ人が白人達を「伝説の神の使い」と見てしまったとの話もあります。
「白き太陽神の使い」を闘う対象として見られなかったんですね。

富士山ほどの標高の街・クスコのシーンでは、
見事なインカ時代の石組みを見ることができます。
有名な「12角の石」もラスト近くのショットで見られますが、
今の技術をもってしても、これらの石組みを再現するのは難しいとされ、
映画のなかでもケチュア(だと思う)の子どもガイドが、
スペイン時代以降の石組みの稚拙さに対して、
インカの技術の見事さにプライドを持っている、
そんなようなことを言うシーンがあります。
「失われた街」クスコと、スペイン人が創った雑多な都市・
リマ(ペルーの首都)を見比べて、
ある繁栄が何かの犠牲のもとに成り立っている事実に何かを感じるエルネスト。
「世の中の理不尽さ・弱者の不公平さ」に憤りを覚え始める、
映画はそんなエルネストの心の動きを追っています。

というか青年ゲバラ役のガエル・ガルシア・ベルナルはカッコ良すぎ。
パーフェクト。


予告編を初めて見てから、
「これはきっと面白いぞ」と見込んでいた映画でしたが、
まさに期待にそぐわぬ素晴らしさでした。
見た後は、遠くへの旅から帰ってきたような、そんな心地よいぐったり感が。
バカラのイルミネーションがキレイな恵比寿ガーデンプレイス、
11月のガーデンシネマは、まだ混み混みでした。



「モーターサイクルダイアリーズ」(2004年イギリス=アメリカ合作)
   監督:ウォルター・サレス
製作総指揮:ロバート・レッドフォード
 キャスト:ガエル・ガルシア・ベルナル
      ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
      ミア・マエストロ
   提供:日本ヘラルド映画、アミューズソフトエンタテインメント
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1315190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 月下独想 at 2004-11-15 18:41
タイトル : モーターサイクル・ダイアリーズ
ついに観てきました。 モーターサイクル・ダイアリーズ。 本で読んだ世界、 彼らが辿った道を映像で追えて感激。 映画としても申し分ない出来! ... more
Tracked from 蛇のように鳩のように at 2004-11-15 23:29
タイトル : モーター・サイクル・ダイアリーズ
「フーセル」というのは,激しい心という意味らしい。 友人アルベルトのつけたチェのあだ名だ。 あだ名どうりチェ・ゲバラは 激しくも極上の優しい心を持った男だった。 1952年。喘息持ちの23歳の医学生ゲバラは7歳年上のアルベルトとバイクで南米縦断の旅に出る。ブエノスアイレスからチリの北端まで一万キロの旅。所持金は僅か。バイクは故障続きの冒険だ。 キューバ革命の立役者,そして永久革命家という20世紀の英雄チェ・ゲバラ。ジョン・レノンも「あのころ世界で一番かっこいいのがエルネスト・チェ...... more
Tracked from Pocket Warmer at 2004-11-16 01:42
タイトル : 映画: モーターサイクル・ダイアリーズ
邦題:モーターサイクル・ダイアリーズ 原題:THE MOTORCYCLE DIA... more
Tracked from ::: 渋谷発!我等 .. at 2004-11-20 16:46
タイトル : ■ 「モーターサイクルダイアリーズ」 ゲバラの青春
チェ・ゲバラの青春時代を映画化した作品。 率直に言って、なかなか良かったです。 一観客としてはどうしても、 「いかに革命家ゲバラが誕生したか?」 と肩肘はってみてしまうのですが、若くて情熱にあふれたごく普通の若者が、旅先でいろいろなものを目にし、体験し、感じて、自分の生きる道を見つけていく様が、過激にではなく、しっとりと描かれています。この映画のトーンやニュアンスは結構好きです。派手すぎず、バランスのとれた感じ。ラストも非常に「粋」でした。 特に、ハンセン病の専門医を目指していたゲバ...... more
Tracked from SEIZE THE DA.. at 2004-11-20 23:24
タイトル : THE MOTORCYCLE DIARIES(モーターサ..
THE MOTORCYCLE DIARIES(モーターサイクル・ダイアリーズ)を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。 超よかったです。友情・愛情・青春・生き方すべてが詰まっている、最高の映画でした。整理券配布でやっと入れる単館ロードショーですが、時間を見つけて是非見に行ってもらい... more
Tracked from Matsuno-FC B.. at 2005-01-09 23:11
タイトル : モーターサイクル・ダイアリーズ
☆『モーターサイクル・ダイアリーズ』を7日に恵比寿ガーデンシネマで観た。これは若き日のゲバラが南米大陸をバイクで横断し、そこでの人々の出会いによって、ゲバラの何かが目覚めていく作品である。その過程において、のちに革命家となるゲバラがどのようにして生まれ... more
Tracked from befounddead at 2005-01-17 19:36
タイトル : モーターサイクル・ダイアリーズ
THE MOTORCYCLE DIARIES (2003年イギリス/アメリカ) 2004/12/30@恵比寿ガーシネ あらすじは、どこかほかのところで。 以下、ネタバレなしで。 後に「20世紀のイコン」のひとりに挙げられる革命家、チェ・ゲバラの学生時代に体験した旅行記的映画で、簡単に言えばロードムービー。なのかも知れないけど、「若き日のチェ・ゲバラを描く」っていうところに焦点があるせいか、わたしにはロードムービー的なものよりも、旅を続けるうちにどんどんチェ・ゲバラの目や表...... more
Tracked from Hush!! at 2005-03-08 03:22
タイトル : モーターサイクル・ダイアリーズ
やっと観てきました。 若き日のエルネスト・ゲバラというのもさることながら、『Central do Brasil セントラル・ステーション』の Walter Salles監督の最新作と聞いては、見逃すわけにはいかない。 ">『Central do Brasil セントラル・ステーション』 ジョズエとドー... more
Tracked from さるおの日刊ヨタばなし★.. at 2005-06-01 01:26
タイトル : 映画鑑賞感想文『モーターサイクル・ダイアリーズ』
さるおです。 チェ・ゲバラの著作『モーターサイクル南米旅行日記』と親友アルベルト・グラナードの著作を下敷きに制作された映画『THE MOTORCYCLE DIARIES/モーターサイクル・ダイアリーズ』(原題は『Diarios de motocicleta』)を観たよ。 監督は『CITY OF GOD/シティ・オ..... more
Tracked from cube1555.com at 2005-06-24 18:06
タイトル : モーターサイクル・ダイアリーズ
てゆーか、チェ・ゲバラって誰?という、無知な私が、実話だったとも知らずに観た映画。・・・お恥ずかしい(^^;若者二人がボロボロのバイクで南米横断の旅に出て、そこで出会う人々の優しさや、貧しさや、差別に向き合う。というか。エルネスト・チェ・ゲバラを演じてる俳...... more
Commented by みかち at 2004-11-15 15:32 x
おー、見たのだね。
エビガのイルミネーション、
エビガで働いていた当時はあの人混みが非常に腹立たしかった。
ここは観光地でもなんでもなく職場なんだよ!って思いながら歩く歩道を逆流していた。

でも、勤務地が変わった今は、平然と幸せそうな笑顔を浮かべてバカラのシャンデリアを見に行く。笑

あたしはもうちょっと落ち着いてから見に行きましょかね。
その前にオールド・ボーイ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-11-15 15:38
>みかっち

エビガは一部の人を除いては、観光地ですから(笑)

映画館、混んでたよ。
イチバン混むと思われる夕方の回だったしね。
夜7時からの回とかならわりと空いていたが。
で、やはりこれもスクリーンで観たほうがいい系です。
「オールド〜」感想待つ。

あと、「大人の〜」紹介されたの、すごいねえ。
丁寧に褒めてもらっていたしね。
またアクセスも伸びるのでは。

Commented by いづみ at 2004-11-15 20:02 x
ヨン様、恋人と破局したね~
自分が二番手なわけじゃないけど、なんか嬉しい(アホ?)。

チリのアタカマ砂漠、ずっと憧れてるけど
いつになることやら(涙)

Commented by shinobu_kaki at 2004-11-15 20:31
>いづみちゃん

>二番手なわけじゃないけど、なんか嬉しい

というのはどうなのか…(笑)

やはり、マッチョになりすぎたのが敗因か。ペ。
Commented by ティエン at 2004-11-19 01:23 x
トラバありがとうございます。
コメント欄には見慣れた名前が、フフ。

革命家が純粋な人だっていうのはよくわかります。

しっかし、映画で出てきたシーンは本当に綺麗でしたね。
南米には時間見つけて行きたいなーと思ってますよ。
Commented by のこのこ at 2005-07-04 22:29 x
これ、私も好きな映画。今更ですが感想です。

アホで無邪気な若者たちがおもしろマジメな旅の終わりにゲバラが最後のスピーチでボクはこの旅で変わった、と言ってるけれど、
私が一番感じたのは、「なぜ旅をしているの?」と聞かれて「旅をしたいから」と答える、そこなんですよね。

この旅、毎日いろんなことがあって、トホホなこと、辛いこと、楽しいこと、そういうエキサイティングなことにガンガン遭遇はするけれど、それは旅という日常であって、特別なことじゃない。ただ、旅をしてるだけ。そして旅の途中は旅の向こう側にあるものをじっくり考えたりはしないんですよ。
そんな旅の毎日の中で、いろんなことが体に染込んで、いつのまにか「ラテンアメリカはひとつだ」「民族もひとつだ」と身をもって知ってしまった自分がいることに気がついたりするわけです。
なんかね、そういう「旅」の醍醐味を私はこの映画におおいに重ねてしまいましたね。 

とにかく映像がきれい。クスコもマチュピチュも本当に行きたくなりました。アレを思い出した。私の大好きな映画、イル・ポスティーノ。
Commented by shinobu_kaki at 2005-07-07 15:52
>のこのこさん

昔の記事にありがとうございます。

>旅の途中は旅の向こう側にあるものを
>じっくり考えたりはしないんですよ。

なるほどねえ。
すべて「終ってから感じるもの」ということでしょうかねえ。
なんかそれって、
普段というか日常と重なる部分があるかもしれませんね。
考えるな、ただ旅をしろ、みたいな。

マチュピチュに憧れてた身としては、
普通にひとつのシーンとして出てきてるのに感激。
イル・ポスティーノは、
かなり前から観たい観たいと思っているのに
まだ観ておりません。
そのウチ借りてこようと思います。
なぜかこないだ、家にある「レインマン」を観たりして。
懐かしかった。トム若し。
by shinobu_kaki | 2004-11-15 12:22 | 人生は映画とともに | Trackback(10) | Comments(7)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30