歴史と変えた誤解と、二十世紀の予言。

あの読み応えに満ちた「昭和史」の記憶も新しい、
文春元編集長の半藤一利による歴史対談集。
タイトルは少々イマイチな「日本史はこんなに面白い」というものだが、
中身は文句なしに面白い。
奥付を見ると、初出は2008年となっている。

まあ、僕も40の声がそろそろという年齢になり、
世間的には「おっさん」と言われる世代ではあるので、
こうした歴史ものについての嗜好が色濃くなってきた感は否めない。
まあ、実際はもっと昔からこういうの好きでしたけど。

全体を通して印象的だったのは、
この半藤という人の頑固な部分というか、譲らないところ。
対談ってのはわりかしスムーズに流すために、
対立をみた意見というのはホスト側が折れたりしながら、
なんだかんだとスルーしてやってくケースがそれなりに多いものだ。
だがこの人は折れない。
例えば聖徳太子の十七条の憲法についての話では、
「和をもって尊しと為す」というあの有名な第一条の解釈で、
崇峻天皇暗殺を蘇我氏と画策した太子本人の自省のあらわれである、
という自説を曲げないんだよね、相手が否定していても(笑)
こういうとこ、読んでて面白かったですね。
非常に人間くさい部分が行間から立ち現れて来る。

内容について個人的に白眉と思ったのは、日本を太平洋戦争へと導く、
その前夜における日本の暗号解読の致命的ミスについての話。
それから「昭和史」にも詳しい昭和天皇の終戦前後の葛藤の話、
後は、まさにさっき読み終わった最後の対談、
丸谷才一との「二十世紀の予言」の話かな。

暗号解読の章でのひどい勘違いとしては、
例えばこんなものがあった。一部抜粋・編集して引用。

半藤 ハル・ノートはアメリカが最後通牒として突きつけて来た文書です。
 そこで問題は「チャイナ及びインドシナからの完全撤退」という部分。
 ここに書かれた「チャイナ」に、果たして「マンチュリア(満州)」は
 含まれるのか。アメリカはだいぶたってから、
 あそこに満州は入っていなかったと言い出すんですんが、
 日本では、外務省も軍部も入っていると思ったというんです。
 戦後20~30年たった頃、東条内閣の国務大臣で開戦に関わった
 鈴木貞一さんという元軍人と話していたら、
 「え?あれ、満州国、入ってなかったの?」と目の前で叫んだんです。
 「鈴木さんは入っていると思ったの?」と聞いたら、
 「日本のリーダーは、みんなそう思っていたよ」と。
 (引用ここまで)

…なんというか、ひどい話である。お粗末に過ぎる。
そうした細部のディテールを確認するという発想がなく、
あるいはあっても実行できないこということが、
国の命運というもっとも大切な部分において、
あまりにも強烈なデメリットとして甘受せざるを得なくなるのである。

いま思うと頭がおかしいとしか思えない話であるが、
当時はこれが現実的な外交の正体だったというのは悲しくなる。
じゃあ現在はどうなのかと言われると、
それはそれで決して上手くやってるという印象はないのですけど。
まあ有事だからね。色んなことが浮き彫りになる。

最後に、石原莞爾の話から始まる「二十世紀の予言」の章を
少し長めに引用して終わりとしたい。

丸谷 石原莞爾が人心を圧倒する理由のひとつとして、
 原子爆弾が登場するという予言が当たったことがある。
半藤 「今にマッチ箱ひとつで都市が吹っ飛ぶような爆弾ができる」。
丸谷 やっぱりすごい予言性ですよね。ただし、
 「満州国をもって五族共和の王道楽土にする」という、
 あの予言は当たりませんでした。
半藤 もう少しで当たりそうだったんですけどねえ(笑)
 (中略)
丸谷 19世紀の最後の年になりますが、アメリカではカーネギーが
 「産業と科学技術の進歩のせいで20世紀には戦争はなくなる」
 という大予言をした。
半藤 面白いねえ。とんでもない大はずれ。
丸谷 さらに1903年12月8日、アメリカのラングリー博士という研究者が、
 ワシントンのポトマック川で見物人をいっぱい集めて飛行機を飛ばした。
 その飛行機は飛び立った途端に川の中へ落ちて、
 ニューヨーク・タイムズは「飛行機はいずれ完成するだろうが、
 それは100万年か200万年後だろう」と書いた。ところが9日後には
 ライト兄弟が飛行機を空に何分間か飛ばしちゃったんです。
 誤報としても凄いし、予言の外れ方としても凄いんです。
 (中略)
半藤 山本五十六の予言もあるんですよ。1940年、昭和15年の10月14日、
 原田熊雄の「西園寺公と政局」の中に出てきます。
 「アメリカと戦争などしちゃいかん。どうしても戦争するとなると、
 アメリカだけじゃなく全世界を相手にすることになる。
 ソ連と中立条約を結んでるが、そんなもの当てにできない、
 ソ連は日本に必ず攻めてくる。日本国土は、特に東京は壊滅する。
 そして俺は長門艦上にて討ち死にする」
丸谷 全部当たっちゃったなあ。
 (中略)
丸谷 私が新潟高等学校で歴史を教えていただいた植村清二先生が、
 昭和20年の4月に、まだ残ってる文科2年か3年の学生10人くらいを前にして
 特別講義をされた。僕は戦争に行ってていなかったんですが。
 最初に黒板の上に「アフター・ウォー」と英語で書いて、
 それから大きな世界地図を書いた。そして、世界はアメリカとソビエトの
 支配下になると、そういうことを論じたんですって。
半藤 はあー。
丸谷 日本は負けるなんてひと言も言わないんだって(笑)
半藤 言わなくてもわかりますよね。やっぱり、見える人には見えるんですね。
 最後に、イギリスの歴史学者アーノルド・トインビーさん。
 当時は英国国際問題研究所長の予言を。
 1932年に、政治学会で喋ったのが残っておりまして、
 「日米戦は必ず起こる」と。
 とても早い時期から未来を見通していたことになる。
丸谷 すごいなあ。
半藤 「そのときは中国、ロシア、カナダ、豪州などが米国の同盟国として
 日本と戦争する。結果として日本は完全に壊滅する。
 日本が壊滅するだけじゃなく、イギリス帝国主義が没落する。
 何となれば、アメリカと一緒になってカナダ、豪州、ニュージーランドあたりが
 俄然力を持つから、イギリス帝国主義は没落する」
 …全部、怖いぐらいに当たってます。彼の目を通すと、
 イギリス帝国主義が没落するのは、歴史の必然だったということがわかりますね。
丸谷 いやあ、すごいもんだねえ。歴史の勉強は役に立つもんなんですね。
 (引用ここまで)

今こうしてる時にも、今後の世界状況を正確に見据えている賢人は、
きっとどこかにいるのだろう。
あるいはネットにどんぴしゃな文章を書き連ねているかもしれない。
しかし、予言というのは全てが終わった後に「予言」として呼称される。
予言はまだ「予言」になっていないのである。

大地震があってから、予言ブログというものが非常に多く出回った。
確かに日付まで当てたものもあり、それは「予言」や「予知」と呼ばれていた。
ただ上記のそれは、単発で地震を当てるようなものとは一線を画す、
言わば「冷静な分析」であり「予測」であるだろう。
だから本当は予言という呼び方を個人的にはしたくないのだが、
人は歴史を語る時に「神の視座に酔う」ものだと思うので、
こういう言葉がやたらよく似合うんですよね。
そう、「予言」とか「黙示録」とかね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/13364777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2011-08-24 23:33 | shinoBOOKS | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31