デザイナーは海原をゆく。

「先行き不透明」だったり、
「ロールモデルがいない」だったり、
「業界そのものの衰退」だったり、
「ある程度以上の年齢になること自体のつぶしの利かなさ」だったり、
まあ仕事に関する不安要素というのはたくさんある。

別に仕事における自己実現的な意味ではなくて、
単純に生きてゆくためのエンジンとしての仕事がこの先どうか?
という話でもあるんだけど。


というわけで欠かせないお金の話。

僕はデザイナー職ではあるけれど、
「デザインが良い/悪い」という部分よりも、
「それが仕事として成立しているか」
「その仕事は要求に応えているか」
「その仕事は望んでいた結果を出すことができたか」みたいな、
言わば味気のないハードな部分に意識と興味がすっかり移ってしまった。
もちろんデザイナーにとっての制作物はそのまま実績であるので、
制作物のクオリティは最重要ということは知っている。
ただ、見た目として「素晴らしいデザインですね」という部分の優先順位は、
自分の場合少し後ろのほうにあるということだ。

つまりマネタイズ的な話である。
お金になるかどうか。
ビジネスになっているかどうか。

デザイン業界はお金の話がしづらい、という風潮がいまだにある。
あほらしいと思う。
事前に金額の話をいっさいせずに仕事をスタートし、
何人かアサインし、日数とコストをかけ、労力を費やし、
ある程度の段階まで進んでから、
「実は今回は予算があんまりないんです」
みたいな話になることだってある。

本当に、あほらしい。

利益は企業の、また、働く者すべての存続条件である。
やましいことは何もない。
本来はそうだと思う。
しかし、それを公言することがどこかやましいものとされるような、
鬱陶しい同調圧力がある気がするのである。

もちろんそんなことにナイーブになってないで、
自分が初めから見積もりをきちっと提示して話をつけてから、
実際に仕事をスタートすればいいじゃないかという向きもあろう。
だが、詳しい話は今回割愛するが、
それができるケースばかりでもないのである。


逆に、自分は外注するときにまずお金の話からすることがある。
まさに仕事を受ける時の自分が、
その内容以上にもっとも重要と思うのが予算とスケジュールだからである。

まあ、どちらかといえばスケジュールが重要かとは思う。
デザイナーにとって予算というのは確かに重視されない傾向がある。
「良いものをつくる」ということに関して、
撮影ができるできないといった直接的な部分を除けば、
予算の多寡は作る本人にとっては(特に会社員デザイナーにとっては)、
問題ではなかったりするのである。
その点、スケジュールはクオリティに直に関わってくる。
精度を上げる、詰める時間があるかどうかに影響するのである。

そんな理由もあるからか、
予算というのはどうにも軽視された時代が続いていたように思う。
だが、デザイン制作をビジネスとして考えた場合、
やはりもっとシビアな予算感が求められてしかるべきではないかと思う。

そしてそれは諸刃の剣というやつだ。
なあなあな関係ではないということは、
良くも悪くもオープンな競争にさらされるということだからである。
何かを変えるということは、良いも悪いも受け入れるということにほかならない。
プラスマイナスはいつでもセットである、ということを忘れてはいけない。


自分にとって「働く」ということは、
船に乗って海原をゆく航海のイメージだ。
どんな船に乗るか。
大きい船かそれとも小さい船か。
船の中で自分の役割はあるか。
船は快適か。
クルーたちとのウマは合うか。
運動不足になってやしないか。
どうしてもたまる精神的なストレスを発散するすべはあるか。
目的地は共有できているか。
そうした「限定された共同体」としての形もまた、
職場という社会の本質なのだと思う。

そして今の船長が老いたらどうするのか?
船を降りるか?船を引き継ぐか?
目的地はそれまでと変わらずでいいのか?
これは誰にも寄らず、いずれ突きつけられる切実な問題であろう。

団塊の世代とそれ以降の世代には明らかな断絶がある。
冒頭に戻るが、「ロールモデルがいない」のだ。
目の前にあるのは、今までに誰も踏み入れたことのない海原だ。
不安があって当然だ。

ただ、誰にとっても結論はひとつ。
ゆくしかない。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/13838166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2011-10-19 08:38 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30