【memo】岡田斗司夫インタビュー

なかなか面白く、大事なことがいくつも書いてあったのでメモ。

「現代のオトナが捨てるべきこと『ネット、トレード、自分探し』」
インタビュー・ノーカット版



「何をすべきかよりは、何をしないかの方が大事であって、することはほっておいてもしたくなるんですよ。おなかが空いたら何か食べたくなるけど、大事なのはおなかが空くことみたいな感じで、変な言い方になるんですけど、何をやらないかをハッキリ決めること」

「向いてない仕事をしてると思うんだったら、その仕事を辞めるのも方法なんだけど、向いてない仕事だなと考えるのをやめる。俺の人生は向いてない仕事をするんだと。だって40歳までしてたんですよ。切り替えつかないですよ。だからダラダラ仕事をすることに悩まない、落ち込まない。そういう無駄なことはやめる」

「20代の頃は視野のパースペクティブが広くないんですよ。時間的なモノが。だから今日何かをやったことが、来週成果が出てないと気が済まない。それで人生のサクセス本とかを読む訳ですよ。20代、30代前半というのは焦って。今やったことで来週とか来月に実りが欲しい訳ですよ。40代になると今やっとけば3年後ぐらいに結果が出るなとか(見えてくる)」

「何かやめる時って、これを続けてる時の、さっきも言った、これは先がないなってことでやめていいんですよ。それでメモリーを軽くしてから考える。転職とは別なんですけどね。転職に関して言えば、次の就職活動をしてから辞めるのがお勧めなんですけど、そうじゃなくて掴みどころのない問題全般を、まずやめてから考えるのが正しいと思います」

「どうやっても20代は振り回されるし、30代もそれが残っているんです。20代は戦争に行ってるんですよ。脳内アドレナリンの戦争に行ってるんです。30代はリハビリなんですよ。40代でようやく生活の再構築をやるんです」

「育児はやった方がいい。育児をやらないと自分が分からないんですよ。自分という人間って、自分の成長と一緒に自意識があるモノですから、今の自分というモノが当たり前にできていると思うんですけど、子供と一緒にいると、俺もこういう時期があったなとか、子供同士のやり取りを見ていると、これ俺にもあったわとか、この時にどうすれば良かったなとか。あの時に親に言われたこととか人に言われたことが、やっと分かる。ようやく答え合わせができるんです。答え合わせを30代のうちにやっておくと、40代になって人に話す時の説得力にレバレッジがかかるんです。2倍、3倍になるんですよ。これは特に男性に言えるんですけど、子供を育てていない男の40歳を過ぎての説得力には、なかなか厳しいモノがある」

「仕事の負荷は年齢が上がるに連れて下がるんですよ。20代の頃って仕事が難しいけど、30代40代になるとどんどんやりやすくなってきて楽になるから、仕事に打ち込むのが逃避になっちゃうんです。それはやらない方がいい。40代は手を抜かないと、そいつは働いてないってことです。手を抜けば抜くほど誰かに任せてると。それが人を育てるってことになるんです」

「見つけるのを今考えるとダメなんですよ。空き時間を作ってから!メモリー98%の状態で考えちゃダメ。まず台所を片付けよう。メシ作るんだったら」

「本当にやりたいことがないと分かったら、周りの人のために生きて行けばいいんだし。でも時間作った結果、何かやりたいことがポコッと出るんですよ、人間って」

「仕事と自分を含めてのコントロールなんですけど、責任を持たないことですよ。どうなってもいいと思って任せるしかないです。俺は給料を貰ってるけ ど、俺を雇ったのは会社だから、こんな俺を雇ったのも会社の責任。こんな部下を雇ったのも会社の責任。俺はこいつに任せた。だから、なんとかなるだろう と。そうやって、ある程度の無責任性がないと40代って、頼りない20代を見てる訳じゃないですか。それで自分の仕事は分かるじゃないですか。そうすると 全部抱えて苦しい40代、任せて貰えない20代、間で右往左往する30代が残っちゃうんですよ。これをするぐらいだったら任せて、後は野となれ山となれで ドンと渡したら、部下は勝手に悩みますから」

「身を軽くしないと筋力が落ちているから、これまでの重装備で山登りができると思ったらえらいことになります。俺たちは軽いリュックとかナップサックとか軽装じゃないと行けないんですよ」

「育児をやっている最中は、何でこんなことを始めちゃったんだろうと思うんですけど、一段 落して終わってみたら自分の中に一部屋増えたみたいな圧倒的な余裕が生まれるんです」

「自分の人生で本当にやりたいってことをできた人なんてなくて、たまたまそれが面白くて、うまくいったことが運ぶじゃないですか。それしかないですよ。人生をうまく運ぶコツというのは。できるだけ多層の小さいやりたいことを、リスクがなくて小さいやりたいことを無数にやって、うまくやったことだけを続ける。戦略を練って、絶対に行けるってことをやるというのはダメ」

「情報で成功してる人は本を読んでますよ。ネットはおやつ、主食は本。ダメな奴ほど、それが逆転していくんです。おやつで栄養価が取れると思うんです よ。それでビタミン剤を欲しがるんです。本をうまくまとめたやつが欲しいとか。まとめサイトないのとか、それは栄養剤なんですよ。そういうのに慣れると咀嚼力が下がっていって、結局同じ情報を見ても分からないんです。これがネット中毒になっている人の特徴で、全く同じ情報を得ていても、読みが恐ろしいほど浅い」

「中味がないと、FacebookもTwitterも人は見てくれないんです。中味がないというのはどういうことかというと、これだけ情報がフラット化してきたら、ネットを見て、たまたま見つけたからこうだって呟いても何も意味がない。そうじゃなくて考えて 面白いことを言わないといけないんですけど、考えて面白いことを言うためにはベストは体験なんですよ。体験の次に役に立つのが、ようやく読書。でも、そん なに体験はできないでしょう。なので読書。自分がこんなことをやったが一番、こんな奴が友達にいるが二番、その次がこんな本を読んだ。人に通用するのはここまで。それからは、どんどん落ちて行って、こんなテレビを見た、ネットでこんな情報を見つけましたと、落ちて行けば行くほど、どこにでもいる奴になっちゃう」



引用長過ぎたw
でも削れなかったな。

タイトルからしてこのインタビューの(雑誌都合上の)ポイントは、
ネットとFXと自分探しというのを辞めましょうという部分なのかもだけど、
自分はネット以外は興味ないのでそこは引用しなかった。

先に空きをつくるってのは結構勇気がいるんだと思うけど、
確かに人生の優先順位で時間に勝るものはないわけだから、
時間について無駄な使い方をしているのならそれはいいわけがない。

育児についてはここまで3年ちょっと、
自分なりに取り組んできて、むしろ自分が何ができて何ができていないか、
そういう部分がかなり見えて来るというのはある。
やっぱり子供は親を見て育つのでね。
コピーであり鏡であり、それでいて一個の人格であり。
とても不思議な感じがする。

あと最後の本とネットの違いのような話。
確かにネットであれこれやってても、
ネットだけのインプットでやっていくというのはキツい感じがある。
それはネットが情報のダイジェスト的な性格を持つからで、
岡田氏は「おやつ」と言っているけど、言ってみればサプリメントだよね。
エッセンスだけを抽出している部分が多い(もちろんそうじゃないものもある)。
本、という括りが正しいかわからないけれど、
プロの作家が書きプロの編集によって精査された良い書籍というのは、
やっぱり読んでみるとすごく滋養を感じる。
ネットの記事に慣れた頭で味わうと、非常に濃いなと思う。

で、どうしてそうなるかだけど、
理由はネットのメディアとしての構造というのがひとつあると思う。
それについてはまたいずれ後述ということで。


ではまた。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/14255174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2011-12-26 20:21 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30