Q.インターネットとの出会いを教えてください。

A.
まず「出会い」がどの段階を指すのかにもよると思うんですが、
この質問を読んで最初にイメージしたのが、
「我が家にネット環境がやってきた日」でした。
なので、その前提でお話しします。

インターネットの導入は遅めだったと思います。
東京に来てから3つ目の部屋への引っ越しを済ませた僕は、
少し経ってから当時人気だったiMacを買いました。
これが、出会いです。
今でもよく覚えているんですけど、
当時の同僚が車を出してくれて、
渋谷の宮益坂下の量販店まで買いに行ったのでした。
色はグレーの、そう、スペシャルエディションだったかな。
ああ、これですね。

当時はまだブロードバンドなんて普及してなかったから、
いわゆるダイヤルアップです。
テレホーダイです。
「ピーヒョロロローピーブピブーピーガーー」
です。
夜の11時になると皆が一斉にネットに繋ぐ。
そんな牧歌的な時代だったんですね。

前知識も何もなしにいきなりネットをいじり始めました。
なので最初のアクセスはメジャーどころのYahoo!になるわけです。
そこで掲示板のカテゴリを見つけ、サッカーだったかな、
「トピ」というやつを延々とめくりつづけ、
気づいたら明るくなっていた…というのが良い想い出です。

ちなみに悪名高き2chへの初コンタクトは、
あまりに平凡ですが「ネオ麦茶騒動」の時でした。
「名無しさん」という人はやけにたくさん書き込んでいるな、
という印象はやはり持ったものです。
ROMだけでなく時々書き込んでは、「ワラタ」をもらったりして、
見知らぬ人に反応されるのは嬉しいもんだな、と思いました。

はてなに書いたことはありません。

そしてしばらくしてYahoo!の掲示板に出入りするようになり、
そこでネタ投稿的な楽しみの萌芽に触れ、
本格的、かどうかはわかりませんが本格的に、
ネット・テキスト・コミュニケーション(と僕が勝手に呼んでます)の
深みにはまっていくわけです。
いや大して深くはないかな。とりあえず。
でもそれからほぼ一日たりともネットにテキストを書いてない日は無い。
それが約12年ほど前ですから、結構な時間です。

今思えば転機になったのは2004年5月から始めた、
そう、このブログだと思います。
始めた当初は日に何本もエントリを上げるほどのハマりようで、
徐々にペースは落ち着いてきたものの、
およそ6年ほどの間、ほぼ毎日更新してきました。
これは結構自分にとってはエポックなこと。
意外なマメさを自分の中に見いだしたのもそうだし、
何より続けて書くということで、明らかに自分の中の何かが整理された。
まあ今の自分の頭の中はというと普通にカオスなので、
整理されたといっても当社比のレベルに過ぎないのですが、ともかく。

その後、今に続くTwitter期に移行することで、
6年を越すブログとの蜜月が薄らいだと思える今日この頃ですが、
それでもこうして思いついた時にいくらでも書ける、
ブログはまさに自分の中の「解放区」のポジションを堅持しています。

かように、自分にとってのネットとは、
文章を使ったやりとりの場という性格が強いのです。
それはとても居心地がよく、快適です。
普段の会話もチャット的なものになるといいのにと思うほどです。
まあ「しゃべる」というのは肉体的な快楽性があるので、
それはそれで得難いのですが、
テキストのやり取りで何かがいいかって、
「書き込むまでに一拍おけること」ではないでしょうか。
例え即レスしたとしても、少なくともこうして打ち出す時間はかかります。
そのほんのわずかな時間に、ワンテンポ置いて考えられる、
ペースを乱されずに済む。そんな一瞬の間が、
非常に心地よいものに感じられるのです。

というわけで、今後もネットにおけるテキストというのは、
自分にとって素敵なコミュニケーションツールで居続ける気がしています。
それは、今の自分と自分の関係性を少なからず形作っている、
とても重要なフォームだと思うのです。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/14466811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2012-01-20 00:47 | ライフ イズ | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31