延長戦を生きること。

昨日のニュース。

元ロッテ投手を強盗殺人容疑で逮捕

容疑者の名前は、小川博。
知っている。僕は彼の名前を知っている。
1988年、仰木監督のもと、近鉄がリーグ優勝を賭けて望んだ、
ロッテ(当時)とのダブルヘッダー。
その大事な第1戦の先発が、彼だった。
サイドスロー気味のフォームから速球を投げ込む、
奪三振の多い、良い投手だった。

プロ野球選手という華やかな舞台で、
一度でも脚光を浴びたものであればこそ、
こういった悲痛な事件の印象は、コントラストの強いものとなる。
「光と影」であるとか「転落人生」であるとかの、
一種ありきたりな表現の見出しがメディアに踊る。
例えば田代まさしの逮捕劇なんかにしてからがそうだ。

高給取りであるはずのプロ野球選手にして、
その数年後に自己破産。当時の借金は1,000万だという。
想像の域を出ないが、やはり放蕩の日々を繰り返していたのだろうか。

もともと野球選手の引退後というのは難しいものもあり、
人によっては解説者や監督・コーチ業に就ける者もいるが、
それはほんの一握りにすぎない。
なので、飲食業を始めるものが非常に多いと言われる。
元手とちょっとしたノウハウがあれば、
比較的特殊な技術が必要ない部分が多いからだろう。
また名の知れた選手であれば、
そのネームバリューでお客を呼ぶということも望める。
彼はコーチの経験があるということは、
ある程度の野球理論と人望があったに違いない。
それは誰もが通れる道ではない。恵まれていたともいえる。


小川氏が現役の野球選手として世間の耳目を集めていた時期は、
それは充実していたに違いない。
人から注目され、存在として求められるというのは、
たまらなく魅力的であり、そして大事なことであることは間違いないと思う。

でも、それが本質ではない、とも思う。

不特定多数の他人、というのは実感のないものだ。
言ってみれば幻想のようなものかもしれない。
あたり前だが幻想とコミュニケーションを取ることは出来ない。
そこには一方通行的な関係があるだけだ。
関係とすら言えないかもしれない。
人間とは文字通り「人の間」、つまりコミュニケーションそのものの事で、
一方通行でしかないそれは、コミュニケーションとは言えないからだ。

少々、妄想的に脱線してしまった。


被害者は67歳の女性だそうだ。借金を断られての犯行だという。
強盗殺人は軽くても無期懲役、死刑もありうる重罪だ。
「殺してでもカネを奪おうと思った」と彼は話しており、
ハッキリと強盗殺人の意志があることがわかっている。
情状酌量の余地はないだろう。

僕は想像する。11月の夕方。外はもう暗いだろう。
行き詰まり、思い詰め、決意を秘めて会長宅を訪れた小川氏。
老女をその太い腕で突き飛ばし、あたり前のように金の入った封筒を奪い、
ぐったりと動かない彼女を乗せて荒川に向かう車を運転する彼は、
その時いったいどんな顔をしていたのだろうか。

彼は、目の前にいる身近な人との良い人間関係を築けていただろうか。
きちんとリアリティのある、現実的な愛情に触れられていただろうか。
犯罪者の「欠落」は、結局そこに起因する気がする。
自らには自戒という強さを。そして暖かくまっとうな愛情がまわりにあること。
それらの総称はきっと「優しさ」と呼んでさしつかえないはずだ。

こういった悲痛なニュースに触れるたび、
「平凡であることの凄さ」を感じずにはいられない。
実はそれがもっとも難しいことかもしれない、と思うのだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1464162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 創難駄project at 2004-12-22 21:08
タイトル : 元プロ野球選手がタイーホ、ってニュースに思う事。★★サッ..
甲子園に3度出場。 ドラフト2位でプロ入り。 奪三振王、オールスター出場。 引退... more
Commented by kuro at 2004-12-22 14:51 x
昨夜帰ってきて、スポーツ紙のネット開けたらいきなりこの記事で。
凄いびっくり、というかショック。
そもそも熱烈なるロッテファンでもあるし、
前にも書いたけれど、アンダー/サイドのピッチャーってもともと好きだし。
球速かったし。この人。サイドスローの奪三振王(88年:203 1/3回で204個)って、
他に95年の斉藤雅樹(187個)しかいない。
青学から入った、ってのも珍しかった。 
プロ通算21勝ってのが少なくてちょと意外。

よく、なんでこんな酷い事件を、とか、殺人なんて、と思ってしまうけど、
そもそもそういう通常の判断ができない、感覚ではなく精神状況になってしまってるんだよね。
こういうことを起こす人のその時点(前後)の状態として。
そういう意味で、かっきーの言う「平凡」「リアリティ」ということの大事さ、
それを生み出すつながりというもの、大事だよね。



しかし…。 なんという…。
Commented by あちゃ at 2004-12-22 14:54 x
スポーツ選手の引退後ってあまり良い話を聞かないですよね。監督・コーチになれる選手、解説者やタレントになれる選手は本当に少ないと思います。ラジオの解説者とかいうと一見地味だけど、でも、好きなことの解説できるのだから恵まれた仕事だと思います。

僕の個人的な考えなのですけど、輝いている人って、今、現在を、楽しみたい、最高でいたいと考えている人だと思うのです。もちろん体力的なものはあるかもしれないけど、それを受け入れた上で、やっぱり、今が人生で一番楽しいって思っている人って輝いていると。これっていうのは、はたからみたら、実は平凡な毎日を送れている人に多いのじゃないかと思うのです。一度華やかなスポットライトを浴びてしまうとなかなか難しいみたいですね。

>「平凡であることの凄さ」を感じずにはいられない。

これを感じれるかが、ひとつの分かれ目かもしれないですね。
特に社会構造が現在進行形で変わっている現在は。
Commented by あちゃ at 2004-12-22 14:56 x
あっ、あまり良い話を聞かないというよりも、地味に頑張ってるいる、第二の人生を愉しんでいるという話をあまり聞かないというのが正確な表現です。すんません。誤解されるとよくないなと思い。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-22 17:30
>くろさん

小川は名の知れた選手だったし、なおさらですね…。
通算21勝ってかなり意外。
それでコーチ職に就けてるあたり、
何をか言わんや、ですな。

ニュースを見ると、
悲しいことに殺人事件ってざらじゃないですか。
でもその容疑者が元有名人だったりすることで、
ちょっと違う色合いを帯びて見える。
名前だけだとしても、知ってる人が大事件を起こすという衝撃。
名前を知られることの恐ろしさ、というか。
本末転倒のようではありますが。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-22 17:34
>あちゃくん

>輝いている人って、
>今、現在を、楽しみたい、最高でいたいと考えている人だと思う

「明日」なんてのは実はなくて、
「今」があるだけということだよね。
結局瞬間の積み重ねでしかない。
スポットライトを浴びることは素晴らしいことだけど、
「生活レベルは落とせない」みたいなことで、
なかなか地道に戻るのは葛藤があるのかも。
ちょっと記事の本筋とズレはするけれども。

田尾なんか、選手時代に監督に冷遇されたりとか色々あったけど、
「華」と「インテリジェンス」がある人は残りますな。
Commented by ユウイチロー at 2004-12-22 18:05 x
こんにちは。
平凡であることに日々充足してるユウイチローです。
平凡な人間には平凡な日常が一番。たまに旅行に行ったりして非日常的なものも吸収しつつ。

この小川元選手。僕は知らなかった。

プロスポーツ選手というのは現役引退後が難しい。
それでもプロ野球選手はまだ就職先がそれなりにあると思うんだけど、
Jリーガーの引退後は本当大変そう。テレビなどのメディアで活躍してる人は少ないし、指導者として残るのもプロ野球より大変そう。
知名度のある人もその競技人口からすると少ないし。


東大出身の元ロッテ選手小林至。
彼はやっぱすごいなあと思う。江戸川大の助教授でしたっけ?
転んでもただでは起きないなあと。
選挙にも立候補してたよね。落ちたけど。ちょうどその選挙運動の期間に後楽園に行ったときに街頭に立ってたので握手してもらいました。
普通のおじさんという感じだった。

彼の入団時のコメント
「東大入るのよりプロ野球選手になるほうが百倍難しいのでとても嬉しいです」
というのだった。今でもよく覚えてる。
Commented by Nave. at 2004-12-22 18:06 x
自分を特別だと思う事が, いかに恐ろしく
また危険な事であるかを最近強く感じます.

自分の都合で他人を動かそうとする人々には
大抵こんな考えが根底に流れているような気がします.
Commented by カブ at 2004-12-22 18:31 x
同じ苗字なんで、ドキッとしましたw

僕も気をつけます(なにを?)
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-22 19:58
>ユウイチローさん

Jリーガーというのも確かに難しいかも。
いま新潟の監督をしている反町氏のように、
選手から監督へとうまく転身できれば良いけれども、
パイはそんなにあるわけじゃない。
もちろん能力によるわけですが。

小林至、覚えてますよ。
青年然とした顔しか覚えていないんですが、
そうですか、すっかりおじさんに…そりゃそうですよね。
確かにプロ野球選手のほうが「狭き門」かもしれない。
いや、僕にとってはもちろん赤門も、
つま先すら入らない狭さなわけですが(笑)

Commented by shinobu_kaki at 2004-12-22 20:03
>Nave.さん

>自分の都合で他人を動かそうとする人々には
>大抵こんな考えが根底に流れているような気がします.

そうですね。
心の底で、またはその全部で、
「世界は自分を中心に回っている」というタイプはいて、
でもそういう人の「ふてぶてしさ」が、
まかり通ることはとても多いとも思いますね。
「勘違い」が人と世の中を動かすという。

Commented by shinobu_kaki at 2004-12-22 20:08
>カブさん

そう、気をつけてくださいYO!







…何を?(笑)
Commented by kuro at 2004-12-22 20:18 x
小林至。なつかしー。
彼の唯一の「一軍的」マウンド@千葉マリン、観ました
(平たく言うとオープン戦登板。公式戦一軍実績なし)。
直球が120km/hくらいで、をいをい、と思ったけど、
それでも1イニングをなんとかへろへろ抑えた覚えが。
その後もゴルファー目指したり、
アメリカに渡ったり、
雑誌にコメント書いたり、
いろいろやってましたですね。


あ。
岩隈@楽天、決まったのね。
Commented by いづみ at 2004-12-22 22:28 x
流れを乱して申し訳ないけれど
私は「平凡」じゃイヤだなあといつも思ってる。
平凡な今の生活には不満足度200%!
(不平不満ばかり言ってるわけではなく)

うちの父は「凡夫」(つねお)という名前なんだけど
私は「凡夫」より「大成」のが好きだし
女の子がよく言う「普通の幸せ」には全然興味なくて
幸せになるなら、普通なんかじゃなく死ぬほど幸せになりたい。

Commented by shinobu_kaki at 2004-12-22 22:50
>くろさん@今ごろは東銀座

直球が120km/hって。ねえ。プロとして。
いや、星野なんかはいたけどさ。

楽天なんとかズ。
エースは岩隈か。
主砲は吉岡、磯部?

さあ、どこまで勝てるか。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-22 22:52
>いづみちゃん

>平凡な今の生活には不満足度200%!

うーむ。いや。
しかし。

まあ。


うーむ。
Commented by いづみ at 2004-12-22 23:20 x
あっ、不満て仕事面でね。
人間関係には満足してます。
300%の大満足ですので、誤解なく。
Commented by たーちゃん at 2004-12-23 02:45 x
本当にびっくりしました。
そうそう、10.19の第一戦先発で。

10.19のDVD化、ドキュメンタリー化を願っているのだけど、
これで遠のいた感じがしますね。

居酒屋で人を殴ったとか、その程度の話はよく聞くけど、
やっぱり今回のはちょっとショックです。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-23 10:07
>いづみちゃん

何よりです。ふふふ。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-23 10:17
>た〜ちゃん

阿波野、高柳、吉井、加藤哲郎、
大石、新井、ブライアント、オグリビー、
村上、梨田、鈴木…

あの当時の近鉄のメンバー、
リアルタイムで見ていたとは思えないほどいい意味でアナクロで、
そしてなんだかドラマチック。

ロッテの高沢(懐かしい!)が、
苦手だった阿波野のシンカーをホームランしたんですよね。

とか思い出していたらこんなサイトが。
http://www7.plala.or.jp/rem1019/

愛甲ってまだ行方不明なのか…?
Commented at 2004-12-23 10:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-23 11:19
>鍵さま

読みふけってしまいました(笑)

いや、マジでイイ!
Commented by シホ at 2004-12-23 11:23 x
当たり前の話かもしれないけど、
「幸せ」と「財産や地位、名誉」は比例しないんだよね。

この1年くらいでそれをなんとなく実感した。
といっても私は地位や名誉を全然、持ってたワケじゃないんだけど。

「光」の人生、「影」の人生って
真逆なんだけど常に隣り合わせって感じがする。
光と影の境界線は薄っぺらい紙切れ一枚
ふとしたキッカケで簡単に破けちゃうな。

だから「平凡でも幸せな人生」もあり、
「地位や名誉も財産もあるのに不幸な人生」もあるんだろうって、今まではわかってたつもりでも頭の中でしか理解できてなかったな。
最近、人の人生ってそんな感じなのかもってつくづく思えるようになってきた。

長文になってしまった。この内容ってかなり前々から自分で記事にしてみようかって思ってたのね。
でも頭の中と言葉がうまくまとまらず結局記事にできなかったネタ。

この事件ってその典型かもしれないって思ったからさ~。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-24 17:54
>シホさん☆Merry Christmas.

コメント遅くなってゴメンね。

こうやって事件化してしまうほどに
追いつめられるってのが最悪で、
そうじゃない、そうならない道もあったんだよね、きっと。
良くない事ではあるけれど、
借金を気にしないブラジル人みたいな生き方とかもさ。
でも、「思い詰める」ってそういうことでもないんだろうね。

>光と影の境界線は薄っぺらい紙切れ一枚

そうだね…昨日は最高に辛かったと思ったら、
今日は最高に楽しいことがあったとか、まあそういう事に限らないけど、
実はそういう「幸福の幅」なんて自分が思うほどじゃなくて、
ホントに微妙なところの、自分の捉え方ひとつともいえる。
特に財産がなくっても大事な人がいて充実してれば幸せだろうし、
豪邸に住んで金に困ってなくて「先生」とか呼ばれても、
絶望して自殺しちゃったりする人もいる。

前にも記事で書いたけど、
「一番いいところなんてどこにもない」んだと思うな。
辛くても、笑ってみるとふっとラクになったりもするからね。

by shinobu_kaki | 2004-12-22 14:27 | エウレーカ! | Trackback(1) | Comments(23)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30