「マンガの深読み、大人読み」

マンガが好きである。
僕は小さいころから藤子不二雄で育った子供だったし、
キャラクターの似顔絵もよく描いた。
「少年ジャンプ」等を書店に行ってはいそいそと買い、
そのうちにいわゆる「箱モノ」を卒業して、
(※箱モノ…ジャンプやマガジンなど、背が分厚く閉じられているもの)
「ヤング○○」の青年誌へと移行した。
今はマンガ喫茶という便利で快適なものがあるので、
ちょっとした街歩きの休憩的に、小一時間利用したりしてる。
出没頻度としてはやっぱり恵比寿の漫喫が多いけれど、
この近辺では渋谷センター街のHMVの上の「BAGUS」が快適さでは群を抜くため、
渋谷に行った時などはちょくちょくマンガを読みに行く。
ちなみに最近お気に入りは「ヒカルの碁」。
思いっきり少年ジャンプだやね。

マンガは記号だ。
そのすぐれた伝達性ゆえに文章に比べても理解が容易であるため、
若年層つーか子供にも広く受け入れられやすい。
そのせいか「マンガは子供の読み物」という通念が、
世間一般の常識とされてきた。
いわゆる「電車でマンガを読む大人はハズカシイ」というやつだ。
確かにスーツ姿の部長然とした紳士が、
例えば「ヤングサンデー」あたりをニヤケながら読んでいたら。
ヤングサンデーならまだしも、
それが「コロコロコミック」だとしたら。
ややもすれば「なんか、ヤバイ人」として忌避されてしまうかもしれない。
目撃した人から、ていうか僕のようなやつに、
翌日のブログに記事として書かれてしまう可能性もある。
対象年齢が明らかに小学生といった漫画誌は避けたほうが無難であろう。
さて、僕はいったい何の話をしていたのでしょう。

……!(´∇`)

思いだしたので話を戻す。
マンガは子供が読むもの、という理解は正確ではない。
大人が読んでも面白い。マンガを作っているのは他でもない大人なのだ。
その制作者側は、理解力に乏しい子供を想定して作ってはいない。
そこには大人の読者の目に耐えうる作画であるとか、
映画顔負けの練られたストーリーであるとかを志向する、
レベルの高い、戦略的なオトナの仕事現場がある。
映画顔負けの、と書いたが、
マンガが映画の焼き直し的なメディアだとは思わない。
マンガにはマンガの、長い年月をかけて積み上げられた方法論があり、
マンガにしかできない表現技法もまた存在する。
映画が全てにおいてマンガに勝っているのなら、
マンガの原作に映画化した作品は、すべてマンガを超えてしかるべきなのだ。
しかしそれはなかなか上手くいかないばかりか、
原作のマンガ作品をおよそ超えられない事例ばかりが目立つ。
マンガ家というのは巨大な、素晴らしい才能なのだ。
映画化の上手くいかないケースというのは、
映画制作者が、そのマンガ家の才能に遠く及ばないことが多いからではないか。
例えば今回の「デビルマン」のようにだ。

とはいっても現代はマンガ家ひとりではなく、
編集サイドも一丸となってストーリーを、マンガを組み立てる時代だ。
大ヒットとなった「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」などにおいて、
ストーリーが多数の編集者&原案者によって練られていたことは有名である。
しかしこれは、今に始まったことというわけではない。

…長くなっちゃった。どうしよう。
本題はこれからなのだが…。

まいっか。

マンガ家であり、マンガ評論家として活躍している夏目房之介氏。
夏目漱石の孫にあたり、「BSマンガ夜話」などにも出演している氏であるが、
彼の著書、彼の視点がめっぽう面白い。
最近上梓された「マンガの深読み、大人読み」
コンテンツは後ほど列挙するが、
白眉と呼んでさしつかえないのがやはり第2部、
「『あしたのジョー』&『巨人の星』徹底分析」。
作画の川崎のぼる氏は当然として、
当時の編集者、アシスタントなど周辺を攻めたインタビュー。
作家本人だけではわからない、多角的な意見がむちゃくちゃ面白い。
そう、マンガはたったひとりで作られているわけではないのだ。

この本を読み終わって、「あしたのジョー」が読みたくなった。
僕はまだこの名作を読んでいなかったのである。
というわけで本題がえらく短くなってしまったが、
マンガ読みにはとてもオススメの一冊。
もちろん夏目氏独特の、作画の変遷からの作品分析も冴え渡る。

最後にコンテンツを列記して終わろうと思う。


a0022014_2040896.jpg

「マンガの深読み、大人読み」(イースト・プレス) 夏目房之介

[目次]
1部 マンガ読みの快楽
手塚治虫は生きている
鳥山明『DRAGON BALL』試論 「強さ」とはなにか?
ねこぢるのうつろな目
僕はチャーリーと同世代
浦沢直樹は若い頃から「大人」
『クレヨンしんちゃん』は正統派だ マンガにおけるませガキ論
いしいひさいちの極意
永井豪 大ゴマ使いの形而上学
マンガの未来都市 その希望と絶望
マンガと科学?
黄表紙をマンガから見る

2部『あしたのジョー』&『巨人の星』徹底分析
『巨人の星』論
『巨人の星』関係者に聞く
川崎のぼるさん(マンガ家)
高森篤子さん(原作者・梶原一騎夫人)
宮原照夫さん(連載当時「週刊少年マガジン」副編集長)
根岸勲さん/山田啓志郎さん/阿久津勝さん(担当編集者)
かざま鋭二さん(マンガ家/川崎のぼる元アシスタント)
『あしたのジョー』論
『あしたのジョー』関係者に聞く
ちばてつやさん(マンガ家)
宮原照夫さん(連載当時「週刊少年マガジン」副編集長)
古屋信吾さん/栗原良幸さん(担当編集者)

3部 海の向こうから読むマンガ
日本マンガは世界を制したか
東アジアのコミック事情と可能性 貸本マンガのルーツを求めて
日本マンガという文化
長い自註 まとめとしての「日本マンガ文化論」自評
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1482819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 囲碁Blog at 2004-12-30 17:52
タイトル : ヒカルの碁ファンの方へ 梅沢由香里さんの師匠が死去
ヒカルの碁のファンの皆様へ はじめまして、囲碁Blogの管理人です。 ヒカルの碁の監修をされた梅沢由香里さんの師匠でもある 日本棋院理事長(囲碁界のトップといっても過言ではない) 加藤正夫九段が本日お亡くなりになりました。 加藤正夫さんは一昨年本因坊という囲碁のトップタイトルを 獲得されるなど実力も超一流の方でした。 20代〜30代の棋士が活躍する囲碁界で50代でタイトルを獲るのは 本当にすごいことなんです。 もちろん昔も凄く強い人だったみたいです。 梅沢由香里さんには...... more
Commented by junco at 2004-12-27 21:37 x
心なしか表情が生き生きしてますか?私?
いや、気のせいですよー(・∀・)ルルルン♪

『マンガの深読み、大人読み』面白そうですね。

『DRAGON BALL』連載の表紙に「もうすぐ最終回じゃよ」と亀仙人が言ってるにもかかわらず、
戦いが宇宙規模になりどんどこ強さが増して行くのを見て、
「作り手と儲け側との考えは一致しない」と子供心に理解しました。

味のある漫画ほど、映画などで形を変えてしまった時の違和感が拭えないのは、
>マンガ家というのは巨大な、素晴らしい才能なのだ。
これに尽きる気がします。納得です。

シノブさんの中で今『ヒカルの碁』が流行ってるんですか?あれはいいですよね。
泣いちゃいました。男泣きです!←女ですけどね(笑)
碁をやってる人全員そんな男前って!という突っ込みを堪えながら読みました(汗)

∑( ̄□ ̄;)あーっ!また熱くなってしまいましたー!!ギャー!!
Commented by ユウイチロー at 2004-12-27 21:49 x
ドラゴンボールの話題出たので。
僕も大好きです。鳥山マニア。
鳥山明、あの人は連載やめたい病だよね。
Dr.スランプの時もそうだったけど、ドラゴンボールは本当後半はかなりやめたがってたみたいだよね。
でも後半は後半で面白いんだけど。

ヒカルの碁まだ読んだこと無いです。バグーズ行って読んでみようかな?

マンガの深読み、大人読み って面白そうですね。
機会があったら是非世みたいです。
Commented by umi_urimasu at 2004-12-27 22:37
純粋なテキストによる表現[小説や詩など]にくらべて漫画というジャンルが劣っているものがあるとすれば、それはまず「歴史」じゃないかなぁと思います。
歴史の長さ、そして物量で負けてますよね。

でも、時間さえかければたいていのことは解決できます。
今はまだ十把一絡げで「有害図書」扱いでも、あと200年もすれば「マンガ界のシェークスピア」も生まれるだろうし、ノーベル文学賞がマンガに与えられたりもするのでは?とか。

でも、小学校の国語の授業でマンガをまじめに教えたり、大学受験にマンガの読解問題が出題されるとこを想像すると妙な感じ……。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-27 23:32
>juncoさん

>「もうすぐ最終回じゃよ」と亀仙人が言ってるにもかかわらず、

ありましたよね、伝説の(笑)
「完」って書かれてるだろうとこに
「もうちょっとだけ続くんじゃ」とかね(笑)

本宮ひろ志も編集者にそれやられたとかなんとか。

ジャンプの「強敵のインフレ現象」はとめどがないよね。
相手がどんどん強くなるという。
それで、今までの相手がどんどん仲間になるという。
まさに「強敵と書いて『とも』と呼ぶ!」

この辺の経緯は竹熊健太郎・相原コージによる、
「サルでも描けるマンガ教室」に詳しいよね。

>泣いちゃいました。男泣きです!←女ですけどね(笑)

ちょ、ちょっとアナタ!
やめてください!職場ですから!(笑)
笑いをかみ殺すのに必死でつ!

「ヒカ碁」ではダントツで佐為が好きです。
イイキャラだよね。
Commented by kuro at 2004-12-28 03:24 x
ええと、
かなり意味もなく、広尾→新宿→馬場×2で、
ギネスギネスヒューモエヒューヘンリーサグレスバス生生
とかで、
最後の3時間くらいマイク握ってたような気もして、

いえ、

ええと、
明日、ちゃんと書きます。
つーか、書かして。


マンガ、個人的には殆ど読まないのだけれど、
でも、大事。
ありですね。 表現の形として。 絶対。

記事、途中まで読んでて、
絶対『デビルマン』出て来るな、と。 うむ。
敢えてもいちど。
あの映像>映画 は、ないな。
PVっきゃ観てないが。

ありえねー。

ともかく。 出直します。
Commented by tadashi at 2004-12-28 08:40 x
ジャンプの商業主義は既に色々な本で赤裸々に語られるようになりましたが、
富樫さんが壊れた?話とか、かなり衝撃でしたね。
もう子供の世界じゃない…というか。幼心?に。

マンガが大人の読み物に耐えうるものが出てきたように、
小説もお子様の読み物となるものが多数出てくるようになりました。
(ライトノベルとかカテゴライズされてますね)
ま、両者の距離はほぼ無くなったといって良いのでしょう。
既に10年以上も前から、吉本ばななの世界観が少女マンガ
そのままだってことも言われてますし。

そういう意味では、もっとマンガを多角的に捉える考え方があっても
よいとは思うんですよね。そんな意味で、夏目房之介氏のコラムは
本当に良くできていると思います。
僕、まだこの本は読んだことないのですけど、楽しそうですね~。
Commented by kyon at 2004-12-28 09:21 x
「ヒカルの碁」
いいですよね・・深いですよね・・
ほんとマンガ家さんて尊敬します。

ところで私事ですが HDがとんでしまったのを機に
OS X も入れたのでブラウザの「safari」体験しましたが
なるほど滑らかですね・・印刷物を見てるみたいで不思議です。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-28 10:56
>ユウイチローさん

鳥山明はかなり「世代」でしたね。
僕もペンギン村の住人でした。
しょっぱなから絵が上手いのにやられました。
半分お遊び的に、当時の担当編集者だった鳥嶋氏を、
「Dr.マシリト」としてあれほどメジャーにしてしまったりして(笑)

実はドラゴンボール、後半かなり追えてないんです。
ジャンプ自体買うのをやめてしまったので。
悟空の息子が出てくるあたりはもうかなりわかんない。
まああれこそ「インフレ」の良い例なんだけど、
それでも物語が決定的に破綻してないのは凄いといえる。
夏目氏「大人読み」の中でも、そのあたりは触れられています。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-28 11:04
>umi_urimasuさん

>漫画というジャンルが劣っているものがあるとすれば、
>歴史の長さ、そして物量

なるほど。
本格的にマンガの歴史が始まったのが「手塚以後」だとすると、
手塚治虫がマンガを描き始めたのが終戦後すぐですから、
まあ60年に満たないほどのものではありますよね。

例えば現代小説というのが庶民の娯楽だったように、
マンガというメディアが成熟した暁には、
サブカルチャーからカルチャーへとランクアップがなされるのかもですね。

マンガの読解問題。たしかに奇妙(笑)
「45ページの何コマ目、フキダシの中の『……』の意図するところを述べよ」
だったりとかね。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-28 11:06
>kuroさん

>ギネスギネスヒューモエヒューヘンリーサグレスバス生生

もはやビールだかなんだかさっぱり分からないものに(笑)
10杯は飲み過ぎですよう。

ていうか僕も昨日はなぜか新宿に。
バッティングセンターの裏あたり。

じゃあ、本題は再訪時に。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-28 11:19
>tadashiさん

「幽遊」の最後のほうとかね。
真っ白な原稿が続いたりして。
でもそれが妙に読者の心をつかんだりして。
「スラムダンク」での井上雄彦氏もそうですけど、
ジャンプシステムのサイクルによって化けた作家の一例ですよね。
「幽遊」なんて最初、全く違う探偵もののマンガだったですしね。

日本のマンガが海外でウケている理由の一つとして、
子供向けで予定調和的と思われていたマンガの中で、
シリアスな精神的葛藤が描かれていたり、
登場人物が死んでしまったりするところもあるみたいですね。
でもそういった作品の描かれ方というのは、
映画におけるアメリカ・ニューシネマにルーツがある。
そういう意味で他のジャンルからのフィードバックがあって、
今の日本のマンガのスタイルがあるとも言える。
逆もまたしかりですしね。

そうそう、「20世紀少年」の浦沢直樹氏なんかは、
構成の起こし方がはっきりと映画的だったりもして。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-28 11:22
>kyonさん

「ヒカ碁」、作画と原作が別で、それぞれ専念できるとはいえ、
あの流麗な絵はホントにすごいと思った。
週刊ペースであの丁寧さは(描きためるなどするとはいえ)すごいよね。

safari、なめらかでしょう?
なんか新鮮です。
でも、ページによっては文字が化けるものもあったりして。
そういうページだけはIEで見ています。
Commented by kuro at 2004-12-28 17:27 x
>>ギネスギネスヒューモエヒューヘンリーサグレスバス生生
>もはやビールだかなんだかさっぱり分からないものに(笑)
>10杯は飲み過ぎですよう。

うん。
なんかたっぷり飲んだ気がする。

年末なもんで、
あちこちのとこへ、「今年もお世話になりました」の挨拶して回ってたら、
そんな状態に(昨夜は3軒クリア)。

ちなみに今日は、
歌舞伎町、否、歌舞伎座方面を〆る予定。
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-28 18:05
>kuroさん

まさにあいさつ代わりにビール、ですね。
年始まわりが今から楽しみです。

歌舞伎座ですか。歌舞伎座ですね。
よろしくお伝えくださいー。
Commented by わさ at 2004-12-28 18:38 x
マンガ、大好き!(小声)
小さい頃読みまくってました(少女マンガ)少年マンガはテレビで見まくっていた。
そしてブログでも書いたのですが大人になって一昨年くらいからまたもはまってみました。
20世紀少年、はやく新しいのでないかなー♪
Commented by shinobu_kaki at 2004-12-28 20:51
>わささん

大声でも良し!(笑)

20世紀少年、ホントに面白いんだけど、
引っ張りすぎだよねー。
by shinobu_kaki | 2004-12-27 20:40 | shinoBOOKS | Trackback(1) | Comments(16)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30