不倫と神様。

tadashiさんの不倫は絶対悪か。を受けて。
言っとくけど、長いです(笑)

日本の「結婚」って基本的に「一夫一妻」で、それはまあ「制度」だよね。
そして制度は「器」のようなもの。
人間の本能だとか繁殖欲求だったりというのは、
制度という器に納まるとは限らない、ともいえる。
まず、男には「自分の遺伝子をとにかく残したい」という本能があると言われ、
対する女性は「なるべく優秀な遺伝子を残したい」という本能があると言われる。
そうすると男性はどうしても「数」に走りがちで、
女性の場合はどうしても「質」を求める傾向になるのは否めない、
というのはちょっと竹内久美子的だけれども。

不倫とは「倫理に反すること」だ。では倫理とは何か。
それは「倫(ともがら)の理」のことだそうである。
「ともがら」とは仲間のこと。
「理」とは善悪を判断する道徳的規範、というところかな。
つまり道徳的な共通理解を侵害することが「不倫」なのだった。
なぜそれが良くないかというと、
もちろん自分の身に危険が降りかかるからだよね。
何をするか分からない、なんて人がいたんじゃ安心して生活できない。

日本は「実際的な意味で」宗教のない国とよく言われるけれど、
それはどういうことかというと、
普段の生活の中に、自分を見てくれている「主」がいないということだ。
「神」と言ってもいい。
「他人が見てなければ何をしてもいい」
「他人に迷惑をかけなければ何をやってもいい」
という心理は、この「神の不在」により発生するものだよね。
大前提的な「タブー」が無い価値観、とも言えるかもしれない。
常に相対的な相手との距離でしか善悪を量らない。
他人との関係、つまり「世間」がどう言うかを気にする。
だからとても流動的で不安定だし、揺らぎやすい。
反面、柳の木のように折れにくいとも言えるけれども、
足場がそれほど固定されてるとは言い難い。
少なくとも他者(この場合、日本人的価値観を持たない人)には理解はされにくいはず。
言ってみれば外側だけで中はカラ、
中空の社会であり、中空の精神構造だと思う。

ちょっと話はそれたけど、
不倫を善か悪かで語るのならば、まず人の善悪の基準がどこにあるか、
それを明確にしないといけないと思う。
それは「人を殺すのは悪だ」とかそういうレベルの話じゃなくて、
今回は不倫、つまり配偶者以外と「不埒」な肉体関係を持った場合、
何に拠って罪悪感を持つのか。どういう意味で「悪い」と思うのか。
不倫が許される人がいるとすれば、それはどういう人なのか。
日本において奥さん以外の人とのセックスをまるっきりの悪とするならば、
一夫多妻制の残る国においてのそれも悪と呼ばれるべきなのか。
国が違えば倫理も違う、その一言で済ませてよい話なのか。

きっと、まだまとまらないと思うが一応続けてみよう。

少なくとも日本においてのそれは「悪」だろう。
理由は「法律で許されていないから」。
神のいない国としては、そこに基準が求められてしかるべきだ。
儒教的なモラルにもとづいた法治国家。

そしてもうひとつは、
「自分がされて嫌だと思う事を相手にすべきでない」という、
かなり道徳的にまっとうな理由だ。
自分のすることで誰かが深く傷つくことにつながる、
そんなことは誰もしたくないのは確かだろう。
人を傷つけたなら、そのうち自分も同様に傷つけられると思った方がいい。
(身近な例で言うと、人の悪口を言ったなら、
人にも言われてると思った方がいいというアレね)

ただし、善悪は別として成立するケースはあると思う。
ポイントは経済力だ。

仮定の話をする。

一人のとても魅力的な男性がいた。
彼は新進の会社の経営者で、すでに裕福であり、奥さんも子供もいる。
だが奥さんとの仲は冷えきっている。よくある話だ。
女性に関してマメな性格の彼は、実際よくもてた。
何度かの小さな浮気はあったが、奥さんはそれも彼の属性として目をつむってきた。

そんな彼を一人の女性が好きになった。
彼女はまだ若く独身で、ほかに釣り合う男性はいくらでもいたはずだったが、
彼に奥さんがいるのを承知で交際を申し込んだ。
そして彼は彼女の申し出を了承した。

二人は愛し合うようになり、やがて彼女は子供を身ごもった。
彼女は迷う事なく産みたいと言い、彼も彼女との子供が欲しいと思った。
彼は奥さんにこの事を話し、離婚した方がいいと思う、
残念ながらお互いに以前ほどの愛情は見られないのだし、
慰謝料と養育費は満足のいく額を払えると思う、と言った。

しかし奥さんはリベラルでプラグマティックな性格だったので、
別れない、と答えた。愛情はなくてもいいからこのまま夫婦関係を続けましょう、
あなたにそういう人がいたとしても構わない、
ただしあなたはあなたの責任をもって彼女とその子供の面倒を見てちょうだい、
もちろん私たちについてもひきつづき責任を負ってほしい、そう言った。

彼は不倫相手である彼女にその旨を話し、
そういう事情で結婚はできないが、お前と子供の面倒はみる、
こういういびつな形だから幸せにするとは言えないが、
絶対に不自由はさせないと言い、彼女もそれでいいと心から思った。

こうして法的には認められない一夫二妻の関係性が生まれた。
経済的には問題はない。問題は嫉妬だが、女性二人はお互いに納得している。
言わば、全員がそれぞれの了承のもとに少しずつの幸せを成立させているのだ。

この状態を断罪するもの、それは何だろうか。

NOという「神」も存在せず、世間の中傷も気にしない「強さ」を持ち、
経済的な部分で彼らが十分に関係を成立させることができたなら、
中身のない「世間のモラル」の後ろ指はいったいそれを崩せるのか。

彼らは断罪されるべきなのか。されて然るべきなのか。


よくわかんないので、もう寝ます。


ぐう。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1561610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 弁護士秘書の恋する毎日☆ at 2005-01-19 07:37
タイトル : 不倫する資格
「不倫になるとわかっているのに、彼からの誘いを待ってしまう私。どうすればいい?」 男友達が相談されて困っていました。 こんな時、どうアドバイスすればいい? ... more
Tracked from パンがないから、お菓子を.. at 2005-01-20 05:31
タイトル : 「浮気」と私の倫理観。
tadashiさん&シノブさんにTB。   こんな場所で公言するのもはばかられるが、 浮気については「絶対に一生バレない自信があれば」という 極めて強固な条件付で「絶対悪」ではないと思っている。   (不倫は経験が乏しすぎるので、「浮気」に置き換えて考え... more
Tracked from movies femdo.. at 2005-12-09 02:45
タイトル : ladyboys adult jokes cruel t..
Hi... more
Tracked from wdptvxg at 2006-09-09 20:33
タイトル : wdptvxg
twkihgq tvystzx hxsrhdo gicoeux lxvauuq... more
Commented by kyon at 2005-01-19 03:36 x
下にコメントしてリロードしたら超長文にビックリ。
ええと、つまり、金持ちケンカせず?
といきなり身も蓋もないコメントが一番乗りですいません(>_<)
昼間ゆっくり考えます。。
Commented by dai-ny at 2005-01-19 06:11
僕は、シノブさんの仮定の話については、非難できないということで良いんじゃないかと思う。

>理由は「法律で許されていないから」
この話の場合、日本は法治国家として、このような行為を刑罰で処断するべきものとは考えていないわけで、あるとすれば、婚外子として法律上不利益を受けていることくらいか。これも、不利益を受けるのは子供であって、婚外恋愛をした本人ではないわけで、常に問題視されている制度ではありますよね。その他、夫婦でないと受けられない税制上の不利益とか、手当ての問題とか、あるとは思いますが、あくまで経済的、身分的な制裁に尽きるわけ。

だから、もっぱら一夫二妻の場合に、男性の受ける不利益は、レピュテーションリスクだけのような気もしますね。
それに、経済力があって、これらの不利益をカバーできるのであれば、
この点も責められないわけで。
Commented by dai-ny at 2005-01-19 06:11
書ききれなかったので続きを。
長文すみません。

もう一つの、
>「自分がされて嫌だと思う事を相手にすべきでない」
については、おっしゃるとおり、妻も不倫相手もそれを認めているのであれば、
ある意味解決しているわけで。

結局、法律上の夫婦の方が、破綻してしまっているのであれば、
それを保っている夫婦も、夫婦として求められている関係がないわけで、
仮面夫婦であれば、誰ももうひとつの事実婚を責められない
ということになるんですかね。

うーん、昼間っからこんなことばっかり。。。
Commented by mk-happyman at 2005-01-19 06:46
うむー。
古典的な「お大尽と本妻と2号さん」みたいな感じですかね。
本妻は2号さんの存在を知っていて、
その上で家庭は淡々と維持していく、っていう図式。。。

では、そこに横たわる問題もおのずと古典的なものになるのかな。

三角関係(笑)の当事者同士は自己責任でやってることなので、
別に社会倫理的な善とか悪とかは超越しているのかもしれない。
でも、その子供の人生(特に2号の方の)には多大な影を落としてしまう。

結局、子供に日の当たる家庭を提供できてないという点において
倫理悪なんでしょうか。

不倫という行為に対する価値観は時代とともに変わってると思うけど、
みんなの思い描く「理想の家庭」像は、昔も今も実はあまり変化してないですしね。
Commented by tadashi at 2005-01-19 08:46 x
おぉ、素敵なTBありがとうございました。
…なんか、仕事やら試験勉強やらで頭がまわらず、書ききれないことばかり。
また後ほど…。
Commented by come on at 2005-01-19 09:23 x
>言っとくけど、長いです(笑)
眠い中、痛みに耐えてよく頑張った!ぱちぱちぱち。
でも、最初の方は難しいでーす。つまりは、どこに基準をラインをひくかってことね!

どこからが浮気か・・・って議論をよくみんなするけれども、
シノブさまの
>「自分がされて嫌だと思う事を相手にすべきでない」
にもあるように相手が嫌だと感じた時点で浮気だよね。
例えば、2人で出かけるだけで嫌だと恋人が言ったら、それをしたらその2人の間では浮気だし。心が伴わない体の関係であったらいいと相手がいうのならそれは浮気ではないかもしれないし・・・2人の間では。

だから最後の仮定のお話は、みんなが承知してのことだから、全くもって罪ではないような。そういう関係の人たちって実は結構世の中にいる気がするなあー。

Commented by junco at 2005-01-19 11:21 x
う~ん、う~ん、う~…(-゛-)ぐぅ。…じゃなくて。

不倫って周りが口出しできる類のものじゃないのが難しいですよね。
それはシノブさんの言う通り、「自分がされて嫌だと思う事を相手にすべきでない」し、
ireinaねーさんの「相手が嫌だと感じた時点で浮気」もその通りだと思います。
だから不倫してる人に自分の物差しを突きつけても、何の意味も無く…。

tadashiさんの所で書かせて貰ったんですけど、もしメガネさんが不倫したら、
すごく拒絶反応起こしちゃう気がします。
他の女性を触った手で、指一本も髪さえも触れないで欲しい。

前はそんなこと全く思わなかったのに…変なのーっ!!
Commented by ユウイチロー at 2005-01-19 11:44 x
こんにちは。
不倫については人間の本能というか種の保存本能というものでしょうか?
この辺は興味あるのですがうまく文章にできません。いづれ自分のブログにでも書きたいな。

日本は無宗教、ですが実は日本教というべき物が実は存在していて、
それは「穢れ」という概念だとの説を展開する井沢元彦著『逆説の日本史』シリーズはかなり面白いです。
日本の歴史を見てみるとほぼ「穢れ」で説明出来る事柄がおおいんだそうです。
遷都をあれだけ繰り返したのは「穢れた土地」を避けるためであり、なぜ武士が生まれたのかとかも説明できるとのこと。

身近な例で言うとたとえ家族でもお母さんの箸を子供が使いたがらない、とかそういうのが「穢れ」教のあらわれれだとしています。

文庫になってるのもあるので是非。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 12:18
>kyonさん

金持ち喧嘩せずということかもですね。
言ってみれば。

結局「生活が成立すること」は大事ですし。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 12:27
>Daiさん

そう、
お互いが平和で満ち足りた関係をキープできているのであれば、
人間が定めた法律というのは後追いにしかならないのでは?

ということを僕は書きたかったんですよね。

社会が変わって人の求めるものも変わって、
そうなってくると法律も変わらざるを得ないものがあるんじゃないか。
それは憲法第9条やらなにやらじゃないんだけど、
(これはデリケートな話なのでここではしませんが)、
行き着くところは平和で安全で満ち足りた関係性なのでは、と。

結局民法上の問題の解決って、お金に尽きるじゃないですか。
Daiさんおっしゃる「レピュテーションリスク」(←勉強になります)、
すなわち世間体の部分というのが一番の問題だったり。

そしてこの「見えない世間」に縛られてるのが、
日本の危ないメンタリティじゃないかと思ったりもするわけです。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 12:34
>mk-happymanさん

そう、ちょっとベタな例えだとは思いましたけど、
素直に疑問に思えたので。

>その子供の人生(特に2号の方の)には多大な影を落としてしまう。

実際、こういう立場の10年来の友人が僕にはいます。
その人は「影」とは無縁の印象の人で、
とても健康的な思考をし、聡明で、とても朗らかな人です。
もしくはそういった印象を人に抱かせる人です。
要するに父親がいつも家にいない、という環境だったわけですが、
その人はお父さんのことをとても愛しています。

ひとえには語れないんですよね。

理想の家庭像。
やはり「暖かい」というか「殺伐としていない」
ということに尽きると思いますよね。
のびのびと素直な印象の人は、
仮にピースが欠けていたとしても、
健康的な愛情のある家庭で育っていることがほとんどでしたし。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 12:35
>tadashiさん

コメントにしようか迷いましたが、
どうしても長くなったので記事に(笑)

お忙しそうですね。お待ちしてます。
落ち着いてからユクーリと。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 12:41
>ireinaさん

前半、うまくまとまらんかった(´・ω・`)
別記事にするべきだったと反省。
このネタでもう一杯ゴハン…じゃなかった
もう一本記事書けるしね。

>そういう関係の人たちって
>実は結構世の中にいる気がするなあー。

多いんでしょうねえ。
出世した人なんかはとくに。

昔、「課長島耕作」(笑)で、
島の上司の中沢さんが2号さんとの間に出来た息子と、
その2号さんを本妻よりもずっと愛していて、
その息子はもう大きくてプロボクサーを目指していて。
中沢さんは忙しい中、ほんとに時々だけど
東京からジムのある大阪に遊びにいったりして。
父と子がホントに仲がいい。
それを見た島が「こういうのが理想の親子なのかもな」
とつぶやくと。
僕はそれを見て「え?本妻の立場は?」とか思った記憶が(笑)

話がずれますた。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 12:43
>juncoさん

>前はそんなこと全く思わなかったのに…変なのーっ!!

ふふふ。
いろいろ深くなってきたのでしょーう。

これからもお二人の活躍(?)、
期待してますYO!
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 12:51
>ユウイチローさん

>不倫については人間の本能というか
>種の保存本能というものでしょうか?

正直、ちょっと遠いとは思います(笑)
これをエクスキューズに出す人はいそうだけど(笑)

「不倫」は「不倫」であること自体に、
甘美なニュアンスがあるんだと思うんですけどね。

日本は「穢れ」の文化、というのは聞いたことがあります。
確かにそれはあるかも。

例えば大みそかから元旦にかけてのタイミングって、
たった一日違うだけなのに、
何かが「チャラ」になる感覚があって面白いですよね。
遷都の話も納得です。
食事に関しても、日本は「膳」という個別なものがあり、
シェアする感覚というのは薄い気がします。
最近でこそ、
イタリアンなどでシェアするのが楽しかったりしますけど。

このへんもっと掘り下げると面白そうですね。
Commented by ireina at 2005-01-19 13:23 x
>前半、うまくまとまらんかった(´・ω・`)
違う違う。まとまってるよん。えっとちょっと私には難しい話題といいますか・・・ようするに、えっと、えっと、私がばかというか。
でも、興味深しネタだからもう1杯ご飯・・・おなかすいているのかい?
ジャンボ食べ・・・・・・・・・・・・。


Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 13:29
>いれいな嬢

ありがとん。

んにゃ、自分で書きたいこととちょとズレてるというか、
後半までのつなぎがかなり強引というか(笑)
なんか不倫ネタとして書くには遠いというか。

ゴハン行ってきまつー。

関係ないですけど、来週月&火と松山出張。
泊りですが、
松山の見どころってどうでしょう。
やはり道後温泉なのか。

というかこれはkyonさんに聞くべきか。


おっと、ゴハンゴハン。
Commented by いづみ at 2005-01-19 15:04 x
仮定の話みたいなケースでうまくいくのって難しいと思う。
親達はいいけど、それぞれの子供はどうなるの?とかね。

その男が亡くなった時の遺産相続の時なんかに揉めることが多い。
正妻の子と、愛人の子では相続できる割合が違うし。
現段階で問題がなくても、後々、トラブルが生じる可能性は格段に高いわけだからねえ。

不倫の犠牲になるのって、結局、子供だなあと思わずにいられない。

結婚なんて紙切れ1枚とか言う人いるけど
「結婚は、人類最高の文化」(?)
とゲーテが言ってる通りだと思うな。
Commented by kyon at 2005-01-19 15:05 x
松山行くんですか。いいなぁ。。見る物はそれほどないんですが、
なんだかなごむ街ではあると思います(贔屓目かも)
部活やったりチャリンコで走り回ったりばかりの学生だったもので、美味しい料理屋さんとかわからないんです。。すみません。
当時寄ってたお店といえば、本屋とか雑貨屋とか、ケーキ屋とか喫茶店とか、ラフォーレ原宿松山(笑)とか。。

とりあえずアド街貼ってみます(^^;)
http://www.tv-tokyo.co.jp/bangumi/ad-matic/0103310.htm
道後温泉は、良いのではと思います。ちょっと千と千尋っぽいです。
雪の中の温泉的な風情はあまりなく、普段使い寄りな雰囲気ですが。

アド街19位の「みよしの」というおはぎ屋さんも有名みたいです。
http://www.jtb.co.jp/kokunai/Sight.aspx?bookid=A4503390&categorytype=4
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 16:44
>いづみちゃん

>正妻の子と、愛人の子では相続できる割合が違うし。
>現段階で問題がなくても、
>後々、トラブルが生じる可能性は格段に高いわけだからねえ。

確かに…。
たまたま上手く育ってくれることはあるにしても、
親の「用意」する状況としてはしょせん不完全なのか。

どちらにせよ、感情にまかせた勝手な行為、
ではあるよね。>不倫


というかゲーテ。

石田純一を思いだしました(笑)…どうしても。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-19 16:46
>kyonさん

アド街、見ました!ありがとう。

やっぱり「道後」と「坊ちゃん」がワンツーフィニッシュ。
「みかん」はかなり後方でしたね。

食事に目を移すと、「鯛めし」が有名なんですねえ。
温泉入って鯛めしコースでしょうか。

…はて、何しに行くんだっけ?
Commented by どらごん at 2005-01-19 22:16 x
社会で認知されていないことが我が家で起きるという、
子供としては受け入れたくない事実。
これだけで社会悪としては十分な理由かと。

子供にとって何が一番辛いかってゆうと、そんな親という人間のDNAを受け継いでいるということ!!夫婦ってのはもともと別の人が一緒になるわけですが、子供ってどっちとも生物学的につながっているわけで。だから親同士では通じる理屈も子供に対しては理屈は通じないと思っていただきたいものですな。

まあ、その環境を受け入れて強く生きているかどうかは人それぞれですが、子供は案外たくましく育つもの。が、仮定の話だと子供はきっと父親、母親両方とも恨むか不信感に近い感情を抱きまする。社会として健全でないことは明らかかと。
Commented by tadashi at 2005-01-20 01:23 x
色んな人の話をきき、色んな人の考えたことを読んでみると、
みんな頭のどこかで認めてはいるんだけど、自分の相手が
当事者になると拒絶反応を示すという至極当たり前のことが分かりました。
でも、自分が当事者になることにたいしては認めてもいいと思ってる部分はある。

社会的な通念というものは、実は思ったよりも存在は小さくて、
みんな自分を軸に考えているのだなと。

つまり、判断の基準にすべきなのは、"誰かを悲しませてはダメだ"ということで、
このポイントを守っていれば、人は不倫を罪とは思わないのかも。
可能性がある時点でダメ‥とまでは、あまり考えていないみたい。

"悲しませる"という判断基準も、人から判断するのは難しいんですけどね。
でも、シノブさんの例の場合、無理に法的な手段でもって不倫を終わらせたとすると、
子供は逆に愛の無い過程で育つことを悲しむことになるのかもしれない。
そうすると、その子供にとってはいわゆる不倫と呼ばれている形こそが
自分の幸せであるのであって、それを壊されることは"悲しい"ことに
なってしまうのでしょう。

意味通ってるかな‥?ちょい疲れ気味です‥。
Commented by tadashi at 2005-01-20 01:26 x
愛媛に行かれるのであれば車を飛ばして讃岐うどんを食べにいくのはどうでしょう?
愛媛側にも有名なお店はたくさんありますよ。
高速も通ってるので、時間はかかりません。
で、高松空港から帰れたら超便利なんですけど。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-20 11:43
>龍氏

>夫婦ってのはもともと別の人が一緒になるわけですが、
>子供ってどっちとも生物学的につながっているわけで。

夫婦って「他人のつながり」なんですよね、あらためて。
でも子供はそうじゃない。
「まっとうで健全な家庭」を持たないものは、
それを生涯求めてしまうのかもしれない。

そんな気持ちは良くわかります。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-20 11:54
>tadashiさん

>判断の基準にすべきなのは、"誰かを悲しませてはダメだ"ということ

誰もが不満を抱いていなければ、
その事象になんの問題があるの?となりますしね。
制度というものが、
「理不尽な不利益に泣く人間」「ワリをくって悲しむ人間」
それらを守るものとして存在するとするならばなおさら。

>その子供にとってはいわゆる不倫と呼ばれている形こそが
>自分の幸せであるのであって、

うん、友人の例を出すまでもなく、
愛情は「ない」よりは「ある」ほうがやっぱりいいのであって、
そのカタチがいびつなものだということは不幸かもしれないけど、
親と子という小さな関係性の内部においては、
社会性云々ではなく「愛情が、ある」ということが大事でしょう。

ただ、その関係の裏で泣いている人がいるとなると…
これはやはり一概には、となりますね。

ただ、あらゆる人に迷惑をかけずに大人しく生きていればいいか、
というとそれもちょっと、という気もします。極論ですが。

人に迷惑をかけていない人なんていないわけだし。
これも極論。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-20 12:00
>再びtadashiさん

讃岐うどーん…いいですよね…。
取材場所がやけに松山空港に近いのが気になりますが、
動く時間があるのかどうか探ってみます…無さそうですが…。

まあ松山泊りというのは確定なので、
ちょろっとそのへんで御飯でも食べる感じなのかな。

Commented by menman at 2005-01-20 12:01 x
高知のそばに「鍋焼きラーメン」ってのがあるですよ。
これは面白いはず。しかし、
松山と高知の距離感がよくわからんのですが、多分遠いのかな(笑)

不倫といえば、姦通罪で捕まった白仁天を思い出しますね。
ちょうどその手のゴシップ雑誌を読み始めた頃のトピックだったので
よく覚えてる。

日本の姦通罪(もうないけど)は、浮気したご夫人と間男のみ罰せられるんじゃなかったか。
とココまで書いてデジャブ。何か前と同じことかいてる?
この話題って前にもありましたっけ? おかしいなー。
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-20 12:18
>めそまそ

鍋焼きラーメン、興味津々なのだが…距離ねえ。
松山ー高松間なら特急で3時間なんだけど。

(調べ中)

ちょっと、すげーびっくり。
松山ー高知って、電車の路線がないではないが、
とんでもなく遠いでやんの!
あと、高知の空港って「高知龍馬空港」って言うのね!
シランカタ

>浮気したご夫人と間男のみ罰せられるんじゃなかったか。

そうなんだ?
そしてデジャブかなあ。
かぶる話題はあったかもわからんけど、どうだろう。
覚えてないや。

「姦通罪」と聞くと僕は、
ビートルズが傾倒したマハリシ・マヘシ・ヨギを思いだします。
Commented by kyon at 2005-01-20 17:07 x
えー。松山 - 高知 間はバスで。片道2時間半、3,500円です。
↓今回は絶対使わないと思うけどこんな感じ。
http://www.iyotetsu.co.jp/bus/kousoku/jikoku/ma-kochi.html
松山 - 高松 間はJRの特急で3時間たしか1万円くらいだから、
私は高知の方がちょっと近く感じます。が、
いずれにしても1泊2日の日程でちょろっと移動してラーメンてな距離では・・。
四国の中は案外広いんです。(新幹線ないから ^^;)
Commented by shinobu_kaki at 2005-01-20 19:06
>kyonさん@四国マスター

>とんでもなく遠いでやんの

ちょっと撤回ですね。意外と近いのか。
2時間半なら…やっぱ圏外ですね、今回は(涙)
四国情報ありがとうございます。

鍋焼きラーメン、調べたら「須崎」でしたね。
ヒジョーに興味はあるけれども、
やはり今回は無理な注文というものか。

出張ってそんなに時間に余裕はないんよね。
Commented by nyanya at 2005-01-22 16:19 x
はじめまして、この例は既婚男性が独身女性と浮気で子供を作った場合だけど....
子供が出来た相手が既婚女性だったら、そのまま戸籍上の旦那の子として育てたりしてたら、恐いですね。
ちなみにお金持ちのお父さんで奥様2人ってしってます。
愛人の息子は両家の間を行ったりきたりだそうです。


Commented at 2005-02-05 00:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by shinobu_kaki | 2005-01-19 03:22 | なぜ、どうして。 | Trackback(4) | Comments(33)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30