ネズミはビールがお好き。

ネズミにビールの味がわかるか:美味しさの研究と動物実験

家の本棚から久しぶりに「読むクスリ」など引っ張りだして読んでいた。
「読むクスリ」とは上前淳一郎が週刊文春で2002年まで連載していた、
「ちょっといい話集」とも言うべきミニコラム集である。
20代の頃、これの文庫を本屋で見つけては買い集めていた時期があったのだ。
我ながらちょっと渋いと思ってはいたけれど。

その中にあったのが、上のリンクと同じ内容のエピソードである。
「ネズミはビールが好きです。水と並べて置きますと、ビールのほうを飲むんです」
とある。はじめは飲み比べているが、
二日目にはまっすぐビールへ向かうのだという。
これはちょっと面白い。

アルコールに魅かれるというわけではないらしい。
なぜならビールとアルコールを並べて置くと、ビールを選ぶのだ。
ネズミはビールが好きなのである。
そして飲むとどうなるか。
酔っぱらって寝る。平和である。

さらに面白いなと思ったのが、
結論から言うと、
「ネズミが好むビールの銘柄と、人間が利きビール実験で選んだ銘柄が一緒だった」
という事実である。これはすごいよ。
だって大雑把に言うならば、
「生物が絶対的に好む銘柄が存在する」
ということになるかもしれないからだ。

その銘柄は明かされていない。
だってビールメーカーにとってそんな科学的な結果を公表されたら、
売り上げ的に死活問題だからね。
そしてネズミと人間が共通して好むビールの特徴は何か。
それは、排尿性だという。
要はおしっこが出やすくなるビールを、ネズミも人も好むのだ。
へえという感じである。

成分的な話をすると、
ビールの組成はカリウムが非常に多く、ナトリウムが少ない。
翻って、人の血液はナトリウムが多くカリウムが少ないのだと。
「ビールを飲み過ぎて血液中のカリウムが増えるのが困るのです」
なのでカリウムは尿と一緒に排泄されてしまわないと、
細胞の活動に関わるということになる。
排泄が活発なほうが身体にいい、ということになるようだ。
言い換えると、
「身体にとってダメージが最少の選択をしている」
そういうビールをネズミは選んでいるということ。

しかし、こうなると銘柄が気になるところだ。
どちらにせよ僕なんか、
銘柄に関わらずビールを飲むとトイレはかなり近くなりますけど。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/17169533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2013-01-17 23:28 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30