天空の月。

「今夜は月が綺麗ですよ」

同僚の言葉にデスク横のブラインドを開けるが、
月はどこにも見当たらない。
さっきはあの六本木ヒルズの右上あたりにいたのだ、と同僚。
雲間に隠れてしまったのかもしれない。
早めに、といっても22時前だが、いつもより少し早めに帰る金曜日。
今夜はサッカー中継があるからね。日曜も出社だし。
言い訳ではない。

毎日毎日遅くまで仕事しないということが大事だよね。
そんなことを夕方話したばかりだった。
ちょっと抜けて映画を観て帰ってきてもいい。
スターバックスでラテを飲みながらぼんやりするものいい。
サボれること、それも実力だ。
ここぞという時に自分のベストを発揮するための、
精神的コンディションの調整。エゴが必要だ。
人が作った時間の流れの中にいてはそれもかなわない。

どこかのブログの話題ではないが、
仕事に使われ、時間に追われるのではなく、
仕事を自分のために利用し、時間を操ってやる。
そうでなくてはいけない。意識の問題。

仕事に対して多少傲慢なくらいじゃなくては、いい仕事はできない。
仕事の内側にいるだけでは、仕事をねじ伏せる事はできないのだ。

お先に、と誰より早く不夜城を出る。
小さいエレベーターを降りて、会社マンションの前、
止めてあった自転車の鍵を外すと月明かり。
はるか天空より世界を照らす、煌煌とした球体が頭上に光っていた。
月は、思っていたよりもずっと高くにあったのである。

ビールを買って帰ることにした。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1785123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユウイチロー at 2005-03-26 12:55 x
なんかどっかでみたことあるんだけど、
人間は週休3日がいちばんストレス無く暮らせるって。
なんかどこぞやの学者が発表してた。
僕もそんな気がするー(笑)

あ、仕事したくないって話じゃないですよね(笑)
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-26 13:04
いいですね週休3日。
3連休と、1日プラス2連休とどっちがいいかなあ。

逆に仕事しなさすぎでもストレスでしょうしね。
3連休、国会で通らないかな。
Commented by ぴれぴな at 2005-03-26 13:58 x
久々に休日出勤。
まあ、いつも1人「お先に~」と嬉しそうに帰っているから
このくらいは許す!
さぼりすぎた皺寄せが来たわん。
しのぶんさんいっつも忙しそうだもんねー。さぼるの必要よ。ね。
それよか、週休3日。賛成。
水曜日と土曜日と日曜日がいい。だめ?いい?あ?
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-26 15:27
>ぴるろ

いやんお疲れさま<誰?

僕も明日は休日出勤だがな!
そうそ、サボるの必要。必要さぼり。
そして僕もぴれ案に賛成。
月曜出て、火曜日が週末。そして休み。
木曜出て、金曜日が週末。そして2連休。
さらにフレキシブルに3連休の週も作れるの。
これ最強。

空想は楽しいね。うう。
Commented by kuro at 2005-03-26 17:45 x
昨日、満月でしたね。
BKKの制作プロダクション出たとき空を見て「おー、満月だー」と。

まぁ、こっちは既に(なのかいつもなのか)
夕方とかセミがわんわん鳴いてますので(ワンワンではない)、
ちょっとまた別の風情だけど。


あいかわらず余裕の見えない日々が続いてます…
Commented by junco at 2005-03-27 07:26 x
月って。

半月の時は半分に切られたベイクドチーズケーキに見えて、
満月の時は、激うまベイクドチーズケーキにしか見えなくて、

友達の前で、

「おいしそうな月やねぇ…。」

と呟いたら、失敗しました。何故。

メガネさんは、「うんうん。」だけ言うてくれます。
というわけで、西のメガネさんを週休3日にしてください。
同棲だけじゃ、時間が足りないのです。愛ゆえに。
Commented by コジロウ at 2005-03-28 18:46 x
週休3日、そんな日がくるといいな~

最近お月様も見てない、というか空を見上げる
って事をしていないと自覚しました。
興味がなくなったのか、余裕がないのか・・・
ちっちゃい頃はよく流れ星を探したんだけどなあ
そうそう、沖縄のほうに行くと流れ星いっぱい見えるんだよね

適度なサボリと休日の使い方が大事だよね
と言いつつ今日もまだまだ仕事終らず
この場で息抜きさせて頂いちゃいました。

さ、仕事しよ。。。
Commented by かぐさやぱん at 2005-03-28 18:52 x
私は月を見るのが好き。以外に乙女?
月の写真ってうまくとれないのだけど、カメラの質が悪いのかな?
Commented by satokoala at 2005-03-28 19:14 x

あたしも月大好きです。
魔力があるよね。
なんか、こう、心がぐっと惹きつけられる感じで。

月の光の下で、素敵な男性に出会ったらもれなく恋に落ちちゃう気がする。
あたしってほんと単純なもので。

まえ、恋人と一緒に見上げた月がどんなだったとかって、時間が経っても忘れないもの。
月の記憶と恋の記憶。
満月を見ると、あー、あの人と会ったのはこんな時だったなんてたまに思い出す。

小池真理子の『月狂ひ』 という小説があって、今は『浪漫的恋愛』という風に
改題されてるのですが、私はこの作品が大好きで。
耽美派的な『月狂ひ』 という小説をベースにして、男女の恋愛が書かれているのだが、
月の光を浴びると男女の恋が・・・っていうのが艶かしく耽美的ですごく好きで。

月から由来したLunaticって言葉もなんだかわかるような気もする。
不思議な魔力があるのよね。

ということで、あたしを口説きたい男子は月光を見せること(笑)
(なんちゅう結論・・・)
Commented by いづみ at 2005-03-28 23:41 x
金曜日の月って、満月に虹がかかっていたらしいけど
シノブさんが見たのは、それ?
と、このブログ読んだ友達から問い合わせがあったけど、どうなんだろ?
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-29 00:26
>忙しクロさん

もつかれさまです。忙しバンコクですね。

亜熱帯ですしねえ。
ていうか、そのうち慣れるのでしょうけど、
それまでの軌道アジャスト期間なのでしょうな。

いつか遊びに行きたいんだよな。
そしてスピッツを歌うという。
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-29 00:27
>Jちゃん

うんうん。そうねい。
月が美味しそうねい。

むー、東のメガネさんも週休3日にしてほしいぞ。
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-29 00:29
>コジロー

おつかれー。

沖縄の阿嘉に行った時に、
その星のキラキラの鮮やかさに感動。

時には空を見上げようぜ。
僕はわりとぼーっと空を見たりね(笑)
いや、社会不適応者じゃなくw
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-29 00:30
>かぐや

いや、僕も月は上手く撮れないよー。
そのたび、人間の目ってすごいなと思うのでした。
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-29 00:34
>さとこ

いいね。ロマンティック、ルナティック。
そういうのあるよねえ。

「月狂ひ」「浪漫的恋愛」。
「月狂ひ」のほうがとてもよいと思うのは僕だけか。

満足の磁力には同意。
ちょっと不思議な力があると思う。

そんなルナティックに身を委ねるのもロマンティック。
Commented by shinobu_kaki at 2005-03-29 00:34
>いづみちゃん

それ、聞いたけど見てないんだよね。
さぞかしあざやかであったであろうー。
Commented by satokoala at 2005-03-29 20:24 x

> 「月狂ひ」のほうがとてもよいと思うのは僕だけか。

あたしもagree。

文庫化するときに、ろまんてき・・・になっちゃったんだよね。
編集者の意図だろうケド。
まぁ売るために、って考えたんだろうけどさー、恋コメアメリカ映画の
邦題化みたいなかんじでびみょー・・・

月の光、に関する描写が作品内でもキーと思われるので、その神秘的な
ところをtitleに残して欲しかったとw

そういや月と6ペンスは大好きな作品なんだけど、あれには月の描写あったかなぁ?
読み返してみないと・・・

Commented by shinobu_kaki at 2005-03-30 01:16
「狂」の字が入ると途端に問題発生しそうではある。
自主規制ってやあね。

はっきり言って「ぬるく」なってるよね。
まあ間口は広がってるのかもだが。
エッジそぎ落とし。

「月と6ペンス」というタイトルで、月の描写がない…
ある意味クール。
でも読んでないので僕はなんとも。
by shinobu_kaki | 2005-03-26 11:29 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(18)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31