「後藤繁雄は不思議な生き物だ」坂本龍一

後藤繁雄は不思議な生き物だ。
男性とも女性ともいえない。かといって中性というわけでもない。
もしかしたら、人間じゃないのかもしれない。
地球のいろんな所にいる。どこにいても同じ目をしている。
少し牛の目に似ている。髭はオットセイみたいだ。
いつも同じものを着ている(ように見える)。
いつも口のなかで、何かモゴモゴ言っている(ように見える)。
たくさんインタビューしているくせに、ちっともインタビューがうまくならない。
から、心配になってたくさんしゃべってしまう。
私生活が分からない。分からなくても、仕方がないと思ってしまう。
幻想文学とかの知識がすごくありそう(に見える)。
日曜には和歌を作っている(かもしれない)。
料理はできるのか? 全然分からない。分からないことが多い。
しかしひとのことは分からない。分かっていることは少ししかない。
不公平だ。
僕もたくさんぼくのことを後藤繁雄にしゃべってしまった。
とりかえしがつかない。
後藤繁雄はたくさんぼくのことを知ってしまっている。
彼の記憶を消すことは、できないか?



クリエイティブディレクター後藤繁雄の対談集、
「独特封談」(リトルモア)の帯に書かれた坂本龍一の推薦文(?)
昔のものだが個人的に大好きで(名文だと思う)、
帯をずっと持っていた、ことがこの度の大掃除で出てきて発覚。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1859568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のこのこ at 2005-04-19 13:47 x
坂本龍一は大好き。 
なぜか彼があっこちゃんと別れて私のダンナさんになってくれた夢をみたこともある。
6畳のボロ和室に布団敷いて幸せだなぁ、と思いながら一緒に寝てたら、朝起きたら東上線の駅のホームの階段下に布団敷いて寝ていて、フトンの中からおそるおそる周りを見たら、朝早く電車を待つサラリーマンが朝もやに浮かんで見えてね。どうしたらいいかわからなくてフトンにもぐりこんでた、という夢。

ま、どうでもいいことですがね。

つい自分のこと話したくなっちゃう人っていますよね。私自身も「初対面でもついいろんなことしゃべりたくなっちゃう人だよね」と言われる事が多いです。
もちろん私を警戒する人も多いけど、そういう人でありたいなぁ、と思ってはいます。気さくで話しやすくてフトコロ深くて自立した人。
Commented by たそりか at 2005-04-19 15:54 x
アイドンは不思議な生き物だ。

Commented by わさ at 2005-04-19 17:51 x
>ことがこの度の大掃除で出てきて発覚。
ぷぷぷぷぷぷー!

じゃ、これはもったいないから捨てるのやめましょ~!
これ「も」?

というか、本当にこの文、おもしろい。
私も取っておくかも。。。。
Commented by shinobu_kaki at 2005-04-19 18:47
>のこのこさん

>なぜか彼があっこちゃんと別れて
>私のダンナさんになってくれた夢をみたこともある。

BGMは「エナジーフロー」で。

>「初対面でもついいろんなこと
>しゃべりたくなっちゃう人だよね」と言われる

こういうのってあれですかね、
人に対して胸襟を開いている、みたいなのが大事なのかな。

>ちっともインタビューがうまくならない。
>から、心配になってたくさんしゃべってしまう。

これ、なんかカワイイですよね。
あ、例のご依頼の件、メールしましたのでご確認を。
Commented by shinobu_kaki at 2005-04-19 18:48
>たそかり

いつも赤いものを着ている(ように見える)…。
Commented by shinobu_kaki at 2005-04-19 18:48
>わさ

>じゃ、これはもったいないから捨てるのやめましょ〜!

いや、ここに書いたから捨ててもいいと…(笑)
そのために書いたりしてね。
by shinobu_kaki | 2005-04-19 10:23 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(6)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30