人生29歳変動説

僕は仕事から帰るとまず着替えて風呂に入るのだが、
今日は湯船にゆっくり浸かりながら、
田口ランディの「馬鹿な男ほど愛おしい」という
ものすごいタイトルのエッセイ集を読んでいた。
その中に「人生29歳変動説」という表題の文章があった。
長くなるが引用してみたい。


いろんな方の話を聞くと、
かなりの確率で…というかびっくりするような確率で、
29歳で人生の転機を迎える人が多いのである。
29歳には何かある、とつねづね思ってきた。
そういえばブッダが出家したのだって29歳だった。
この29歳の転機というのは、
その人の天職というものと非常に深く関わっている。
29歳で、自分の価値観や、携わっている行為に対して疑問を持ち、
そして疑問を解決すべく行動した人はその後、
32歳の時に別の転機と遭遇するのだ。
で、この32歳の時の転機が、自分の天職を決めていく。
その後、35歳、38歳と順調に自分の人生の意味を見出し、
42歳前後で迷いが出る。この40歳代の迷いというのは、
身体の変調という形で表出したり、
もしくは女性(あるいは男性)に恋をしてしまう…
というような形で現れたり、それまでまったく興味のなかったものに
狂ったように魅かれたりするのだが、とにかく心と身体が動揺し、
その経験によって、本当に自分が望んでいる生き方とは
どんなものかを再確認し、それが完了すると50歳から
「奉仕」というものを仕事の中心に据えて生き始めるようなのである。

(引用ここまで)


経験則である。
別にすべての人にとって「29歳で転機が訪れる」とは書いていない。
ただ「たまたま、わたしが会った人の多くが」29歳を転機としていた、
という話にすぎない。
だが29という数字は何かしらの説得力を帯びて我々の耳に響く。
あとひとつで大台、という数字には、
何かが飽和したような、何かが終わりの時を迎えるような、
大晦日的クライマックス感があるのだ。

そして自分の記憶に質問してみる。
「29歳に何か転機と呼べるようなことはあったか?」
あったかもしれない。
あれかな、と思う。
転機と呼ぶのだからもちろん良いほうのそれである。
世界が広がるきっかけというか、
世界の色が好ましい鮮やかさに染まるその導入部である。
そして、ある意味当たり前なのだが、
今の自分の人生自体、そのきっかけの延長線上にあるのだ。

著者によると、誰もがぴったり29歳というばかりでもないらしい。
「29歳の時にとりたてて何もなかった、
どんな転機も訪れなかった人は、たいてい、
『でも、30歳の時にあったな』『28歳の時にあったな』
とか言うのである。私はこの話をずいぶんといろんな人にしてきたが、
『自分に転機がなかった』という人には一人も会ったことがない。
本当に一人もである」なのだそうである。

もちろん、著者の相手がある程度話を合わせてくれた可能性もある。
転機という視点で思い返すと、
どんな小さな出来事でも転機として捉えうる構造は確かにある。
そういう意味で「29歳で転機がくるんだ!」とストレートに信じることは、
あまりに素直すぎると言わなければならない、かもしれない。

ただ非常に限定的に、
自分自身のこととして思い返しても、
29歳というのはやはり特別な年齢であったと感じるし、
その時に出会った刺激的なあれこれというのは、
非常に好ましい色彩を人生に与えてくれたと思わざるを得ない。

たぶん、そういう歳ってあるんだと思う。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/19394679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2014-01-28 00:30 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31