ポエム風。

友達のライターに

ブログ
って

脅威?


聞いたことがある

文字は
誰でも書けるもの
だから

みなが
底上げ的に
文章の修練とやらを
積み

素人が
プロを凌駕する
可能性に

背中の冷たい
思いを
感じることは
ないの?


聞いた訳だが

彼は
答えた


「それはない」


僕は
仕事として

仕事人として

依頼を受けて
信用を積んで

やっている

それと

素人の
文章力の
底上げとは

直接の関係は
ない
と思う


言い方は違うが

彼が言った
言葉は
そんな大意だった


思う



Macの普及が
デザイナーもどき

生んだように

実際
それらしく
形にすることが

誰でも
出来るようになったように

ブログは
誰でもがその
「書いたもの」

人目にさらす
ことが

できる


でも

「文字」が書けても
「文章」が書けるわけではない

似て非なるもの

岸は見えるが深すぎて
決して
渡れない河のような隔たりが

それらには

「ある」


言えるかもしれない



なんて

某所で話題


ポエム風に
書いてみたり。



文字の置き方ひとつで、
とたんにポエム風になるよね。

ふ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/1997580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from aoao * blog   at 2005-06-07 22:28
タイトル : 今日もお仕事 お休みで …
まだ 本調子でなく 寝込みながら blog しちゃいました それは 今日 尼崎の脱線事故が 起きた電車の 試運転が 行われたのです  こんな 体調で またまたの 偶然に 必然を感じ … 生きる意味 … !! 元気でいることの大切さ を身をもって 体験しています…  ... more
Commented by あいどん at 2005-06-06 17:09 x
ペさま、あいきゃーらず、きゃわいいれすね。

文字を書くのと文章を書くのは、違うってかいてあるけど、

ブログの文章で人柄って分かるものなの??

作ろうと思えば作れる気がするし、実際のブログと本人がぜんぜんちがったり。と、ちょっと疑問をもちました。

地球に不慣れなので、変な質問ですみません。

Commented by shinobu_kaki at 2005-06-06 17:18
あいどんさま

>ブログの文章で人柄って分かるものなの??

ある程度は人柄が出ると思うけど、
うまく煙幕を張るようにされていたら、
僕なんかは見破れないんじゃないかと思います。

「その人そのもの以上の文章」って書けないと思うけれども、
その人の持ってるものの範囲内で、
別の人格を騙ることは可能だとも思う。

本人に会う前にブログを先に読んでいて、
実際に会う機会に恵まれて会った、そういうケースで、
「えーっ、こういうキャラだったんだ!(笑)」
というケースはあまりない、…と思ったら、いたな(笑)

りかたんさんという人と、
えいこちゃんもそうだったかも(笑)
Commented at 2005-06-06 18:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by いづみ at 2005-06-06 19:23 x
ポエムコンテストで入賞したことあります!
佳作だから恥ずかしいけど……とここまで書いて気づいた。
佳作という事実より、ポエムコンテストに応募してること自体が恥だ(汗)

>>ブログの文章で人柄って分かるものなの??

ハンドルネームつくって、別人格で書いてみたいとは思うな。
Commented by colorcube at 2005-06-06 21:00
おじゃまします。
ポエムのことはわかんないけど・・・
僕は仕事が違うけど、シンプルに考えてます。

自分のために“やる”のが素人。

依頼をうけた誰かのために“やる”のがプロ。

単純にギャラの問題だけじゃないけどね、だよね?。
Commented by okadoo at 2005-06-06 21:08 x
Mac使えるのとデザインできるのはまるで違うことだしね。

正確に言うと職業デザイナーとは違うというか...。

職業にするということは色んな責任やデザイン以外の能力も必要になるわけで、
世にWEBページを持っている人は山ほどいれど、
みんなプロ目指しているわけではないしね。

ただ、いろんな意味で登竜門だったり職にするきっかけにはなるんだと思う。

昔はデザイナーなんて、「学生時代美術得意でした!」なんて人ばっかだけど、
最近WEBデザイナーになろうと応募してくる人は、
「友達と趣味のHP作ってから、これを職業にしたいと目覚めました!30才です!」
なんて人がいっぱいです。

まぁ、これはこれでいいんだろうね。

ブログも似たようなもんかな?

思わぬ才能に気づく(気づかされる)こともあるよねぇ。
Commented by シホ at 2005-06-06 21:52 x
これねー。ここ数日考えてます。
okadooさんの
>最近WEBデザイナーになろうと応募してくる人は、
「友達と趣味のHP作ってから、これを職業にしたいと目覚めました!30才です!」なんて人がいっぱいです。

結局私、こんな感じで今の仕事に就いてしまったようなもんだけど(でもデザイナーは無理)下積みも何もやってない。インチキに近いんだよね。

それで会社から大型サイトの「Webマスター?」みたいな仕事をもらったんだけど今までプライベートでやってたWebマスターとは感覚が全然違う。

「趣味」じゃなくて「仕事」だからサイトオーナーが要求してる通りにやらねばならない。
自分の好き勝手なんてできるわけがない。

「登竜門」として考えればいいキッカケだけど
きちんとした下積みもせずインチキみたいな状態でこの道でプロになろうなんてこの先の道のりが険しすぎる所があってそれとの葛藤がこれから続きそうです。
Commented by okadoo at 2005-06-06 22:09 x
あっ、でもよく考えたら僕もグラフィックのデザイナーから
たいした知識も無いくせに突然WEBに転向したクチで、
ある意味同じかもしれません... 。
当時(5年前)に学生さんがWEB制作を受注しまくってた頃、
その人達にしてみれば「甘くみんなよぉぉ」って感じだったろうし...。

結果として向いてる人は残っていくし、
いろんなとこから人が入ってきて刺激をしあう。
すごく良いことだと思うです。

ねっ、kakiwo。
Commented by のこのこ at 2005-06-06 23:04 x
>ポエムコンテストで入賞したことあります!

そーいや小学校のとき、ワタシも「母の詩」コンテストで入賞して市民文化会館で朗読した覚えが・・・ 

>みなが底上げ的に文章の修練とやらを積み 素人がプロを凌駕する可能性に・・・・

ワタシずっと思ってたんですが・・

最近の若者の文章力の低下が問題になってるらしいですね。大学でレポート書くだけの文章力が欠落してる、とかさ。
今ってメールとかブログとか、文字を使うツールがめちゃめちゃ氾濫してるのに、文章力がついてこないのは何故なんでしょう?
若い子達の掲示板の書き込みとか、あまりに(日本語的に)ひどくて頭抱えたりします。 そして、う~んとうならせるステキな文章を読めるサイトは本当に少ないです。

少なくともワタシは「稚拙な文章は嫌だ」、と思い続け、パソコンを導入した前世紀から、毎日毎日膨大な量の文字を並べ続け、多少は・・・ホントに多少は上達した感がありますがね。 やはり今の学校教育の問題かなぁ・・・。

てなわけで、ブログの氾濫が文章力の底上げに結びつくか、という問題にははなはだギモンであります。 すんません。ババァな書き込みで。
Commented by シホ at 2005-06-06 23:10 x
okadooさんにそういってもらえるとちょっとほっとしたり。
私も今自分がやってる仕事が何なのか、はっきりわかってないトコロがあって。

Webの仕事って定義があいまいみたいな話をよく聞くんだけど
例えばWebディレクターとかWebマスターとかって制作知識が万全にあった上で企画を立案したりクライアントとのコミュニケーション力が必要だったり、前提としてコーディングやデザイナーという制作側の事も理解できないと勤まらない職種なのに、意外と世の中は「インチキ」な人が多くて、だからデザイナーさんとかが仕事がやりにくい事がかなりある、とか。
そんな世界なのかなぁとも。

でも私は今の所はデザイナーさんの下で別サイトで使うパーツを作ったり、コーディング仕事を手伝いながら、ディレクターさんの指示に従ってWebマスター仕事を平行してやってる感じで。(Webマスターというより今の私がやれる所はオペレータ仕事という方が当たってるんでしょうが。)
今後枠を決めずにそうやって色んな事をやっていきながら経験を積んでいくしかないんだなーなんて思ったりしてます。
Commented by はむ at 2005-06-06 23:26 x
自信が過信になっちゃうのはダサイけど、でも思い込みや勘違いの持つ威力って、時には状況を打破しちゃうよなー。
Commented by た〜ちゃん at 2005-06-07 02:01 x
ずっと趣味で手作りの冊子を作ったり、高じてコラム書いたりした身にしてみると、blogは脅威とかには感じないです。
あ、趣味でというのは趣味の世界を表現するのに、という意味です。

紙での表現って、その表現力はblogとかには到底及ばないけど、
その分文字で伝える事柄の盛り込み方にものすごく労力を使うし。
今でも外出して感じたことを記録するのは絶対に手で記録してます。PC持ち歩いたこともあったけど、全然だめだった。どうしても、受け身になっちゃう。自分で発信する前に。

そうそう。
Mac買ったとか、使ってるとかいうと、デザイナーとかじゃないじゃん!とか言われるの、いい加減にして欲しいんですよね。。。
Commented by aoao at 2005-06-07 23:01 x
ポエム風 なんか シノブさん らしくなくて
読みづらかったですが 内容的には シノブさんらしさが あったようにおもわれます
(なんかえらそーでスミマセン シノブさんに 会ったこともないのに…)

どちらでも 言葉の重みはある気がします

私は シノブさんの 文章が好きですね
ブログをいろいろ読んでいて やはり好きな内容や 文章があるのが 分かりました

ただいま 体調不良のため寝込んでますので 短めですが 今日はこれで…
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 07:35
>鍵様

ご指摘有難うございます。
さっそく修正しました。

というかコメント遅れてはや何日…うう。
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 07:39
>いづーみ

僕は小学生のときに、
授業参観の日の朝だったけれども、
教室に行ったら宿題で書いた僕の詩が、
後ろの壁に貼り出されていたことが。
おじいちゃん先生謹製の、
丁寧な筆書きで。大きな紙に。
ありゃはずかしかった。
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 08:05
>colorcubeさま

おお、そうですね。
逆に、僕も久しく「自分のために」とは
思って仕事していないですね。
基本的には仕事は依頼者のものかと。
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 14:14
>おかど&シホさん

>友達と趣味のHP作ってから、
>これを職業にしたいと目覚めました!30才です!
>なんて人がいっぱいです。
>まぁ、これはこれでいいんだろうね。

んー、結局出来るか出来ないかだから、
来歴はどうでもいいんじゃないかなーと思いますね。
学校出た人でも、なんかロクに出来ない人だっているわけだし。
「カン」がいい人なら出来るようになるよね。
仕事なんて実戦勝負じゃない?
習得時期の長さじゃないからね。

僕ですか?
「カン」だけが命です(笑)
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 14:22
>のこのこさん

>文字を使うツールがめちゃめちゃ氾濫してるのに、
>文章力がついてこないのは何故なんでしょう?

インプットが圧倒的に少ないから、
じゃないかと思いますね。

自戒を含めて語っちゃうと、
やっぱり良いとされる本、文章に触れるしかない。
名作でもなんでもいいんですけど。
後世に残る文章は美しいし、韻律など、
音にしても完成度が高い。
垂れ流しレベルの文章だけ読んでいては、
そこから上のレベルには行けないのは道理じゃないかと。
影響されることが重要なのではないかと思いますね。
人間が誰でも、自己の内から名文を沸き起こせるわけじゃない。
ただ、インプットがあった上でという条件なら、
ブログは表現練習にはなりますから。
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 14:26
>はむ夫

若いときは実力が伴ってないから、
勘違いの力がないと伸びないんだよね。ある程度。

いやー、楽な道ってないやね。
若い時に戻れるって言われても、僕はいいや(笑)
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 14:27
>た〜さん

>PC持ち歩いたこともあったけど、全然だめだった。
>どうしても、受け身になっちゃう。

あとさ、
手を動かしてると脳が働き始めるってのもあるしね。
キーボードじゃなくてペンで、
「形」を描くのって、実は凄く効果的なんじゃん。

で、趣味の本っていったい…!?(笑)
Commented by shinobu_kaki at 2005-06-10 14:30
>aoaoさん

体調不良でお休みとのこと、
どうかお大事してください。

具合が悪くなると、普段の健康な状態の大事さが沁みますよね。

>ブログをいろいろ読んでいて 
>やはり好きな内容や 文章があるのが 分かりました

なんというか、生理的なものもありますよね。
ぱっと見の感じとか、リズムとか、
言葉の選び方とか。なんとも説明しがたいですが。

とにかく、お大事に。
by shinobu_kaki | 2005-06-06 16:47 | 言葉は踊る。 | Trackback(1) | Comments(21)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31