物欲。


私には物欲がない。
いつもそのように言っている。
欲しい物は?と聞かれると答えに窮する。
欲しいものはいくつもあるが、それは物ではないからだ。

「物欲がない」と言うとき、
自分の中に何か優越感はあるのだろうか。
例えば子供の欲望の多くが物欲にあると措定したとして、
自分は良い意味で「枯れた」、
そう言いたいということはないだろうか。
基本的に人は物欲を持つものだと措定して、
子供の頃に欲しい物をいくつも買ってもらったから自分には飢えがない、
そう言いたいということはないだろうか。

だがもちろん自分にも狂おしい飢えはある。
得たいものが物ではないだけだ。
何かを失くすと悲しいが、それが物ではないだけだ。

仮に物欲が心の埋草としてあるならば、
物欲でない欲とはなんだろうか。
それは物欲といったい何が違うのか。
物欲の何が悪いのか。
物欲がない、と言い切ることにどういった意味があるのだろうか。


私には物欲がない。
欲しいものはもっと形のない、そして直接的な何かだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/19981665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2014-07-09 20:04 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31