最後の。



元goosehouseのシンガーソングライター、関取花の曲。
2013年の神戸女子大CM曲。
ちょっとびっくりするほど良かったので、
最新というわけではないけれど、上げてみた。

声も、歌詞も、世界観も、全部いいね。

刹那の青春時代を歌っているわけだが、
「最後の青」と形容されているこの時代と、大人のそれと、
決定的な違いはなんだろうと思った。

リニアな時間軸の中では、
人生の時間というのは理屈としては変わらないはずだ。
だけど人には特別な時代というのが確かにあって、
「こんなに鮮やかな日々はもうないの、どんなに願っても」なのである。
時間というものは等価ではないのだ。

なんだかやたらツボに入ったようで、少し泣きました。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/20005997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2014-07-17 00:49 | エウレーカ! | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31