たいしたことなさ。


ことあるごとに、自分のたいしたことなさを噛みしめる。
「なんて自分はたいしたことないんだろう」と思う。
つまり「もっとたいしたことのある人でありたかったな」と思うのだ。

たいしたこと、は身を助ける。
「身」というか気持ちだろう。もっと言えば自尊心だ。
嫌な思いをしなくて済むのだ。
たいしたことあるというのはなんと素晴らしいことだろうか。

たいしたことのありなしが、
自然淘汰と結びついていたなら話はもっと簡単だ。
要するに、たいしたことのない人は生きていかれないとしたら。
残るのはたいしたことのある人ばかりになる。
たいしたことのない人がどんどんいなくなったからだ。
なんと精度の高い世の中になるだろう。
なんと素晴らしい世の中であることだろう。

だが問題は、たいしたことのない人でも生きていかれるということだ。
たいしたことなさと、生命、あまつさえ幸福は共存可能なのだ。
その背反は救いであるし、同時に苦しみの根源でもあるだろう。

たいしたことのある人、でありたかった。
本当だろうか。
たいしたことのない人のたいしたことない人生。
どうだろう。
別にいいのではないのか。
要は「嫌な思いをしたくない」ということの言い換えかもしれない。

なんというか、そんなもんだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/20034347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ポリス近藤よしあき at 2014-07-27 07:43 x
ファイト!ww
by shinobu_kaki | 2014-07-26 01:15 | ライフ イズ | Trackback | Comments(1)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31