三日で忘れる男の話。

「なんでも三日で忘れる男の話」を読んだことがある。

親兄弟、仕事はおろか、
大事な人のことすら綺麗さっぱり忘れてしまう。
自分の名前については、
例えばホテルのフロントなど、
たまたま関わった人たちが自分の名前を呼ぶことで、
ああ、俺は○○という名前の人間なんだ、
と認識するので忘れない。

しかし社会性とはつまるところそういったものだろう。
他人が「自分」を認識するから自分は存在しているわけだ。
会った人すべてを三日で忘れてしまっては、
ぜったいに人間関係は築けない。

「メメント」という映画があった(監督:クリストファー・ノーラン)。
やはり、片っ端から記憶を無くしてしまう男の話。
短期記憶はたったの10分間。
彼は、自分の身体に傷で情報を書き込んでいた。
前向性(順行性)健忘という病気で、
これは実際にある症例だという。

忘れ続ける男には、
悩みはきっとひとつしかない。
それは、「忘れてしまうこと」。
これ以外の悩みはすべて、忘れてしまうだろう。
悩みがひとつとは羨ましい、とも言える。

ちなみに「悩み」とは何か?
それは「自分のイメージと現実とのギャップ」だ。
イメージが無ければギャップもない。
期待しなければ裏切られない。
少々村上春樹的ネガティブさだが、ひとつの真理ではある。
そもそも人間関係を築かなければ、
人間関係で悩むこともないということだ。
しかしそれは、寂しい。

3日で忘れる男の話には、こんな台詞が出てくる。

「忘れ続けてね、3日間をとても大切に生きてるの。
…素敵な人生だと思わない?」

素敵な人生かどうかはわからないが、
忘れて生きていくのはずいぶんと気楽かもしれない。
しかしきっと、寂しいだろう。
この場合「気楽」と「寂しさ」はセットで、
逆のセットがあるとするなら、
例えばそれは「煩わしさ」と「幸福」か。

とかく、この世はバーターなのである。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/2125994
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyon at 2005-07-26 19:36 x
「メメント」、かちっとしていてかなり好きな映画です。
時間が逆行していく独特の進み方で、
よく見てないとわからなくなりますが。。
なにしろ何でもすぐ忘れるのでナカナカ大変そうではありました。
主人公が外を走っていて、向こう側にも誰か男が走っていて、ふと、
「俺はなぜ奴を追っているんだろう」
とか思ってるとそいつが銃でガンガン撃ってきて
「じゃなくて俺が追われてるんだ!」…とか(笑)
Commented by ぴれぴな at 2005-07-27 17:42 x
そうそう、メメント。こっちが見ていてわけわかんなくなりそうだった。
最初、何度か巻き戻ししちゃった記憶が・・・。
でも、なんかテンポがよかったよね。

>忘れて生きていくのはずいぶんと気楽かもしれない。
>しかしきっと、寂しいだろう。

例えば、すごく大切だった人との恋が破れたときは、ちょとの間だけすっぱりきっぱり忘れられて、その後違う恋をしたときは、過去の甘くて苦い想い出として思い出せたらいいよね。とか、恋する乙女ちっくなことを言ってみた。


Commented by shinobu_kaki at 2005-07-28 18:49
>kyonさん

メメント、観たときの第一印象は、
「そんなに言うほどムツカシイ映画かなあ?」ではあった。
時間軸がやたら複雑ではあるけれども。
でも、僕もディテールをすっかり忘れていたりします。
それは言わば、僕の「メメント度」の
高さというか低さというかなのかもですが、
この映画の作り方が、
「アイデアありき」に比重があるからじゃないかとも思うのです。
「シックスセンス」も、あの最後のドンデン返しは覚えていても、
そんなに前半〜中盤のディテールって覚えてなくない?



Commented by shinobu_kaki at 2005-07-28 18:55
>ぱひゃらら

>すごく大切だった人との恋が破れたときは、
>ちょとの間だけすっぱりきっぱり忘れられて、
>その後違う恋をしたときは、
>過去の甘くて苦い想い出として思い出せたらいいよね。

人は辛いことを長期記憶としてキープするには弱すぎる、
だから想い出は美化されがちだといいますね。
そしてそれは真実なのかもしれないですね。
自分にしてからがそうだしね。
「今」の良さ、恵まれてるとかっていうのは
後から感じるものでね。
Commented by kyon at 2005-07-28 20:50 x
>「シックスセンス」も、あの最後のドンデン返しは覚えていても、
>そんなに前半〜中盤のディテールって覚えてなくない?

たしかに!
ただ私のメメント度は
ひょっとしたら洒落にならないかもぐらい(!?)高いので
映画のせいじゃないかもですが(笑)
Commented by わさ at 2005-07-29 13:44 x
わたしもメメントみたー。映画館で。
じっと見てないといけない映画って、すき。

でも、ホント。
寂しいだろうなぁって思った。
常に、この人が言ったことは本当なのか嘘なのか。って疑ってかからないといけないし。

でも人間は旨い具合に忘れたり覚えたりできて、すごいかも。
シノブさんの記事を読んでいてふと思いました。
Commented by shinobu_kaki at 2005-07-29 21:29
>kyonさん

>メメント度

いっそ「メメン度」くらいまで略しますか。
Commented by shinobu_kaki at 2005-07-29 21:37
>わさやん

>じっと見てないといけない映画って、すき。

僕もそういうの好きです。
静かなのも好きだしね。
こないだの「サイドウェイ」は、
導入で凄く静かで綺麗なお気に入り映画かと思ったけど、
予想に反して「面白」かった気がする。
でも、最近脚本に関する本を読んで、
そういったドラマの起伏というのは、
シナリオにとって不可欠だということがあった。
「サイドウェイ」に、あのドタバタは必要だったんだなと。

ようは、じゃないと2時間もたないちゅう話だね。

by shinobu_kaki | 2005-07-26 18:32 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(8)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31