キャッチャー過労の時代。

古田敦也にヤクルト球団から監督就任要請が出ていて、
報道によると古田もまんざらではなさそうである。
選手兼監督、いわゆるプレーイングマネジャーとなると、
昭和52年の野村克也(南海)までさかのぼる。

野村と言えば、ヤクルトの黄金時代(と言っていいよね?)に、
ほぼマン・ツー・マンでもって古田を育てたその人である。
「いやあ、一年目は“はい”しか言えませんでしたよ」とは古田の弁。
野村の指導は的確で厳しく、瞬く間に青年古田を球界一の捕手に鍛え上げた。
“遺伝子”を受け継いだ古田が、野村以来の選手兼監督へ。
因果と言えば因果である。このあたりの巡り合わせはとても面白い。

黄金時代と書いたが、日本シリーズに連続して出場した(1992-1993)、
この時のヤクルトは本当に強かった。そして、良いチームだった。
だいたい当時最強を誇った森西武に日本シリーズで敗れて、
次の年に連続でペナントを制するチームというのはかつて存在しなかったのだ。
ヤクルトは西武に勝つためにセ・リーグのペナントを勝ち取り、
それがまるで当たり前であるかのように、
再び日本シリーズで、西武の前に立ちはだかったのだった。
(そう言えば、当時の西武の正捕手・伊東は、いまや西武の監督である)

岡林・川崎・伊東・広沢・池山・ハウエル・高津など、
この時期の功労者は枚挙にいとまがないが(僕は秦が好きだった。渋い)、
誰か一人と言われたら、やはり古田ではないか。

キャッチャーというのは激務である。
ピッチャーはローテーションがあって投げたら休めるが(抑えは別♪)、
守っている最中に打席のことを考えててもバレない野手と違い、
(原辰徳などは守備位置で素振りをしていたことがある)、
一球一球ピッチャーをリードし、サインを出し、返球をする。
ランナーに気を配り、意地悪な一塁ランナーが二塁へ走ったなら、
全力でしかも正確な送球を二塁に投げなければならない。
また、グラウンドにおける現場監督として、
監督にかわってナインの指揮をとり、ひたすら鼓舞することが求められる。
そしてこれは、皆が知ってるかどうかわからないが、
内野ゴロの際の送球を一塁手が取りそこねた時のカバーのために、
ファースト付近までいちいちダッシュをしているのだ。
キャッチャーは一人だけプロテクターをしていて、重い。そして暑い。
ファールボールがワンバウンドして金的をキコンと直撃することもある。
痛いのもイヤだが、そのみっともない姿を全国ネットで、
お茶の間の皆様にお届けしなければならないのもしのびない。
そして最後に忘れてならないのは、これらの仕事の上に彼らは、
なんとバッティングまでしているのだ。

それだけの仕事量を誇るキャッチャーが、
打席に入ることだけに(ほぼ)専念したらどうなるのか。

日本ハムの小笠原、西武ライオンズの和田、高木大成、垣内、
広島の木村拓、楽天の山崎、磯部、関川、飯田、読売ジャイアンツの江藤…。
昔ならばヤクルトの秦、オリックスの石嶺、西武の金森、大洋の宮里…。
(所属球団は多分統一感メチャクチャなので突っ込まないでくだちい)
これらは皆、元キャッチャー、つまり野手にコンバートされた選手たちである。
特に小笠原、和田などは、もはやリーグを代表する強打者と言ってさしつかえない。

何が言いたいかというと、
キャッチャーは、キャッチャーという激務から解放されると、
なんだか凄いことになるということである。
というわけで、ヤクルト・古田、ソフトバンク・城島、読売・阿部はかなり凄い。
捕手が4番を打つ、ということに隔世の感を激しく感じる私である。
昔は、メジャーに渡った野茂の相棒のピアーザ(当時ドジャース)を見て、
キャッチャーのくせに4番かよ、とか思っていたものね。
(まあイヴァン・ロドリゲスとかいたけれどもさ)

捕手は、捕手であるということに対して、もっとリスペクトされて良い。
少なくとも僕はそう思っている。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/2257275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日刊西武ライオンズ~地平.. at 2005-10-27 16:28
タイトル : ライオンズの捕手はなぜ育たない?
前正捕手が偉大すぎた。 そのためライオンズの正捕手は常に伊東勤と比較されてしまう。 細川も野田も、その運命を避けることはできない。 ふたりが正捕手の座を掴むには、まずはそこを打破しなくてはならない。... more
Commented by kuro at 2005-09-20 20:32 x
しゃがんだり立ったりするだけで疲れるよねぇ。

ロッテでは斉藤巧(レオンとトレードで大洋から移籍)という、
キャッチャー「に」コンバートされた選手もいました。
あと、経験の殆どないマイク・ディアズに「マトが大きいから」という理由で(真偽は定かでない)、
キャッチャーやらせてたな(山内監督時代か?)。


マイナー過ぎますな。
失礼。
Commented by shinobu_kaki at 2005-09-20 21:41
>キャッチャー「に」コンバート

珍しいですよね。
あれかな、最近だと巨人にいた織田だっけ?
ピッチャーからキャッチャーにコンバート。

ディアズは、有藤さんの時じゃなかったっけ。
違ったかな。
仙台宮城球場に、ディアズ在籍時に見に行った記憶が。
試合途中で行ったら、投手が遠山でした。
Commented by kuro at 2005-09-21 00:04 x
そうですね。有藤の時かもですね。
てんで働かなかったマドロックとかいましたしね
(「まどろっくしいヤツめ」(有藤)とかいう、しょーもない駄洒落があった記憶が)。

投手遠山。ロッテでは打者歴の方が長かったのかなぁ…
と思って調べたら、4年投手、3年打者、ですな。


>ピッチャーからキャッチャーにコンバート。

「一人キャッチボール」が出来そう (出来ませんって)。
Commented by どらごん at 2005-09-21 00:53 x
ディアスは金田監督の時だったような。
五十嵐もキャッチャーしましたね。

捕手出身選手の至宝といえばやはり衣笠でしょう。

大リーグにはセイバーヘイゲンという
遊撃手→投手→サイヤング賞
すごい投手もいましたなあ
Commented by シノブ at 2005-09-21 10:24 x
>まどろっくしいヤツめ

まあ、どーしてもね…(笑)
ストッパー毒島の「ハルオ」を思いだしたり。

ディアズ、金田ん時でしたっけ。そうそう衣笠もいたね。

メジャーと言えば、
ウェイクフィールドも経歴めちゃくちゃでいいですな。
ナックル投げられる野手ってだけでロースターで回すという。
Commented by kuro at 2005-09-21 14:13 x
メジャーと言えば、
キャッチャーではないけれど気になるのが、
元ロッテ主将・フリオ・フランコの成績。

今年はこれまで、
98試合出場220打数61安打42打点.277@アトランタ。
ここ数年では一番良くない数字ですが、
代打中心でも、勝負強いバッティングは健在。

健在。
47歳。 しかも公称。
Commented by シノブ at 2005-09-21 14:52 x
フリオ・フランコ…。あのフォームも健在なんでしょうか?

公称で47ってことは、


…実年齢はいくつなんだ…。
Commented by kuro at 2005-09-21 16:01 x
フランコ年齢問題。
2004年3月(公称45歳当時)に、オープン戦で対戦した松井に、
「実は48なんだ」と言ってますので、これが本当であれば、
この8月で50を迎えていることになるかと。

というか、ドミニカで戸籍がちゃんとしてないとかなんとか、
という話もあったような。


健在です。あのフォームも。
Commented by shinobu_kaki at 2005-09-21 17:32
>「実は48なんだ」と言ってますので、

ちょ、ちょっと待って。
それは信用できる情報なのでしょーかっ?
フランコ、ウソついてませんか?

こーなると、もはや誰をどこまで信じて良いのかわからん…

サラリーマンなら「働きざかり」なんですけどね、フランコの年。
運動選手ですからねえ…。
Commented by HAJI at 2005-09-21 18:18 x
京都は 上賀茂にある
古田も大学時代通ったという定食屋の 鯖味噌煮は 激うまで有名
Commented by shinobu_kaki at 2005-09-21 18:29
上賀茂かあ。
古田ってR命館だものね。

美味しい鯖味噌が食べとうおす。
Commented by どらごん at 2005-09-21 22:18 x
そういえばフランコ見ました。
SF出張中に野球中継で。
ルーキーピッチャーとの対戦だったのですが、
たしかのべ2000人近い投手と対戦しているというデータが紹介されていたような・・・。
Commented by シノブ at 2005-09-22 10:06 x
>たしかのべ2000人近い投手と対戦している

なんかあれですね、通過儀礼みたいね(笑)
プロになったらルーキーはまず、
フランコと対戦しなければならない、みたいな。
Commented by あちゃ at 2005-09-22 10:41 x
ありゃま、ぼーっとしてたら(最後の夏休みなもんで)、
こんなアツい話題が・・・
完全に乗り遅れた・・・orz

子供のころ松井少年のポジションはキャッチャーだったような。。
Commented by shinobu_kaki at 2005-09-22 11:15
>あちゃまくん

>松井少年のポジションはキャッチャー

そうなんだ。
確か松井って、小さい頃からかなりでかかったんだよね。
身体の大きい人はキャッチャーかファーストか、
あとはもちろんピッチャーとか、そういった傾向がありますな。
by shinobu_kaki | 2005-09-20 16:46 | エウレーカ! | Trackback(1) | Comments(15)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30