ポリリズムとしての、ロック。

それまで根も葉もないことをやるのがロックだと思われていたんですよ、実は。
みんな、ただアフター・ビートで叩けばいいと。電気楽器で。
ところが歳をとって耳が肥えてくると、ロックというのはそんなんじゃなくて、
非常に歴史があって、時代の変わり目のエッセンスをすくってきて、
例えばスウィングからロックに変わる時期にスウィングの片鱗が残ってて、
ロックでもベースの人はウッド・ベースでスウィングを弾いてたんですが、
ドラムはシャッフルからよりタイトになってきて、
縦割りに8ビートになってきていた。そういう「ずれ」こそが
ロックだということがだんだんわかってくるわけです。一種のポリリズムですね。
そうしないと本当のロックのビートが出ない。
ただ単にみんなが同じビートで、2-4でビートを刻んでも、
ただの8ビートではそれはロックじゃないんです、厳密にいえば。
ロックにはそういう味わい深いところがある。

細野晴臣(ミュージシャン)



ロック…僕はよくわからないですね。説明しろ、と言われてもできない。
「ポップス」というのは「ポピュラー・ミュージック」ということで、
一般性を持って売れればそれはポップスである、みたいな話もありますけど。
個人的には前にも書いたようにポップって「空洞性」みたいなもので、
「思想」が入っちゃうとそれはポピュラーじゃない、と思ってますが。違うのかな。
例えばミスチルはポップスだけどBankBandはどうなのか、とかね。
と思ったらうちのiTuneのカテゴリでは、
ミスチルがロックでBankbandはポップスになっている(笑)
やっぱり、よくわかりません。文学の定義みたい。

僕がすごく好きな、「近田春夫の考えるヒット」ていうコラムがあるんだけど、
ずっと前に小室哲哉のことが書かれていて、
「パンクロックの出現と消滅の期間よりも、小室哲哉の歴史のほうが長い」
というのがあった(笑)一時は凄かったですからね。まさに天下をとった、という感じ。
僕はちょっとあの歌詞が恥ずかしかった。ストレート過ぎて青臭いというか。
でも、あの「てらい」の無さがヒットの要因だと近田氏は書いてましたね。
疑いなく徹底的にポジティブで、それがある意味みんなの羨望を呼んだのだと。

あのソニーが赤字だとか。
携帯オーディオのシェアにおいて、iPodの存在がでかいみたいですね。
ウォークマン(という商標は、いまやどうなのか…だが)で
それこそ天下をとったソニーですが、天下はめぐるという感じでしょうか。
音楽配信については、スタイルが顕著に変わっていってる時期ですからね。
ウォークマンの猿は、まるで前時代の象徴的なモニュメントのようだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/2276883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ~下北☆LIFE~ at 2005-10-03 13:43
タイトル : ロック・イノベーター
結局ロックってなんだ? ロックを8ビートの代名詞的に語られる向きもあるが、果たしてその定義付けは正しいといえるのだろうか? ジャズやブルース、R&Bなどのブラックミュージックなどから、マンボやタンゴ、サルサといったラテンミュージック、その他カントリー、ポ...... more
Commented by はむ太 at 2005-09-29 12:17 x
そもそもジャンルってのは元々マーケティングに過ぎないからね。
Jazzの名盤がRockとしてジャンル分けされて売り上げが落ちた、なんてこともあるから。
リスナーとしては特に意味はないよね。
iTunesのジャンルはホントいい加減だよ。
まああれだけの量の楽典管理してるからしゃーないって言えばしゃーないけど、とりあえず感がひしひしと。
ロックって、いろんな文化をクロスオーバーさせて、破壊と再構築の繰り返しで進化してったものだから、その過程を知らない人には根も葉もないイマジネーションに見えるだろうし、今でもとんがってる奴らは、まだまだ新たなイメージを探して進化してってるからね。
ポップはそういう意味では角が無いわかりやすさかなーって思う。
ロックを安定させたって感じ?
Commented by のこのこ at 2005-09-29 12:32 x
いや・・・厳密に言えばロックってリズムの名前でしょう。
ずずたつずずたつ。ってやつ。 ひょっとして違うの?

ロックはロックですよ。 つかロックでしかないってイメージ。
あの決まりきったズズタツの中では窮屈すぎてワタシはな~んにも表現できない。 好きじゃないから細野先生のおっしゃる歴史も文化もイマイチピンとこないなぁ。 細野さんは尊敬してますがね。
Commented by ユウイチロー at 2005-09-29 23:39 x
ハム太さんの言うとおり!!!まさに!という感じです。
止まらず前進するのがロックですね。
ロックとはアティテュードなのです。
Commented by shinobu_kaki at 2005-09-30 09:58
>はむた

なる。ほどね。
Commented by shinobu_kaki at 2005-09-30 09:59
>のこのこさん

>ずずたつずずたつ

ドラムン・ベースが浮かびました(笑)
Commented by shinobu_kaki at 2005-09-30 09:59
>ユウイチローさん

>ロックとはアティテュードなのです。

ア…アテュ?
Commented by S24(にっしー) at 2005-09-30 16:45 x
細野大先生はベーシストだからより細かくベースについて言ってるけどどのパートでも同じ感覚はあると思う。
確かにグルーヴィなリズムをコンピュータで打ち込むときにはベースのタイミングをいろいろいじってはまるところを探したりっていうのはあって、実はそれを最もコントロールしやすいのがベースっていう側面もある。基本単音楽器だから。
まあそれがロックの定義かっていったらあくまで細野さん世代の、ということなんだろうけどね。
ま、やってる人がロックだというものはロックですよ、実際。
Commented by shinobu_kaki at 2005-10-02 16:35
>山ごもりお疲れにっしー

>ま、やってる人がロックだというものはロックですよ、実際。

「姿勢」がロック、ってことなんでしょうかねえ。
姿勢が悪けりゃスピリッツ、とか。
by shinobu_kaki | 2005-09-29 10:52 | 言葉は踊る。 | Trackback(1) | Comments(8)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30