NEWS1121

さて、今朝のニュースです。


パのプレーオフ、来季は1位に無条件で1勝

プロ野球パ・リーグ理事会が20日、宮崎市内であり、プレーオフ制度について、
来季はレギュラーシーズン1位チームに無条件で
第2ステージで1勝のアドバンテージを与えることを決めた。
現在は1位が2位以下に5ゲーム差以上をつけた場合のみ、
1勝のアドバンテージがあった。導入から2年続けてソフトバンク(昨年はダイエー)が
2位に4.5ゲーム差をつけながら第2Sで敗退したため、見直しを求める声が出ていた。

はっきり言って一発勝負的要素の強いプレーオフは面白い。
見ている分には非常に楽しめます。
しかし、ダイエーのケースのような不公平が起こるのもまた、
プレーオフのシステムの欠点と言えば欠点。
シーズン中盤の交流戦も目新しさがあって楽しいけれど、
オールスターやら日本シリーズといった、
「ここぞの勝負」の希少価値が薄れていくのは否めない。
微妙なところです。それにしても、
「レギュラーシーズン1位を優勝とし、プレーオフは日本シリーズ進出をかけた戦いに」
と主張したチームが2つあるそうです。どことどこでしょう?
答えは、ダイエーと楽天。
戦力トップとドンジリの2チームが揃って声を上げてるのが面白いね。


小学生のアトピー、昼休みシャワーで改善 厚労省研究班

アトピー性皮膚炎の人口は一千万以上、
実に国民の一割近くがそうだという話を聞いたことがあります。
(数値は変わっているかもしれないけれど)
記事によると、「アトピー性皮膚炎の小学生に
学校の昼休みに数分のシャワーを続けてもらったところ、
症状が大幅に改善したことが厚生労働省研究班の調査でわかった。」そうで、
汗やほこりを洗い流して清潔にすることが思いのほか効いたようです。
まあ、風邪予防でも一番聞くのは手洗い・うがいですからね。


三谷幸喜氏「決闘!高田馬場」で初歌舞伎

脚本家三谷幸喜氏(44)が、オリジナル歌舞伎を手掛けることが
20日、明らかになった。来年3月に東京・渋谷のパルコ劇場で行われる
パルコ歌舞伎「決闘! 高田馬場」(製作・松竹株式会社)を作・演出する。
市川染五郎(32)ら人気歌舞伎俳優が出演する豪華版。
初めて歌舞伎を書き下ろす三谷氏は「歌舞伎の伝統をふまえた上で、
新しいチャレンジをしたい」と、構想を膨らませている。

最近ますます精力的な三谷幸喜氏。
夏の、プラハからの帰り(パリ経由)のエールフランス便の中では、
「笑の大学」を二回続けて観たもんです。面白かった。
三谷氏は、「保守派の僕向きなジャンル」
「独特なせりふ回しなど途方に暮れる問題もあるが、
ダイナミックな物語で歌舞伎のパワーを伝えたい」
「「僕が書く以上、喜劇的な要素も入るが、
笑えるというより、高揚感のある舞台を目指す」
などとコメント。
氏の作った映画を見ても、間合いが舞台のそれだよなあと思っておりましたが、
それはそれで独特の世界を築きつつあるような気がしますね。
(「ラジオの時間」「笑の大学」なんか特にそう)
三谷氏の脚本にはアイディアがあって、僕も大好きです。


人気漫画「テニスの王子様」実写映画化

週刊少年ジャンプで連載中の人気コミック「テニスの王子様」が
映画化されることが20日、分かった。テニスを愛する少年らを描いたもので、
見どころでもある奇想天外なテニスの秘技は、VFX(視覚効果)の
第一人者でもあるアベ ユーイチ監督(41)の手腕で映像化に成功。
主役のリョーマを本郷奏多(15)が演じ、来年公開予定。

言いたいことは、ただ一つ!


少林サッカーみたいにしてください!



ニュースソースはすべてasahi.com11月21日分
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/2660896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 名無しの芸能観察記 at 2005-11-21 16:18
タイトル : 「本郷奏多」でテニプリ実写映画化
噂には聞いていましたが、マジだったんですね(^^;) 人気漫画「テニスの王子様」実写映画化(日刊スポーツ) 大ヒットした「NANA」「タッチ」に続き、また1つ人気漫画が実写でスクリーンに登場する。 週刊少年ジャンプで連載中の人気コミック「テニスの王....... more
Tracked from |あんぱ的日々放談|∇ ̄.. at 2005-11-23 00:10
タイトル : 三谷幸喜が歌舞伎を書く!
数年前から予定されていたモノがついに発表 (日刊スポーツ)来年3月にパルコ劇場で行なわれるパルコ歌舞伎「決闘!高田馬場」(意味不明)の脚本と演出を三谷幸喜が手掛けるもので、出演は市川染五郎、市川亀治郎、中村勘太郎ほかとなっている。「歌舞伎の伝統を踏ま....... more
Tracked from 築山ブログ有城 at 2005-12-07 23:56
タイトル : 少林サッカー
比較的最近の映画...でもない(4年前)が、『少林サッカー』には特別な思い出がある。予告を観た限り、大勢で観に行ってみんなで大笑いできる。そんな可能性を感じた私は、『何人あつめられるか』という企画を自分で立てたのである。チャウ・シンチー監督・脚本・主演。『CGの正しい使い方』とされたこの映画はとにかくばかばかしい。しかし、『ごちゃごちゃ言わんとまずやってみろよ。』という私の大好きなメッセージがこめられているように感じる。少林拳の普及の為にサッカーを始める鋼鉄の足『シン』は、少林寺で共に学んだ仲間をチー...... more
by shinobu_kaki | 2005-11-21 11:11 | エウレーカ! | Trackback(3) | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30