永遠に完成しない図書館の一室

できれば身軽に引っ越しできるくらいの、
ごく少量の好きな本を持って気軽に暮らしたい、というのが本音。
設計の一番最初の時に「永遠に完成しない図書館の一室」と説明したけど、
そこを本で埋める気はない。
 もう1つ設計で注文したのは「天井を高くしてほしい」ということ。
だから天井の高さが約3m50cmもあるけど、
通常のマンションで2m70cmもあれば相当高い方。
それで電球を交換するのにプロ用の7尺の脚立がいると言われてしまった。
気持ちは良いけど、さすがにやりすぎたかも。

石田衣良(作家)


本名「石平(いしだいら)さん」こと石田衣良。
自宅を仕事場にしたことについてのコメントです。
3m50cmの天井ってすごいなあ。ほとんど吹き抜けです。
高い天井の開放感には確かに憧れるけどね。
あと、広すぎる部屋ってのも掃除が大変そうだし、
暖房効率があまり良くなさそう。

あと、「永遠に完成しない図書館の一室」というイメージに魅かれる。
本やら雑誌やら漫画やらが棚にびっしりとあって、
ジンだのラムだのワインだの、ちょっとした酒も用意してあったりね。
静かで豊かで、自分にとってのとても幸福なイメージ。いいなあ。
でもこういう時って、なぜだかビールじゃないんですよね。
ビールだったら天気の良い午後、川原の土手に座ってのんびりと、がいい。
向こうの橋を定期的に電車が渡っていく音を聞いたりしながらね。
また、そういったことが似合う季節になってきたしね。

晴耕雨読ならぬ晴麦雨読。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/3298286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HIRA at 2006-03-06 22:55 x
私が住んでた前の安普請のアパートは3メートルくらい天井が高かったです。本当に熱効率が悪くて、寒かった・・・。ま、アパートだし仕方ないと思ってましたが、天井がほど低いマンションに越したらあまりに暖かくてビックリしました。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-06 23:00
>ひらみ

あら、やっぱり天井の高いのは寒いのか…むむ。
…いや、ひとりごとですよ。ごほんごほん。
Commented by HIRA at 2006-03-07 00:08 x
でもね、確かにその空間の広さってなんというのか居心地は良かったの。春と秋限定ならまた住んでも良いかなぁって。年間住むならせめてマンションが良いわ(笑)。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-07 07:30
>ひらりん

3メートルって高いよね。
あとは確かにアパートかマンションかってのはある。
初めてマンションに住んだ時は、暖かいと思ったものね。
by shinobu_kaki | 2006-03-06 16:27 | エウレーカ! | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31