或昼鼎男、対酒当歌。

さて至福の時たるは真昼の酒といえども、
日々の生業、すなわち仕事中のそれとなれば話は別である。
とは言え小振りな器にて施される「ランチビール」なるものを出す店もあるのだから、
すべからく客がその甘露な背徳を一身に懺悔すべきかどうかは怪しいものである。
曰く、欲望はその対象の存在を認めることで初めて発生するものだからだ。
仮に「とんかつ」という物がこの世に存在しないとするならば、
「嗚呼、けふは無性にとんかつを喰らひたし」との思念は発生するはずもない。
つまりはそういうことなのだ。きっと提供するほうが、悪いのである。

本日の昼食は会社より徒歩にして5分の場所にある魚料理店であった。
威勢の良い店員に喫煙席か禁煙席かを店頭で問われ、
禁煙席を希望するも満席であった。それなりに人気店なのである。
喫煙席でも構わない、と応じると階下のフロアの小さな席に通された。
隣席には年の頃50~60と思しき壮年男性の3人連れ、

中ジョッキ頂いてます。

いや、それ自体は珍しいこととは言えない。
一種日常的な光景と呼ぶべきかもしれない。
私は席に座るなり店員に鮭イクラ丼を注文した。800円であった。
私はイクラが大好物なのである。
久住昌之原作・谷口ジロー作画の漫画作品に「孤独のグルメ」というものがあるが、
ひとりの食事というのはなかなか悪いものではない。
作中に、主人公である井の頭五郎がこんな言葉を発するシーンがある。
“モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず 自由で
なんというか 救われてなきゃダメなんだ 独りで静かで豊かで…”

「スイマセーン、お銚子2本、熱燗でネー」

隣席の3人からであった。
テーブルを見やると、キレイに空いた中ジョッキが3つ並んで鎮座している。
彼らはビールから、次の段階へと進もうとしているのだ。
いったい、3人ともスーツ姿であって仕事中にしか見えないのだが、
そんなことは無いのだろうか。
「ちょっとお時間いただきますが…」店員が言う。

「構わない!」


やけに毅然とした口調で3人のうちの一人が言い切った。
構わないんだ、と私は思った。
ほどなくして鮭イクラ丼がうやうやしく運ばれてきた。
この店の丼は、内容量に対してやけに大きな器が特徴的なのである。
傍から見るとおそらくよほどの大喰らいに見えるのであろうが、
丼の中央にささやかに盛られた飯はそれほどの量ではない。

隣席に食事の膳が3つ、届いた。
同時にお銚子が2本。3人は昼からちょいと一杯、の至福に浸っている。
徐々に声が大きくなっているのだが、本人たちは気づいていないだろう。
隣席の膳を見ると、丼のほかに肉じゃがの小鉢が添えられてある。
200円で追加できますとある。なるほど、そういう手もある。

私は徐々に大きさを増してゆくトリオ・ロス・オッサンズの声を聴きながら、
ゆっくりと食事を終えてお茶を飲み、席を立った。
今度は肉じゃがをつけてみよう。そんなことを思いながら勘定へと向かう。
すると背後からかぶさるように、大きな声が聞こえてきた。

「スイマセーン、お銚子もう2本追加ネッ」

午後1時。昼日中にして春の宵。
彼らの行方は誰も知らない。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/3386601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2006-03-24 22:17 x
先週、日帰りで大阪行って(何年ぶりだろう…)、
昼、天満の商店街で食べるところ物色してたのだけれど、
外から店を覗いてみると、
どこもw/ビールなおっちゃん達が明らかにマジョリティで。
(確かに居酒屋然とした店が多かったのだが。)

地域差ってあるのだろうか。

いや、無いのか。新橋もそうだ、ということは。

まぁ、ともかく、これより飲みへ。
喉も渇いたことだし。はい。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-25 00:07
>くろさぬ

大阪って行ったの何年前だろう。
懐かしいね。

上記「孤独のグルメ」に、大阪のたこ焼き屋台に
井の頭五郎が迷い込む(?)という話がありますが、
(そして「東京もん」としての違和感が浮き彫りにされる)、
えーと、何の話でしたっけ。

>これより飲みへ

やっぱあれですか、E銀ですか。

Commented by kuro at 2006-03-25 02:26 x
はひ。帰還 from E銀。

結局、大阪では「カウンター焼肉屋」に紛れ込みました。
周囲は皆、昼ビヤ(大瓶)な風情で。
肉盛り合わせ800円にライス(小)、スープで、
いくらだっけ、1,100円とかだっけかな。

ビヤは帰りののぞみにて。

くってり。
Commented by (:゚∈゚:)HAJI at 2006-03-25 07:11 x
ああ TRO 良い曲歌うよね

Trio Roth Ossan"s

哀愁がなんとも言えないって

Commented by mk-happyman at 2006-03-25 08:16
終わり方が「羅生門」?(笑)。
最近のシノブさん、文才がほとばしってますねぇ。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-25 09:01
>くろさん

E銀座しゅっちょ、お疲れさまでした(←ちょっとちがう)

カウンター焼肉屋、いいですね。
肉盛り合わせ食べたいぞ。
新幹線にも最近乗ってない気がする。

肉欲。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-25 09:04
>HAJI

今年のレコ大目指して、
さらなるブレイクが望まれますな。TRO。

一回ライブ観に行ったけど、
ちょうど、あの、メンバーがみんな酔っぱらって出てきて、
演奏なんかもうメチャクチャで、一人は寝てるし、
結局チケット代払い戻しになったあの事件の日でさ。

メキシカンっぽい名前のわりには、
曲がみんなベタベタの歌謡曲ってのがまたね。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-25 09:06
>mkさん

>「羅生門」?

さすがmkさん、バレてますねえ。
ほとんどノリだけで書いてますので(笑)、
文法とかかなりテキトーですが。

最近お忙しそうですね。
カラダ壊さないよう、どうか。
Commented by (:゚∈゚:)HAJI at 2006-03-25 09:28 x

そうそう TROって言えば

代表曲の”人生ドランカー”なんて グっとくるもんねー

生きてるだけで パンチドランカー って

よっぽど 叩かれて叩かれて 生きてきたんだなって 涙でちゃうよ
Commented by のこのこ at 2006-03-25 09:41 x
羅生門は芥川の中でダントツに好きですねぇ。
クロサワの映画も羅生門はすごいね。 あのミフネにはマジにしびれる。

それよか仕事中のビール。至福ですね。
かつてワレワレ営業チームも至福で新店に納品陳列(一日作業)の時なんかには「うりゃー!みんな、ビール飲むぞ!!!」と、キューっとやって「ぷは~っ」としたものです、ハイ。

ところで朗報。
昨日、スーパーに行ったら豚肉のブロックがえらく安かった上に3割引でしてね、とんかつにしよう!とモト肉屋のラクダ夫が購入を決定。
かくして我が家にトンカツ用の肉がやってきたのでありますよ。
ただ今冷凍保存中。

イクラ丼も食いたいが。シラス丼もいいが。
次の休みにはカツ丼作ろうかな。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-25 12:11
>H☆A☆J☆I

TRO懐かしいね。
知ってる人がいるなんて、嬉しいな。

カップリングにしか入ってないんだけど、
ちょっとユーモラスな“煮込み前線異常なし”も好き。
あの3人のハモリが聴けるのって珍しいしさ。

Commented by shinobu_kaki at 2006-03-25 12:14
>のこのこさん

>うりゃー!みんな、ビール飲むぞ!!!

のこのこさんぽいなあ(笑)
一区切りついた後の打ち上げっていいやねえ。

>ところで朗報。

そうですか、豚肉ブロックが。なにより。
トンカツ作ってください。
ところでこれって、僕にとっては別に朗報…じゃ…ないの…では?
や、食べさせてくれるなら、ねえ。
Commented by colorcube at 2006-03-25 13:11
おお!花見を前になんだか盛り上がってますね〜〜ここんち。

花ととんかつののかほりがしてきたりしてこなかったり・・・。
Commented by shinobu_kaki at 2006-03-25 20:39
>いっしっしー

やー、とんかつはまだですが(今日行こうとしたら閉まってたw)、
花だけ置いときました。
by shinobu_kaki | 2006-03-24 20:28 | ライフ イズ | Trackback | Comments(14)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31