モーリス・ラヴェル

a0022014_18451096.jpg

僕の誕生日は3月7日ですが、
同じ誕生日の有名人に作曲家のモーリス・ラヴェル(1875~1937)がいます。

有名な曲はもちろん「ボレロ」、「亡き王女のためのパヴァーヌ」など。
「オーケストレーションの天才」「管弦楽の魔術師」などと呼ばれたラヴェルですが、
曲のタイトルがちょっとへんてこで、そこを買われたのか、
マンガ「のだめカンタービレ」でもラヴェルの曲はたびたび出てきます。
じゃあ、どんなふうにへんてこなのか?


グロテスクなセレナード(Serenade grotesque)

いきなりどうかと思われます。自分でグロテスクって。
実は、自筆譜では単に「セレナード」。あとで誰かがつけたのでしょうか。


蛾(Noctuelles)


や、別に…曲名としてあっていいんでしょうけど、突っ込みたくなります。
「蛾」かよと。何か他に。


道化師の朝の歌(Alborada del gracioso)

なにやら楽しそうです。
それか、「素」に戻った道化師の倦怠とかそんな感じ?祭りのあと的な。


絞首台(Le Gibet)


キャァァーーーーーーッ!!


おやゆび小僧(Petit Pousset)


「姫」じゃないのね…。
そういえば、「おやゆび姫」はなぜ「おやゆび」なのか、と考えたことが。
その時出した結論としては、「なかゆび姫だと、なんか品がないから」でした。


パゴダの女王レドロネット(Laideronette, impératrice des pagodes)


や、これも別にいいんですけど…言いづらっ!


高雅で感傷的なワルツ(Valses nobles et sentimentales)


自分で言うか。


ボロディン風に(A la maniere de Borodine)
シャブリエ風に(A la maniere de Emannuel Chabrie)


そうですか。


クープランの墓(Le Tombeau de Couperin)


有名なのかな?味わいがありますね。いいタイトルです。


一寸法師(Petit poucet)


一寸法師キター!(* ゚∀゚)=3


ドビュッシーの墓(Le tombeau de Claude Debussy)


墓シリーズです。墓が好きなのでしょうか。


私に雪を投げるアンヌへの(D'Anne qui me jecta de la neige)


アンヌ、ひどくね?
で、アンヌへの何。


つれない人(L'indifférent)


演歌調でしょうか。


草の上で(Sur l'herbe)


草の上で何を… (ノ∀`)タハー


壷のなかから一飛びに躍り出た(Surge de la croupe et du bond)


名作「ハクション大魔王」の元ネタがここに。


おーい(呼び声) (Aoua!)


2秒くらいで終わりますか。



噂どおり、味わい深いスコアが満載でした。ラヴェル。
まあ、あんまりクラシックのタイトルに詳しいわけじゃないですけど、
なんかあれですね、やっぱ魚座って変わってますね。

(参考資料/wikipedia)
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/3436835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2006-04-04 22:47 x
>私に雪を投げるアンヌへの
>で、アンヌへの何。

そりゃやっぱり、
「私に雪を投げるアンヌへのモロボシ・ダンの愛」
ではないか、と。

(「私」は誰だろう… ガンダー&ポール星人か?(@「零下140度の対決」)


・・・すいません。こんなんで。

って、結論は、
「やっぱ魚座って変わってますね」ですか。


否定できないけど。
Commented by cube at 2006-04-05 00:30 x
>「なかゆび姫だと、なんか品がないから」

ここにひっかかる自分もどうかと・・・たは。
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-05 06:32
>くろさん

>「私に雪を投げるアンヌへのモロボシ・ダンの愛」

思わぬリターンが…(笑)
やっぱ魚座って(言うまでもないので略)
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-05 06:33
>いつしい

(ノ∀`)
ナカユビ姫だと、なんかねえ。
ってカタカナで書くと、さらにねえ。
Commented by HAJI at 2006-04-05 11:04 x

ウルトラセブン (ノ∀`)タハー

Commented by shinobu_kaki at 2006-04-05 11:54
>HAJI

ウルトラセブンといえば、
思い出すのはメトロン星人だなあ。
下町のアパートで、隊員をもてなしてたような。
おぼろげでALWAYSな記憶が。
Commented by kuro at 2006-04-05 14:47 x
セブンネタになってしまうのもどうかと思いつつ、

でも雪を投げられてる「私」はウインダムにしといたほうが、
なんとなくほのぼの感があって良いかな、
と思い直したり (思い直さんでええ)。

メトロン星人のそれ(>もてなしALWAYS:実際はちゃぶ台はさんで対決)は、
なんというか、セブンを語るにひとつの象徴的なシーンでしたな。
つーか、
「地球を壊滅させる為に暴力は必要ない。
 互いに信頼し合って生きている人間同士の関係を壊すことで
 人類は自滅する」(メトロン星人談)
とか、
「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。
 人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。
 でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです。
 え?何故って?、我々人類は今宇宙人に狙われる程お互いを
 信頼してはいませんから...」(エンディングナレーション)*以上某所より引用
とかいう、子供向けとは思えぬ奥深さや教訓に満ちた話でした。

はい。
Commented by 李花 at 2006-04-05 15:09 x
遅ればせながら・・フツーなコメントですみません。
ラヴェル大好きなんです。
思わず喰いついてしまいました。
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-05 15:32
>クロさん

カプセル怪獣…いましたよね。
ウインダムとミクラスと、あと…?

ぶっちゃけまったく役には立たんというカプセル怪獣。


>互いに信頼し合って生きている人間同士の関係を壊すことで
 人類は自滅する

いいですね~メトロン星人(笑)
信用のシステムを崩すだけで人間は終わるのだ、と。
なんというモダンな宇宙人だったのか。
で、ちゃぶ台なのかと。


>でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです。
 え?何故って?、我々人類は今宇宙人に狙われる程お互いを
 信頼してはいませんから

いいですね~ウルトラセブン。
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-05 15:33
>李花さん

ども。
ラヴェルもけっこー演られますか?
Commented by kuro at 2006-04-05 19:49 x
>ウインダムとミクラスと、あと…?

アギラ。
ニセセブンと、リッガーっていう地味なやつと闘ったのと、
あと。。。その2回?

飛び道具なしの、微妙な時間稼ぎ程度にしか役に立たない、
とほほなヤツ。
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-06 07:07
>くろさん@カプセル怪獣博士

>>ウインダムとミクラスと、あと…?
>アギラ。

即答かよ!(笑)
詳しいですねえ。しかも使用履歴まで。
これからは、
カプセル怪獣のことはくろさんに聞け、みたいな。
ものすごピンポイントな話題ですけども。
by shinobu_kaki | 2006-04-04 18:33 | エウレーカ! | Trackback | Comments(12)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30