ユビキタス

米ゼロックス社パロアルト研究所のマーク・ワイザー氏が、
1988年に提唱したコンピュータの利用形態に関するコンセプト。
もともとユビキタスいう語はラテン語で
「(神のように)いたるところに偏在する」といったことを意味しており、
人間を取り巻く社会や生活の中のいたるところにコンピュータが組み込まれ、
それらがインターネットなどのネットワークで結ばれることで、
利用者が、いつでも、どこからでも、
必要な情報にアクセスして活用できるという環境を表す。
この実現技術としては、組み込みコンピュータや無線LAN、
RFIDといったものが挙げられる。

(リクルート「キーマンズネット」IT用語集より)



上記はいわゆる「ユビキタス」についての説明ですが、
文中にもあるように、語源がカコイイね。

言い換えると「神はあまねく存在する」という感じか。
コンピュータ用語と、神に関する言葉たちは、
なんだかとても相性が良い気がする。

「国立国語研究所」という組織があって、
ここが提案したユビキタスに対する日本語の言い換えは、
時空自在」なんだそうである。
大仰で悪くない。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/3449830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 指北巣《゚Д゚》 HAJI at 2006-04-07 23:32 x

その内 点滴のような仕掛けで
コンピューター制御により アルコールを体内に注入

それにより 遠く離れた 東京の シノブ兄とも
チャットで 一緒にお酒を飲めるようになるかもねー

話しが弾むと アルコールがたくさん注入されて
酔いが回る仕組みです
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-07 23:38
>HAJIキタス

それもいいねー。
つうか、今年の目標はね、
HAJIと京都で飲むことがそのひとつだったりする。

まあ、「ユビキタス飲み」もいいけれどもね。
Commented by ITエンジニア at 2006-04-08 14:41 x
オラクルという社名も「神のお告げ」とか「託宣」「助言を与える人」「賢人」「神官」「神託」という意味があるらしいですしね。
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-08 15:17
>ITエンヂニア様

ほー。そうでしたか。
オラクルは知らなかったですね。

しかし、コンピュータと「神系」の言葉って、
ほんとにフィットしますよね。
漠然とわかる気はしますけど、実際なんでだろ。
by shinobu_kaki | 2006-04-07 14:35 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31