(゚Д゚)ハァ? 新庄、お立ち台で引退宣言。

a0022014_16191618.jpg

新庄剛志が今シーズンで引退するそうです。

なんと引退発表は、ヒーローインタビューのお立ち台。
しかも球団には何も伝えてなかったそうです。
そんな事してお咎めのひとつもないのかよ、とも思いますが、
ヒルマン監督などは「わたしは知らなかったが、それも彼の人生だ」
と、寛容な姿勢でコメント。
周りに恵まれてるというか、ある意味とても幸せな選手ですね。

とは言え、まだ4月。
シーズンはこれからだし、新庄も秋まではプレーを続けます。
でも、こうして「引退宣言」しておくことで、
ファンは彼を今まで以上に暖かい目で見守ることになる。
実はとても上手くやったと言えるのかもしれません。
辞めていく人の送別会では、みんな優しいのと一緒です。
計算のうちだとしたらナカナカ狡猾だけど、
新庄の天然…いや、天真爛漫なキャラクターが
その「黒さ」を隠している、そんな構図も考えられます。

プレーヤーとしての成績は大したことないんだけど、
外野手としての能力は高いんですよね。
足が速い、肩が強い。いわゆる身体能力が高い。
プレッシャーに強いのか、打率は低いがチャンスでよく打つ。
そんな印象があります。
ムードメーカーとしてのトップバッターか、
6番あたりでのびのび打たせてあげるのがベストの起用法かも。
今は自宅にテレビがないから見られないけど、
日曜朝の番組で、大沢親分と張本さんが「喝!」て言うのが目に見えるようだ…
あのふたり、なんだかんだ新庄のことは好きだったみたいですけどね。

ちなみに新庄は、サムライ然としたあの広島・前田と同い年。
ここまで対照的だと笑うしかないですが、野球選手もいろいろです。
最後に、新庄選手のコメント。

       「やり残したこと? ない!」

やっぱり幸せな人だわ、この人。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/3501563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mamarin at 2006-04-21 23:53 x
わたし 愛してるのこの人・・・
気が多いかしらねぇ
でも 見ているだけでスカッとする
これからも た☆の☆し☆み
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-22 08:56
>mamarin

そうねえ、この人に関してはいろいろあるものの、
ひとえに「メジャー」になったことが大きいと思いますね。
メジャーリーグに行ったとかいうことじゃなくて、
存在としてある時からメジャーになったってこと。
なんというか、出ちゃったんですね、杭が。
いま、新庄をマジメに叩いてる人って見かけないもの。
みんな「認知」しちゃってるよね、
新庄は変わりなく新庄でしかない、ということを。
Commented by 元スポーツ紙記者 at 2006-04-23 11:08 x
新庄たたいてる人なんていっぱいいるじゃん。
(いいかげんな事はいっちゃいかんよ)
野球誌やスポーツ紙で10年来難癖つけてる
あの人や去年あたりから文句が大きくなり始めた
某解説者。新庄のプレーには厳しいCSの某野球評論家 等々。

苦言を呈している人なんかごまんといるよ。

>プレーヤーとしての成績は大したことない
っていうのは明らかな間違い。プレーヤーの成績と言うより
打撃の成績に限って大したことないってのが正確です。
(その言い方だとオジースミスもプレーヤーとして大したことないってことになる。)

プレーヤー(すなわち選手)の成績は守備走塁打撃の総合です。
各々がその比率をどう按配して総合するかは差がありますが
新庄は好みはともかく各種評価統計でも守備に関しては超一流クラス
走塁も一流クラス、打撃はしょぼいという数値が出ています。

プロ野球選手のほとんどはどの分野一つに限っても一流になれずに
おわるのですから総合的に一流であるのは間違いないでしょう。

どうも攻撃は派手なので打撃成績が重視されすぎるきらいが
あるのは仕方のないことですけど。
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-23 13:03
>元スポーツ紙記者さん

どうもです。ご指摘&情報ありがとうございます。

確かに、そうですね。
おっしゃるとおり、数字に表れない守備も
プレーヤーの立派な「成績」です。
それで言うとドラゴンズの某外野手も…とかね。

ドラゴンズって言えば、
それこそ「守備」「足」「小技」に特化した選手を用兵することで、
チームとしての完成度を上げる落合のようなやり方もあり、
(一時期のジャイアンツのアンチテーゼ的に)、
打撃重視・打撃偏重という流れも見直されている気がします。
というか、当然の傾向だとも思いますね。
元スポーツ紙記者さんおっしゃるように、
選手とは「守備走塁打撃の総合」であり、
バランスの悪いチームすなわち「穴」のあるチームということにもなる。
レアルマドリッド的なチームは意外と脆いものです。

つづく
Commented by shinobu_kaki at 2006-04-23 13:24
>元スポーツ紙記者さん つづき

個人的には「野球はピッチャー」という思いがあり、
次に守備、そして打撃という優先順位で見ております。
もちろんチームとしては、という話ですが。
圧倒的な打撃力を誇る選手は嫌いではありません。

…なんの話でしたっけ…(笑)、そうそう新庄。
あれはあれで「開花」した選手と言えるのでしょう。
少なくともあの守備力、走塁、
そして人気と集客力…まぎれもなく「プロ」のそれです。
たとえ重鎮が顔をしかめようともね。

コメントありがとうございました。
またぜひ、来てください。
by shinobu_kaki | 2006-04-19 10:56 | エウレーカ! | Trackback | Comments(5)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30