マイケル・ナイマン×登川誠仁

iTunesを家にいるときはかけっぱなしだ。
テレビがない分、音楽が欲しくなる。
逆にテレビのノイジィな会話雑音が
もはやうるさく感じてしまう。

このピアノはなんだろう。たけし映画のBGMのようだ、
と思ったらマイケル・ナイマンだった。
「ナビィの恋」のサウンド・トラックだったのである。
曲は「Rafti」という。
これに、映画にも出演した沖縄音楽のスター、登川誠仁の
静かな三線がかぶさり、そっと丁寧にシフトしていく。

外国か否かを文化圏的な位置づけでもって分けるなら、
沖縄は「海外」である。
パスポート不要、日本語と円の使える海外だ。

以前、那覇から離島に行った。不思議な感覚だった。
気候も海の色も太陽の熱さも明らかに違う。
浜辺の砂は白く、人々の羽織る衣服はカラフルで、
おまけに市場の魚もカラフルだった。
オープンで静かで足取りの緩やかな時間が流れている。

沖縄に魅せられる人が多いのはよくわかる。
僕は移住しようとまでは思わないけどね。
かと言って、北に還ろうなどとも思わない。
住んで14年ほどの東京がなんだかんだと好きなのだ。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/3583744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by colorcube at 2006-05-09 10:46
テレビって半ば強制的に情報が入ってきますよね?
いるんだかいらないんだかわかんないような情報が。
時間帯によってはチャンネル選んでも情報選べないみたいな。

わたくしそんなときテレビでラジオ聞きます・・・

オキナワヨイトコイチドハオイデ。ス。
Commented by shinobu_kaki at 2006-05-09 12:10
>イシ氏

慣れちゃうんですよね、テレビのついてる状態に。
そんな麻痺感覚をいま浄化(?)している感じです。

オキナワ。
また行きたいですな。
by shinobu_kaki | 2006-05-08 22:39 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31