ライフ イズ

日曜日。髪を切った。

朝から何度か、実家からの電話。
弟の状態を医者に相談したら統合失調症だろうと言われたと、母。
まあそうなのだろう。
ここ10年の弟の迷走ぶりは異常すぎる。
行った先々で絶対に人とケンカし、辞めさせられている。
そんなケースが4〜5件どころではなかった。
母はオロオロと嘆く。
しかし母よ、ここ10年毎日のように電話で話し、
金が無くなったと言えば送金をし、
心配という名の干渉を続け、
あなたがむしろ弟に依存しているからこそ、
今のこの状態があるのではないのか?

他人に迷惑をかけずに生きている人などいない。
だが違う言い方をすることもできる。
我々はみな、人に影響を与え合って生きているのだ、と。
それを悪く言うなら「干渉」だろうし「迷惑」だろう。
しかしそれは常にあるものなのだ。
その中で度を過ぎない、一線を越さない、
その瀬戸際でどうかということだろう。みなそうだろう。
不安定な存在である我々は、
そんな関係性の脆さを知っているからこそ、
多かれ少なかれひりひりと、確認しながら生きているのだろう。

弟は金がない。
静岡に住んでいた彼は一度、新聞の専売所に入る事になったが、
数日間いただけで自ら辞めて静岡に戻ったのだそうだ。
理由は「交通事故が怖いから」らしい。
…まあ、彼はこの10年こんなことを繰り返している。
そのうち「空が落ちてくるから」という理由で
人間を辞めてしまわないか心配だ。

そして弟は今、家も無い。
敷金・礼金を払う能力もないからだ。
今まで、不思議な理由で引っ越しを繰り返す弟の敷礼金は、
母親が面倒をみていた。しかし母もそろそろ限界なのだ。
こんなことを10年繰り返して来た。
見かねた僕も、弟に金を渡して実家に帰したこともある。
だがすぐに母親とケンカをし、田舎には何も無いといって東京に出て来た。
新居や移動の費用はすべて母親持ちである。
しかし弟にはいまや居場所が無い。
「大人として成長する」ということに定義があるとすれば、
「自分の居場所を獲得する」ということになるのではないだろうか。
それは物理的な場所でもいいが、多くの場合「人との関係性」を指す。
なぜならそれがなければ人は生きて行けないからだ。

最初に出て来た医者に、直接弟は行ったわけではない。
(正確には僕と母親とで彼を連れて4年以上前に一度行ったきりだ)。
正しく診断を受けたとは言えないからまだ判断はできないが、
予想された病気であった場合、投薬か入院かを選ぶ事になるという。
しかし本人にその気がなければ難しいのだが、
こういった病気は得てしてそういうものだ。

弟の家の話だった。
入院か、実家に帰って薬を飲むか。
現実的にはこのどちらかだろうか。

しかし、昨日はびっくりした。
家を飛び出して20年が経つ母親に、
祖母から電話がかかってきたというのだ。
祖母とは無論、母親の夫の母、つまり姑だった人、
「嫁に家を飛び出された」祖母だ(ややこしいが)。
僕の父は、ここにも書いたがとっくに他界している。
実家には祖母と祖父とで住んでいるわけだが、
昨日、弟が祖母に母親の電話番号をいきなり教えたのだと言う。
これは、今までであれば絶対にしなかったことだ。
この一件とっても、弟はどこか狂っている。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/3963216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2006-07-17 23:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinobu_kaki at 2006-07-17 23:15
>鍵様

どうもありがとう。
かみしめました。
Commented at 2006-07-18 21:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-07-18 21:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinobu_kaki at 2006-07-19 18:57
>鍵様

コメントありがとうございます。
ぜひお待ちしております。
Commented by kuro at 2006-07-19 19:32 x
かっきーが髪を切った日曜日、渋谷で映画を観たです。
西川美和監督「ゆれる」。 

立ち見の盛況。
前評判が地味に高かったせいか。
ハコが小さいのとオダギリジョー主演という理由だけではないと思うわれ。

これも兄弟の物語。
東京に出てきたフリーカメラマンの自由奔放な次男と、
実家のガソリンスタンドを手伝う生真面目で正直な長男。

優れた映画だと思います。
観終わった後、重たいものが残りました。
兄弟、家族。 東京、地方。

無論、かっきーの現状とは全く違うけれど、
奇妙なシンクロ感を覚えつつ。
Commented by shinobu_kaki at 2006-07-20 07:13
>くろさん

話題の一本ですね。観てみたい。
Commented at 2006-07-21 00:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shinobu_kaki at 2006-07-21 00:32
>鍵様

ありがとう、でももう10年単位でずっとこうだからね。

今、弟は実家にいるそうです。
母もとではなく、生まれ育った祖父・祖母の家に。
今日電話したら、「そんなに長くはいられない」とのことでしたが、
上京する金も当てもないだろうに…うーん。
弟、5分で人の神経を逆撫でする才能はあるんですけどね(w
…やれやれ。
by shinobu_kaki | 2006-07-17 16:14 | ライフ イズ | Trackback | Comments(9)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31