映画「デスノート」

こないだ久しぶりに映画を観にいったんだよ、
…うん、いつ以来かなあ。
とにかくずいぶん映画館に行ってなかった。
観たのは「デスノート」なんだけどね。渋谷で。
そうそう、やっぱり年齢層低かったよね。
少年ジャンプのマンガだしさ、もともと。
でも僕もね、コミックス全巻持ってるんだよ、こう見えても。
好きなんだよね。終わっちゃったけどさ。
うん、面白かったと思うよ。

全体的にはナカナカ良く出来てたと思う。
ちょっと絵(画)がテレビっぽいというか、
映画っていう感じじゃあなかったけどね。
そういうのってあるんだよ。
映画らしいサイズ、柄ってものが。
だから「映画を観た」っていうたっぷり感はなかったかな。
前編だけだったっていうのもあると思うけど。
え?そうそう、11月に後編がやるらしいよ。
スクリーンでこういうのってなんとなく慣れない。

Lの造形は十分じゃないかな。
ポスターで見たほどハマってる感じじゃないけれど、
雰囲気はけっこう出ていたと思う。
でも、食べるシーンってやっぱり難しいね。
いつも甘いものを食べてるってのがLの個性なんだけど、
人がものを食べるシーンって微妙というか、
“食べる”ってもともとそんなキレイなものじゃないじゃない?
そこをいかに覆い隠すかがいわば食事の文化なわけで。
でもこれは実写である以上しょうがない部分。

藤原竜也の演技、キャラ作りは悪くないと思ったよ。
前に「古畑任三郎ファイナル」の第一話で、
まったく同じ役作り
をしているわけだしね(笑)
アレ見て「デスノート」のことを思ったもの、やっぱり。
でもしゃべり方が舞台くさいというか、
なんか吐息混じりに話す感じが無意味に色っぽいような。
あれ、どうなんだろうね?
「芝居がかって見える」のをどう思うかだけど。
まあでも、今の日本で夜神ライトの役をやるとしたら
彼しかいないでしょう。
興行的にもメジャーな人じゃないといけないし、
一定以上の演技力がないといけないし、ルックスも良くないとだし、
そう思うとキャスティングはもう彼しかいない。

CGのリュークに関しては賛否両論あるようだけど、
あれだけ出来てれば全然OKじゃないかと思うよ。
だって、布袋寅泰にコスプレさせるわけにもいかないじゃないか!!

ストーリーは原作をもとにしたオリジナルな展開で、
これはなかなか良かったよね。ライトの彼女とか。そうそう。
「デスノート」の内容・ルールをよく理解していないとできない話だし、
オリジナルキャラの設定も含めて、
これは評価すべきとこじゃないかと思ったけどね。

あと、松田の俳優の人。そう、秀逸。
大勢の警察の中で、「あ、コノ人が松田役だ!」とすぐ分かったものね。
三国志の張飛並みに分かりやすかった。素晴らしい。

それにしても最近の映画は、マンガを原作にしたのが多いじゃない?
いいんだか悪いんだかな風潮だよね。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4023673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 韓国ドラマあらすじブログ at 2006-10-31 16:10
タイトル : デスノート
TB失礼致します。韓国ドラマのあらすじを紹介しています。今回は「デスノート」の感想です。... more
Commented by リナ at 2006-12-23 13:12 x
デスノートがすきです。
Commented by shinobu_kaki at 2006-12-25 09:09
>リナさん

デスノート、今年は一大話題でしたね。
by shinobu_kaki | 2006-07-27 11:35 | 人生は映画とともに | Trackback(1) | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31