映画SAW2、幻のヌーディスト、黒田硫黄に岩明均。

さる信頼できる筋からの情報によると、
関東地方がついに梅雨明けだそうです。
良かったですね。
ていうか僕が一番喜んでいるが。

週末はわりかし家でのんびりの日々。
土曜日はTSUTAYA DISCASで届いたDVD「SAW2」を観た。
映画史に残ると言われた前作ほどのインパクトや完成度は感じないものの、
もちろん十分に面白い。あと、イタイ。
謎解きどうこういうよりも、皮膚感覚的に痛い映画である。
身体に何か刺さったり皮膚が切れたりだとかが多いのだ。
そういうのが好きな人っているのかな?(いるんだろうな)、
何度も目を背けつつ、ストーリーが面白いので最後まで観てしまう、
そんな「SAW2」でした。
しかも音声解説バージョン、いわゆるコメンタリーでもう一回観てしまった。
撮影の裏話ももちろん、謎かけのトリックを監督が説明してくれたりする。
「下妻物語」なんかでもあったけど、これかなり楽しいね。
コメンタリー、全部の作品でやってくれないかな。これぞDVD特典。

よく晴れた日曜日は、久しぶりに近所をぷらぷらと。
やっぱり太陽を浴びるというのはめちゃくちゃ気持ちいい。
チェーンが外れやすくなってた自転車を修理に出して、
よく冷やした缶ビールを手に川原に出てみたり。
バーベキュー人口多し。みんな上半身裸で飲み食べ歌っている。
上半身裸はもちろん男性のみだが。
残念、と言いたいところだが、よく晴れた日曜日の川原に、
男女がヌードでバーベキューをしているのはちょっとシュールすぎる。

線路を渡って、コンビニで立ち読みなど。
ひんやりと冷房が効いていて涼しい。
普段は読まない「月刊アフタヌーン」をめくってみる。
いきなり黒田硫黄の新連載。びっくりした。知らなかった。
タイトルは「あたらしい朝」。
ドイツ、大戦前夜。大金を拾った2人の若者の物語。
時期が時期だけにちょっぴりヒトラーも登場する。
とっつきの悪さとなにやら雑な描線、そして真っ黒な紙面は相変わらずだが、
センスあふれる構成とセリフまわしの上手さも健在。
正直僕は大ファンなので、点が甘くなってるところはある。
これは指摘が多そうだが「鋼鉄クラーケン」に似ている空気のある一作。
ところで「IKKI」休載中の「セクシーボイスアンドロボ」はどうなったの?
あれを描けるのは「世界であなただけ」なのだが…。
(↑このフレーズ、読んでる人だけわかってください)

「月刊アフタヌーン」と言えばあれだ、岩明均「ヒストリエ」。
とにかく休載がちな作家だけに、期待せずに目次を見たら…載ってるじゃん!
びっくりして(びっくりすることはないが)、ページをめくった。
単行本第三巻の最後からは、(さすがに)少しだけ話が進んでいるようだ。
黒田硫黄氏とは対照的に真っ白な印象の紙面。
「合戦のど迫力」だとか「ダイナミックな怒涛のスピード感」などとは
とかく無縁な岩明均氏の作品である。しかし彼はこれが持ち味。
「人は静かな時ほど怖い」「赤いより、青い炎のほうが熱い」
そんな現象にも似た、静かな迫力というべきものがあってそこがいいのだ。

汗もひいたので、アイスを買ってコンビニを出た。
むわっとした外の熱気がまとわりつく。
蝉がジージーとにぎやかに鳴いていた。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4045835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユウイチロー at 2006-08-01 02:15 x
SAW、最初のやつは映画館でみました。面白いですよねー、低予算で。
ああいう映画のフォーマットを考えてハリウッドに売って大金をもらい、余生を過ごしたいと思う今日この頃です。
Commented by シノブ at 2006-08-01 10:14 x
>ゆいちろさん

「cube」なんかもそうですけど、低予算でも上手く作れば十分に面白い。
いい見本ですよね。
ぜひ、日本発のハリウッド脚本家になって、
フロリダで悠々自適の生活を送るセレブへと邁進してください。
by shinobu_kaki | 2006-07-31 10:14 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31