ふたたび「年齢を重ねてわかったこと」。

以前も採り上げた「年齢を重ねてわかったこと」。
あの後も2chスレは続き、NO.15を数える。
さらに抜粋してみた。


良いことも悪いことも長くは続かないこと。

誰かがもの凄く悩んでいる事も、所詮は本人のみの思い込みであって
他人にとってはどうでもいいということ。

自分は世の中を必要としているが、
世の中は自分を必要としていないこと。
必要とされているように見えてもどんなに重要でも
最後には代わりが効いてしまうこと。
それを理解しない行動は若いうちは大目に見てもらえるけど、
年を取ると誰からも相手されずに見捨てられること。

仕事でつまずいたら、前が見えなくても、立ち止まらずに進むこと。
結果が駄目だったとしても自分は成長する。

自分が相手に対して思っていることは、たとえ言葉に出さずとも
大抵相手に伝わっている。

世の中には役割分担というものがあるのだから、
場違いなところにしゃしゃり出たり、
空気の読めない願望を抱かない方が幸せだと言うこと。

敬語は武器である、ということ。

大きな病気をすると今まで抱えていた悩みなど
すぐにそんな下らない事だったのかと悟る事ができる。
何事も健康一番。健康だからこそ悩む。

コミュニケーション能力とは
「人を喜ばせること」
ではなく
「人を不快にさせないこと」
である。

味方を作るのは簡単ではないが、敵を作らないのは容易である。

ストレスが溜まった時には、こまめに発散しないと、精神がほころびる。

業種や給料も重要だが、
ストレスや苦痛の少ない仕事環境にいる方がより重要だということ。

大事なことを決断したとき、人は黙るということ。

人生は暇つぶし。
暇つぶしだからこそ、楽しんだもの勝ち。

自分に自信がない人は時に他人を傷つける。

いい歳をした大人が言い訳をするのはみっともないこと。

人生は神様相手のチキンレース。
何事につけ、びびってはダメだと言うこと。

妬み僻まれてこそ一流。

体験を重ねるとだれでも成長するというわけではないということ。
体験を経験にできるのは、学習能力と向上心がある人だけだった。

素直さの価値。

純粋さの無価値。

おいそれと人を批判してはいけない。
親しくない人に対して、聞かれたとしても自分のことを話すのは
最低限にとどめた方がいいということ。


2chの名スレ「年齢を重ねてわかったこと」より



…と、まあこんなとこ。

箴言イコール真理ではない。
だからこれらはすべてが正しいわけではまったくない。
常にテーゼには「逆」が存在するからだ。
「逆もまた真なり」というやつだ。

大事なのは、
その場その時にその言葉を受け止めた人が
それぞれどう思うか、ということ。

とある言葉に深く感じ入る自分がいたとすれば、
それは、その言葉の内容が、
今の自分にとってちょうど足りない、
砂場のように乾いていた部分だったということだろう。

そしてアンバランスに振れすぎた気持ちの振り子を、
読んだあなたが少しでも水平位置に近づけることができたなら、
これらの言葉は初めて価値のあるものになるだろう。

最後に、個人的に思うことをひとつ。
「人は、意志より立場でものを言う」。

以上。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4074489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by shinobu_kaki | 2006-08-05 11:47 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(0)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31