雨雲ノムコウ。

久しぶりに出向先から元の会社に帰ってきている。
ちょっとした作業をまとめてやりたいから一時的に戻ったので、
出向時期が終わったとかそういうわけではない。
こちらの、つまり元の会社の席からは空が見える。
低い位置にある黒っぽい雨雲が移動しつつあり、
それらの上の階層にある明るい雲と空が、
アニメのセル画をずらしたような速度の違いで動いている。

昼過ぎ、表参道駅である人とばったり出会って驚いた。
こちらよりも向こうのほうが激しく驚いていた。
考えてみれば、いくら東京に人が多いと言っても、
普段誰かとばったり会うということが無さ過ぎるような気もする。
ここ15年、昔の知りあいなどに会うことは皆無だ。
あるいは僕が気づいていないだけなのかもしれない。
僕は気にしないでいると、ホントに廻りが目に入らないからだ。
例えば会社の前の店舗が随分前に入れ替わっていても、
しばらく経つまでまるっきり気づかなかったこともある。
いつも、芸能人ってやつをまったく見掛けないなあと思っていたのだが、
もしかすると見ていても気づいていないだけ、というのはありうる。
例えば清原くらい分かりやすい人でないと気づかないのかも。
当時ジャイアンツの選手だった清原は、さすがにすぐ分かった。
ゴリラのようにデカくて、ちょっと遠近感が狂ったように見えたからだ。
あ、引退後でマゲを落とす前の貴乃花もすぐに分かったナ…。
マゲのままブルーのスーツ姿で青山通りを歩いており、
なんだかものすごいインパクトだった。
生前の「死神博士」こと天本英世も表参道でよく見掛けた。
(生前の死神博士、ってなんか変ですけど)
とにかくそれくらい分かりやすい人じゃないと気づかない、そういう話だ。
白金の店で見た今井美樹も言われるまで気づかなかった。

ずいぶん久しぶりに青空を眺めたような感じもする。
なんだかやたらに暑い日が続いたと思ったら、
台風の影響で突然横殴りの雨が東京のアスファルトを叩きつけた。
雨量はたいしたことないのだが、傘を差していても横から雨がくる。
昔も書いたが、やはり傘はちょっとツールとして不便すぎる。
今日の昼に入ったタイフード・レストランでも、
席に着く際に傘を引っかけて倒している人が何人かいた。
いつも持つモノではないだけに、たまに持つと非常に邪魔に感じるのだ。
しかし、ツールとしての傘から一向に変化の見られないところを見ると、
当面我々の「雨対策道具」はしばらく傘のままのようである。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4097986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuro at 2006-08-10 16:04 x
そういえば昨日、会社の斜め前の壁の前を、
養老孟司先生があるってました(すげー地味だ…)。

東京は人が多い、のは確かにそう思うけど、
むしろなんだかんだ言って結構広い街で、
かつおしなべて人々の活動範囲がバラけてるケースが多い、
ということのような気がするです。
香港居た頃とか、ほんとにしょっちゅう見た顔とすれ違ってたし。
「えーと、今のは誰だっけ… あ、あっこのスーパーのレジのおばちゃんか」
とかそんなんもあったけど。
Commented by shinobu_KAKI at 2006-08-11 21:50
>くろさん

や、あの辺は著名人多そうだ。

世界中でも東京ほど、一つの都市の中に、
これほど多くの様相を呈した街が合わさって集まっているのは稀、
とかなんとか聞いたことあるような…。

スーパーのレジのおばちゃんが、
スーパーのレジの中にいないのってなかなか違和感ですな。
by shinobu_kaki | 2006-08-09 17:26 | ライフ イズ | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31