映画は予告篇が面白い

勘違いしていた、らしい。

前にこのブログで、「映画は予告篇が面白い」という本のことを
すでに書いたとばかり思っていた。
しかし検索しても見つからない。やはり勘違いだったのだろう。

ま、いいや。

バカ・ザ・バッカという会社がある。
映画の予告篇を専門に手がけている制作集団だ。
冒頭に書いた本は、ここの社長である池ノ辺直子さんによるもので、
ユニークな社名の由来はずばり「バカばっかりの集団だから」。

映画館に入って、上映作品が始まる前の数十分間。
延々と続く予告篇に正直辟易したことも実は多々ある。
それでも時々、「あ、これ面白そう」と思わせる予告篇も存在する。

予告も映画だ。捉えようによっては一つの作品なのである。

そう思ったのは、昨夜ネットでこれを観たからだ。
(Youtubeの動画です。音が出るので注意)

「シャイニング予告編」

こうなるともう、ひとつの表現としてかなりカッコいい。


トーンはがらりと変わって、こんなのも。
「シャイニング予告編 コメディバージョン」

あと、コラージュが絶妙な
「パルプフィクションだかスターウォーズだか」


それにしてもYoutubeは凄いね。
予告編だけではなく、
例えば映画一本まるまる観られちゃったりもするんだから。
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4374194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mari at 2006-09-27 20:13 x
「優雅に暮らすことが最良の復讐」?気になります。なぜ?
Commented by シノブ at 2006-09-27 20:55 x
>mariさん いや、別にキナくさい意味ではなく、昔も取り上げた言葉なのですけれど…。

まあ、その通りだよなあ、と。 なんかユダヤ人の昔の言葉らしいですね。
by shinobu_kaki | 2006-09-27 13:19 | 人生は映画とともに | Trackback | Comments(2)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30