アートよりデザイン。

私たち日本人にとって、
アートよりむしろデザインのほうが身近ではなかったかと思う。
例えば江戸初期に、光悦や宗達、後の光琳らによって
「琳派」といわれる様式が起こったが、
よく見るとそれらの作品はみんな機能を持っていた。
(略)これらはそれぞれに用途を持っていながら、
しかも非常に美的で、装飾的で、精神的だというのは
大変重要なことだと思う。

田中一光(グラフィックデザイナー)
トラックバックURL : http://kakiwo.exblog.jp/tb/4586354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HIRA at 2006-10-28 18:11 x
なるほど~。だから良い茶器は日本に残っても、浮世絵はないのね・・・、関係ないか(笑)。
Commented by ユウイチロー at 2006-10-29 01:06 x
以前どこぞやの美術館でやっていた琳派展を見に行ってものすごく感動しました。
あまりの感動に記念のトートバックやら下敷きやらをたくさん買って、みんなに見せびらかしてたらポカーンとされてしまいました!!

琳派展のトートバックはいま実家の押入れの奥深くにあります!
Commented by shinobu_kaki at 2006-10-29 08:38
>HIRAさん

どうなんでしょう(笑)
ところで浮世絵の「浮世」って「流行」ぐらいの意味だそうで、
ノリとしてはわりかし軽い感じで描かれていたのかもね。
Commented by shinobu_kaki at 2006-10-29 08:41
>ユウイチローさん

おお素晴らしい琳派の伝道師!

>みんなに見せびらかしてたらポカーンと

こんな感じでしょうか→ (゚д゚)ポカーン

>いま実家の押入れの奥深くにあります!

「奥深く」って(笑)しまい込みすぎです。
by shinobu_kaki | 2006-10-28 15:33 | 言葉は踊る。 | Trackback | Comments(4)

移動祝祭日


by Shinobu_kaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31